2017年6月23日 (金)

2017 America’s Cup Endeavour Junior Regatta – O’pen BIC

Www_americascup_com_en_news_2017a_2Americascup_com_logo_22017 America’s Cup Endeavour Junior Regatta – O’pen BIC
20 Jun 2017

https://www.americascup.com/en/news/2699_2017-Americas-Cup-Endeavour-Junior-Regatta-Open-BIC.html

Hello Sen,

It was terrific having Team Japan at the America's Cup Endeavour O'pen! 
Here is a brand new edit of the O'pen BIC Half Time Show
https://youtu.be/2EVdYGovis8

We will also be coming with a longer video documenting the entire week.
Happy sailing,
Nevin Sayre
O'pen BIC North America
M4822_crop169014_1024x576_proportio M5076_crop169014_1024x576_proportio M4819_crop169014_1024x576_proportio M4887_crop169014_1024x576_proportio M4821_crop169014_1024x576_proportio

***<iframe width="1024" height="576" src="https://www.youtube.com/embed/2EVdYGovis8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
Copies(jpeg):「www_americascup_com_en_news_2017-Americas-Cup-Endeavour-Junior-Regatta-Open-BIC_html.jpg」をダウンロード (pdf):「www_americascup_com_en_news_2017-Americas-Cup-Endeavour-Junior-Regatta-Open-BIC_html.pdf」をダウンロード


関連記事:

2017-06-23America's Cup Bermuda - O'Pen BIC Halftime Showhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/americas-cup-be.html
2017-06-18America's Cup Endeavour Programhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/americas-cup-en.html
2017-05-11America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/americas-cup-ac.html

| | コメント (0)

America's Cup Bermuda - O'Pen BIC Halftime Show

America's Cup Bermuda - O'Pen BIC Halftime Show
PhotoBIC SPORT Facebook
2017/06/22
America's Cup Bermuda 2017 - 32 O'Pen BIC youth sailors qualified to participate in the 2017 America's Cup Endeavor O'pen competition in Bermuda. The event was the Half Time Show between America's Cup Race One and Two in Bermuda between challenger Emirates New Zealand and defending champions, Oracle Team USA.
It was the experience of a lifetime for these aspiring young sailors!
https://youtu.be/2EVdYGovis8
*
<iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/2EVdYGovis8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
関連記事:
2017-06-18「America's Cup Endeavour Program」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/americas-cup-en.html
2017-05-11「America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/americas-cup-ac.html

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

AC: Umpires Penalty #4

Nzl_usa_protestsAMERICA'S CUP PROTESTS

NZ Takes Lead, Day 2 America's Cup Match, June 18 2017

PowerPoint:「nzl_usa_protests.pptx」をダウンロード




https://youtu.be/ly5flw4wqLA
<frame width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/ly5flw4wqLA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

America's Cup Endeavour Program

B6_19223034_1779875705372188_5884_2America's Cup Endeavour Program

O’pen BIC AC Facebook https://www.facebook.com/sailbic/
X1_19030672_1399132770166784_1478_2 X2_19059345_1399132766833451_4666_2

June 18 04:30 Somerset (Bermuda, Sandys Parish)

We did it! Our young America's Cup Endeavour Program sailors came from all over the world to be here today for the America's Cup half-time show, and we couldn't be more proud of their display!
The crowd went wild for the enthusiastic group who have been working towards this all week in #Bermuda.e1-e4
E1_19243347_1782254701800955_596231 E2_19144119_1782254808467611_124249 E4_19222919_1782255958467496_674332 E3_19145753_1782255051800920_8595_2


June 17 19:34
Today is the DAY! 32 O'Pen BIC America's Cup Endeavour Program sailors from 10 countries worldwide will perform as the half-time show during the America's Cup face-off between ORACLE TEAM USA and Emirates Team New Zealand. Watch LIVE on NBC at 1:30PM EST or check here for your local listing:
http://bit.ly/ACWhereToWatch
f1-f3
F1_19224787_1403001036446624_804024 F2_d1_19059313_1401094069970654_386 F3_d4_19248033_1401094099970651_393


Course_ac_endeavour_2June 17 05:43
America's Cup Endeavour Junior Regattas

Seeing pink today as the America's Cup Endeavour Program Junior Regattas continued!
The next generation of young sailors hit the Great Sound in O'pen BICs and RS Fevas.
https://www.facebook.com/hashtag/acendeavour?source=feed_text&story_id=1402505529829508 1-11
1_19143769_1781080258585066_4040020 2_9221804_1781080135251745_37125388 3_19143288_1781080188585073_5543036 4_19095663_1781080325251726_8434005 5_19221658_1781080321918393_6389920 6_19143068_1781080128585079_8233720 7_19142914_1781080131918412_7249974 8_19222867_1781080185251740_4047984 9_19221596_1781080255251733_5405477 10_19095664_1781080191918406_286538 11_19221923_1781080251918400_914131


Schedule_2June 16 20:04
We are proud to be a part of the America's Cup Endeavour Program community here in Bermuda, and are excited for our second day of "Un-Regatta" races today and the awesome weekend ahead here at the America's Cup!
b1-b6
B1_19092926_1779875762038849_448795 B2_19055592_1779875758705516_887168 B3_19143917_1779875755372183_553472 B4_19222720_1779875712038854_643033 B5_19143844_1779875708705521_125722 B6_19223034_1779875705372188_588485


Http__ac35endeavouropen_com_resultsHalf_time_show_wwwyachtscoringcom_mjune 16 04:21
It was an exciting first day of "Un-Regatta" races today! Kanoa Pick from Hawaii took 1st place with Leo Beyer (Germany) and Aiden Lopes (Bermuda) right behind him. Can't wait to see what tomorrow brings!
Full Results: http://ac35endeavouropen.com/results/ace
The America's Cup Endeavour Preliminary Cumulative Results:「http__ac35endeavouropen_com_results.jpg」をダウンロード 「www.yachtscoring.com_event_results_cumulative.pdf」をダウンロード
Half-Time Show Preliminary Cumulative Results:「half_time_show_www_yachtscoring_com_event_results_cumulative.jpg」をダウンロード  「half_time_show_www.yachtscoring.com_event_results_cumulative.pdf」をダウンロード

June 15 19:58 Somerset (BermudaSandys Parish)
Yesterday we held the official practice for our young Endeavour sailors on the Great Sound.
They were thrilled to swing by Emirates Team New Zealand who were all smiles as we exited the harbor. d1-d6
D2_19224906_1401094109970650_882798 D3_19224840_1401094116637316_374970 D5_19059694_1401094119970649_287664 D6_19149201_1401094159970645_699073
 


America's Cup Endeavour Program

https://www.facebook.com/pg/americascup/photos/?tab=album&album_id=1781080111918414
Video:
https://www.facebook.com/sailbic/videos/1402054253207969/

関連記事:2017-05-11「
America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/americas-cup-ac.html

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

AC: Umpire Penalty #3

Ac_rule_bluev1_6America's Cup ウエブサイトを閲覧する時、ところどころに『Umpireの判定やPenalty』に関する記述が登場する。(先般もMis Judgeに触れたところである)。

近年、PROTEST(抗議)に関して、オリンピック・世界選手権等の『フリート・レース』では、「認定した事実」「結論と適用規則」「判決」が要約され大会ウエブ上に公開されているが、アメリカスカップのような『マッチ・レース』ではそうゆう訳になっていない。
なぜならマッチ・レースの場合は、“it is a field of play decision and the decision of the umpire stands.”(競技現場の判決であり、アンパイアの判決が最終である)であり、その場のアンパイアの判決が全てで、事後に記録等が公開される仕組みはない。
極論を言えば、マッチ・レースは現地で観戦しない限り、何回プロテストがあり、艇に対し何回/どのようなペナルティーが課せられたかを知る術はない。

そうした中で、幸いにもIT時代のおかげで、大会ビデオがリアル・タイムに近いタイミングで公開されようになった。それを見ながら『自分がアンパイアになった積りで勝手に判決を下してみる』のも一興である。
Ac_rule_blue_2_3そこで、日本vsスエーデン・プレイオフ戦、68日と69日のビデオから、編集者が「アンパイア・デシジョン」を想像してみた。 
今回はその2である。

2. 69
Outteridge leads Artemis Racing to the Louis Vuitton America's Cup Challenger Playoffs Final
9 JUN 2017, Americascup.com
セミファイナル出場プレイオフ、日本vsスエーデン戦。前日までに34敗と崖っぷちに追い込まれた日本はさらに1敗し、5勝を挙げたスエーデンArtemisSemi-finalに進む結果となった。
レポーター曰く、SAYONARA JAPAN! 


9th June: 35th America's Cup Race Round-Up https://youtu.be/L75hpdCZCwI
***

<iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/L75hpdCZCwI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Boundary_case_anime_2ビデオから編集者が想像する「アンパイア・デシジョン」
1. LEG 3/7 (風下レグ)において、JPNおよびSWEの両艇はポート・タックで、オーバーラップし、境界線(BOUNDARY)に接近していた。
2. 内側艇であるSWEが境界線のゾーン内(4艇身ゾーン)でジャイビングし、スターボード・タック艇となった。
3. 外側艇であり、ポート・タック艇でもあるJPNは、内側艇であり、スターボード・タック艇でもあるSWEにルームを与えようと試みたが、少し遅れた。
4. そのためSWEは、JPNとの接触を回避するためラフをし、コース変更をせざるを得なかった。
5. JPNは、RRS AMERICA'S CUP Edition Rule20.2 <Giving Room at a Boundary>およびRRS10Port/Starboard>に違反した。
6.ペナルティーは、RRS AC に基づき2艇身Penaltyを課す。《Blue Flashing
Boundary_case_anime_gif_18
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 102 104 119 122 123 127
上記写真の
PowerPoint版: 「americascup_video_june_9th.pptx」をダウンロード

---------------------------------------------------------------
RACING RULES of SAILING
AMERICA’S CUP EDITION Version 2.17
(抜粋)
Boundary: The line that marks the limits of the racing area.
Obstruction: An object that a yacht could not pass without changing course substantially, if she were sailing directly towards it and one of her hull lengths from it. An object that can be safely passed on only one side, boundaries and any area so designated by the sailing instructions are also obstructions. However, a yacht racing is not an obstruction to other yachts unless they are required to:
(a) keep clear of her and they are not approaching the starting line to start; or
(b) avoid her under rule 23.
Room: The space a yacht needs in the existing conditions, including space to comply with her obligations under the rules of Part 2, while maneuvering promptly in a seamanlike way.
Zone: The area around marks and obstructions within a distance of three hull lengths and from the boundary within a distance of four hull lengths. A yacht is in the zone when any part of her hulls is in the zone.

Ac_rule_rrs20_220 ROOM TO PASS A BOUNDARY
20.1 When Rule 20 Applies
Unless the sailing instructions state that rule 19 applies to part of the boundary, rule 20 applies between yachts that have started when at least one of them is in the zone of a boundary.
20.2 Giving Room at a Boundary
(a) When rule 20 first applies, an outside overlapped or clear-astern yacht at that moment shall thereafter give an inside or clear-ahead yacht room to sail her proper course, including room to tack or gybe, while the inside or clear-ahead yacht is in the zone, unless the yacht required to give room is unable to do so because she is giving or taking mark-room under rule 18.2(a).
(b) When yachts are passing a boundary on opposite sides, a yacht sailing on a leg to a windward mark or windward gate shall be considered the inside yacht.
20.3 Exoneration
When a yacht is taking room to which she is entitled under rule 20.2(a) she shall be exonerated if she breaks a rule of Section A or rule 15 or 16.
RRS AC Edition pdf:「rrsac_v2.17.pdf」をダウンロード

Full text:「www_americascup_com_en_news_2651_outteridgeleadsartemisracingtothelouisvuittonamericascupchallengerplayoffsf_88.jpg」をダウンロード


関連記事:
2017-06-14「AC: Umpire Penalty #2」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ac-umpire-penal.html
2017-06-02
AC: Blue flashing: The yacht has a penalty http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ac-blue-flashin.html
2017-06-01AC: Umpires make mistakes too! http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ac-umpires-make.html

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

AC: Umpire Penalty #2

Ac_course_bermuda_2アメリカスカップ、日本チームSoftbank Team Japanはセミファイナル出場プレイオフで敗れ、17年ぶりの日本チャレンジもアッと云う間に終わってしまった。些か寂しい感があるが、大会そのものはこれからが本番、世界最高峰のヨットレースを落ち着いて観られるのはメリットか?

また、あまり話題になっていないが、America's Cup本戦に加え、"Red Bull Youth America's Cup""America’s Cup Endeavour Junior Regatta"のユースとジュニアの2つのレガッタが併催され、日本からそれぞれに、Kaijin Team Japan(海神チームジャパン)とO'pen BIC Team Japan(オープンビックジャパンチーム)が参戦している、頑張れの一言。

さてウエブサイトを閲覧する時、ところどころに『Umpireの判定やPenalty』に関する記述が登場する。(先般もMis Judgeに触れたところである)。
近年、PROTEST(抗議)に関して、オリンピック・世界選手権等の『フリート・レース』では、
「認定した事実」「結論と適用規則」「判決」が要約され大会ウエブ上に公開されている。一方、アメリカスカップのような『マッチ・レース』ではそうゆう訳ではない。
なぜならマッチ・レースの場合、“it is a field of play decision and the decision of the umpire stands.”(競技現場の判決であり、アンパイアの判決が最終である)であり、その場のアンパイアの判決が全てであり、事後に記録等が公開される仕組みはない。
極論を言えば、マッチ・レースは現地で観戦しない限り、何回プロテストがあり、艇に対し何回/どのようなペナルティーが課せられたかを知る術はない。

そうした中で、幸いにもIT時代のおかげで、大会ビデオがリアル・タイムに近いタイミングで公開されるようになった。それを見ながら『自分がアンパイアになった積りで勝手に判決を下してみる』のも一興である。
そこで、日本vsスエーデン・プレイオフ戦、68日と69日のビデオから、編集者が「アンパイア・デシジョン」を想像してみた。
その1である。

1. 68
FINAL SHOWDOWN LOOMS AS PENALTY DENIES JAPANESE MATCH POINT
SoftBank Team Japan - 3 vs. Artemis Racing - 4
8 Jun 2017, Americascup.com

セミファイナル出場プレイオフ、日本vsスエーデン戦。前日まで3勝を挙げ先行していた日本が3連敗し、逆に34敗に追い込まれた日である。最終的には翌日さらに1敗し、5勝を挙げたスエーデンがSemi-finalに進む結果となった。

Skipper and CEO Dean Barker said: We felt like there was enough room there and were surprised we got the penalty but obviously the umpires felt strongly that was the way it should go. If that's the case then you get on with it.
スキッパー・ディーン・ベーカー: 我々としてはそこに十分なルームがあると感じたため、ペナルティを受けたことは驚きである、しかしアンパイアが、そのようにすべきであったと感じたことは明確だった。そのように決定されたのであれば受け入れる。
***

The Daily Review: 9th June https://youtu.be/XtAyX5YNw-4



ビデオから編集者が想像する「アンパイア・デシジョン」

1. LEG 5/7 (風下レグ)において、JPNはポート・タック、SWEはスターボード・タックで、両艇はオーバーラップし、風下マーク(Gate 5P:風上に向かって右側)に接近していた。
2. 内側艇であるSWEが先行してゾーン(3艇身ゾーン)に到達した。
3. 外側艇であるJPNは、内側艇であるSWEにマークルームを与えなかった。
4. SWEは、RRS18.4Gybing>に従っていた。)
5. JPNRRS18.2(b)Mark-Room>およびRRS10Port/Starboard>に違反した。
6JPNのペナルティーは、AC Rulesに基づき2艇身Penaltyを課す。《Blue Flashing》typhoon

1_821_1_https 2_819_2_https 3_818_3_https 4_817_b_https 5_817_a_https
当Incidentはここからーーーーー>
6_816_7_https 7_814_https 8_813_https 9_812_https
ーーーーー>ここまで
A10_811_https A11_810_https A12_809_https A13_808_https_2

Full text:「softbank-team-japan_americascup_com_en_news_362_FINAL-SHOWDOWN-LOOMS-AS-PENALTY-DENIES-JAPANESE-MATCH-POINT_html_20170613.pdf」をダウンロード 「softbank-team-japan_americascup_com_en_news_362_FINAL-SHOWDOWN-LOOMS-AS-PENALTY-DENIES-JAPANESE-MATCH-POINT_html_20170613.jpg」をダウンロード

関連記事:

2017-06-02「AC: Blue flashing: The yacht has a penalty」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ac-blue-flashin.html
2017-06-01「AC: Umpires make mistakes too!」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ac-umpires-make.html

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

QUESTION FROM A FAN; Crew Position; Lifelines

Case_36_jpegQUESTION FROM A READER;
>I am be wrong however I feel I see a lot of infringements regarding rule 49.2.
>The main infringement occurs when approaching finish line and crew stand on gunnel and act as "human Pole". This requires them to lean well outside lifelines for a long period of time.
>
I believe this is a lack of crew education and a deliberate rule infringement.
>Am I correct?
>If I am correct whose job is it to protest? Is this cause for a discretionary penalty?

>Band One
>4. Did anyone who was not part of the boat’s crew or support team contribute to the breach? YES
>Band 2.
>A positive answer to these questions would lead to increasing the penalty.
>1. Was the breach repeated? YES
>Thank you.  (M.S)

ANSWER BY THE EDITOR;
Answer #1:  
Any boats can protest a boat under RRS 60.1, the race committees can protest a boat under RRS 60.2, and the protest committees can protest a boat under RRS 60.3.
If anybody files a protest, the conclusion and decision of the protest hearing must be as follows;
     Protest conclusion:
     1. A competitor aboard boat X positioned his torso outside the lifelines contrary to RRS 49.2 .
    
2. Boat X broke RRS 49.2.
     Decision;
    
X is DSQ from race #1.

See attached Case 36 & Case 83 対訳 (pdf): 「case36_engjpn.pdf」をダウンロード 「case83_engjpn.pdf」をダウンロード

Answer #2:
This protest is not a subject of DP (Discretional Penalty). Because RRS 49 is not specified as DP in the SIs. Then the decision has to be disqualified under RRS 64.1.

Answer #3:
Such an action by a spinnaker trimmer is often seen here and there. I suppose that most sailors don't know RRS 49 for the reason of a lack of education.


Answer #4:
Here are some photographs which were taken recently at the neighboring regattas. Excuse me to carry these photos on this blog. I have no other purpose to quote them.
Please judge which boat (crew) breaks RRS 49.2 or not?
1_img_3072 3_middleboat_2016_2_2 2_middleboat_2016_2 4_2011_shimaseiki_b_039_1_2

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

AC: Blue flashing: The yacht has a penalty

Americascupbermuda20172017-06-01 AC Umpires make mistakes too!において、「SWE Artemis NZL Emiratesのマッチにおけるアンパイア誤審」の記事を掲載したが、その後要約されたVideoが公開された。

またSAILING WORLDの記事タイトルが「Artemis Racing: Blue Light Special」となっていたが、Blue Lightの理由らしきものが判明したので、これについても紹介する。
Blue Light、個人的にはあの名曲”ブルーライト・ヨコハマ”を連想し、ロマンチックな気分になるが ?????、Blue flashing: The yacht has a penaltyを課せられたArtemisにとってはさぞかしBlue な一日だったに違いない・・・。
 

1. ビデオ  29th May_ 35th America's Cup Race Round Up
https://www.americascup.com/en/video/113_29th-May-35th-America-s-Cup-Race-Round-Up.html
ビデオは
117秒のダイジェスト版である。SWE Artemis NZL Emiratesのマッチが、032秒から102秒のほんの29秒間映されており、その中に例のインシデントが登場する。
昨日の当
blogの記事と合わせて参照いただきたい。
*

<iframe width="1024" height="544"src="https://www.youtube.com/embed/vGtaIIRNagI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


2. アメリカスカップ・ルール KNOW THE ESSENTIALS: AMERICA’S CUP RULES 101

https://www.americascup.com/en/news/2583_KNOW-THE-ESSENTIALS-AMERICAS-CUP-RULES-101.html


KNOW THE ESSENTIALS: AMERICA’S CUP RULES 101

America’s Cup Race management is responsible for managing and administering the sporting and competitive rules of the 35th America’s Cup. ACRM is headed by the Regatta Director, Iain Murray, who has been appointed by a majority vote of the Competitors. Iain Murray has independently established ACRM in consultation with the Competitors to serve as the entity responsible for overseeing the functions of the 35th America’s Cup Regatta Officials.
アメリカスカップ・レース・マネジメントは、35th America’s Cupの運営、スポーツの管理、および競技規則に責任を持っている。ACRMは、レガッタ・ディレクターである, Iain Murrayを長とし、彼は選手の多数決により指名をされた。彼は、35th America’s Cup Regatta 役員の機能を監督するため責任ある自主性を持って奉仕するため、選手と協議しながら独立したACRMを確立している。 

M3854_crop169014_1024x576_proportioHow do ACRM & the teams communicate? 
ACRMと各チームはどのようにして連絡をとりあっているのか?

A) 
ACRM is in radio contact with all teams.
B) Flashing lights on yachts themselves. 
A) ACRMはすべてのチームとラジオ連絡をしている。
B) ヨット上にあるフラッシュ・ライト


• Green flashing: When a yacht is in the “zone” of a mark or boundary. Zone = 4 boat lengths at boundary, 3 at a Mark, islands etc. 
• Red flashing: The yacht is appealing to the Umpire that there has been a rule infringement.
• Blue flashing: The yacht has a penalty.

・ 緑フラッシュ: ヨットがマークまたは境界のゾーン内にいる場合。ゾーン=境界においては4艇身、マーク、島等においては3艇身
・ 赤フラッシュ: ヨットが、規則違反があったとアンパイアに申告している場合
・ 青フラッシュ: ヨットにペナルティーあり


040s039sWind measurement:
Unless the Regatta Director considers conditions too rough, the average wind speed must be between six and twenty-four knots to race. This is measured as an average true wind speed, for the whole of the period between eight and three minutes before the start of each race, the wind speed is an average over a 30 second period.
The wind measurement is taken on the race committee signal boat at approximately five and a half (5.5) meters above the water, overseen by Regatta Director Iain Murray.
風の測定
レガッタ・ディレクターがコンディションがあまりにも荒天とみなさない限り、平均風速はレースするためには6ノットと24ノットの間でなければならない。風速は、各レースのスタート前8分から3分の間の全時間、平均の真の風速として測定され、風速は30秒間以上の平均とする。
風の測定は、水面からほぼ5ないし5.5 metersにあるレース委員会信号艇の船上で計られ、レガッタ・ディレクターのIain Murrayが監視する。

043s041s
Penalties.

Two types:

• Lose two boat lengths (the penalized boat needs to retreat two boat lengths behind the other yacht)
• Get behind (the penalized boat needs to get behind the other yacht)
• A team can also be disqualified.

ペナルティー
2種類:

・ 2艇身遅れ(ペナルティーを課せられた艇は、他の艇の後方2艇身に退くことを要求される)

・ 後方へ(ペナルティーを課せられた艇は、他の艇の後方となることを要求される)
045s044s・ チームが失格となることもある

-------------------------------------------------------------
FREQUENTLY ASKED QUESTIONS   
(よくある質問)

Q: What happens if a yacht starts too early?
The yacht has to get 2 hull lengths behind the other yacht to complete her penalty.
Q:ヨットが早過ぎるスタートした場合、どうするのか?
そのヨットは、ペナルティーを履行するため、他の艇の後方2艇身とならなければならない。


Q: What happens if a yacht capsizes?
Knowtheessentialsamericascuprules_2The race will be stopped by way of a black flag. This means someone is going to be disqualified (DSQ). If the capsize is NOT due to the other yacht breaking the rule, it is the capsized yacht that gets DSQ. If the other yacht caused the capsize, then the umpires ‘black flags’ the guilty yacht.
Q:ヨットが転覆した場合、どうするのか?
レースは、黒色旗として中止される。このことは、どちらかが失格(DSQ)とされることを意味する。転覆が他の艇の規則違反の所為ではない場合、転覆したヨットがDSQとなる。他の艇が転覆を引き起こした場合、アンパイアは違反したヨットを黒色旗とする。


Q: What happens if a yacht goes beyond the boundary?
In pre-start = nothing. After starting = penalty (lose 2 lengths to the other boat).
Q:ヨットが境界を越えた場合、どうするのか?
スタート前=何もなし。スタート後=ペナルティー(他の艇の後方2艇身に退く)。


Q: What happens if a yacht fails to get to the start time due to technical failures?
That yacht forfeits the race.
Q:ヨットが、技術的な欠陥の所為でスタート時刻に間に合わなかった場合、どうするのか?
ヨットはそのレースを失う。


Q: What happens if there is disturbance from a spectator boats or other non competitors?
ACRM has the right to abandon the race for safety purposes.
Q:観覧船や競技者でない他からの妨害があった場合、どうするのか?
ACRMは、安全目的のためレースを中止する権利を有している。


Q: If a sailor falls off, can the yacht finish and win the race?
Yes.
Q:セーラーが落水した場合、そのヨットはフィニッシュし、レースに勝つことができるのか?
Yes


Q: Why is there an upper and lower wind limit?
For fairness, ability to race and safety.
Q:
なぜ上限と下限の風速制限があるのか?
公平、レース能力および安全のため。


Q: What is the process for a rule change?
This is voted on by teams.
Q:
:ルール変更のプロセスは何か?
チームによる投票で決する。


Q: Any time when the points are shared?
If the measurement system (which measures to 1/10th of a second) cannot split the boats at the finish, it is a re sail. If both are disqualified in the race – zero each.
Q:得点が分配されるのはどのような時か?
計測システム(1秒の10分の1まで計時)がフィニッシュ時に艇を見分けられなかった場合、再レースとなる。両艇がレースで失格となった場合-おのおの得点ゼロ。


Q: Is there a time limit for finishing a race?
E.g. Lack of wind / or if the wind drops? If the first boat is not to the second mark in 10 minutes the race will be called off. If the first boat does not complete the race in 25 minutes the race will be called off. If the second boat does not finish within 5 minutes of the first it is regarded as a non finisher.
Q:レースをフィニッシュするタイム・リミットはあるのか?
E.g. 風不足/または風の凪ぎの場合は? 最初の艇が、10分以内に2番目のマークに到達しない場合、レースは中止される。最初の艇が、25分以内にレースを完了しない場合、レースは中止される。2番目の艇が、最初の艇のフィニッシュ後5分以内にフィニッシュしない場合、その艇はフィニッシュしなかった、とみなされる。


Q: If the race starts and the wind goes beyond the wind window (6-24 knots), does the race continue?
Yes.
Q:レースがスタートし、風が風速領域(6-24ノット)を超えた場合、レースは続行するのか?
Yes

Copies:「www_americascup_com_en_news_2583_KNOW-THE-ESSENTIALS-AMERICAS-CUP-RULES-101_html_20170601.jpg」をダウンロード 「www_americascup_com_en_news_2583_KNOW-THE-ESSENTIALS-AMERICAS-CUP-RULES-101_html_20170601.pdf」をダウンロード
RACING RULES of SAILING AMERICA’S CUP EDITION Version 2.17:rrsac_v2.17.pdf」をダウンロード

29th May_ 35th America's Cup Race Round Up https://www.youtube.com/watch?v=vGtaIIRNagI&feature=youtu.be
America's Cup officials make wrong call in Artemis race with Team NZ: RNZ Checkpoint https://www.youtube.com/watch?v=yw1AANoWDIE
<iframe width="854" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/yw1AANoWDIE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

Dramatic race. Two penalty. LOUIS VUITTON AMERICA’S CUP QUALIFIERS 2017 HiLight NZL SWE https://youtu.be/HY06l3qA-p4
<iframe width="854" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/HY06l3qA-p4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

AC: Umpires make mistakes too! 

20170529_ac35live_rp6168_2AC Umpires make mistakes too! アンパイアもミスを犯す!

2017-04-29 Louis Vuitton America's Cup Qualifiers, Round Robin 1, Race14,
SWEDEN (Artemis Racing) vs NZ (Emirates Team NZL) 戦においてアンパイア・ミス。
レース後、チーフ・アンパイアが「ミスを認める」と公表した。

しかしながら、この判決は変わらない、なぜなら現場の判決であり、アンパイアの判決はもとのまま(有効)である。

アンパイア、ジャッジの判決に関し、オリンピック・世界選手権等の『フリート・レース』では、抗議での「認定した事実」「結論と適用規則」「判決」が大会ウエブ上に公開されるが、今回のアメリカスカップのような『マッチ・レース』では、その場のアンパイアの判決が全てで、事後に記録等が公開される仕組みはない。
そこでヴィデオ・写真を見ながら『自分がアンパイアになった積り』で、勝手にアンパイア・デシジョンを下してみた。あくまでも想像である。


2017-06-15訂正: 場面が正しくは風上マークにも拘わらず、風下マークと間違えていたため>

SportsNavi 実況から編集者が想像する;
「レース中に下されたアンパイア・デシジョン」

1. NZLSWE両艇スターボード・タックで、オーバーラップして風下風上マーク・Gate6 (Mark 6S) に接近していた。
2. 内側艇であるNZLが先行艇としてゾーン(3艇身ゾーン)に到達した。外側艇であるSWEはその時点でゾーンまで2.5艇身の位置にあった。
3.
その直後NZLSWEとの接触を回避するためベアウエイした。 SWENZLのベアウエイに合せるタイミングでベアウエイしながらゾーンに到達した。
4. 外側艇であるSWEは、内側艇であるNZLにマークルームを与えなかった。
5. SWERRS 18.2(b)Mark-Room>に違反したのでペナルティーを課す。<RRS AC Rules:2艇身Penalty


M2570_ac35racecoursemap14dec2_2「レース後Chief Umpireが訂正したアンパイア・デシジョン」
1. =同上
2. =
同上
3. NZLはフィニッシュ・マークに向かうためベアウエイした。SWENZLのベアウエイ終了の後、同じく
ベアウエイしながらゾーンに到達した。その後両艇はコース変更をすることなく並走した。
4. 外側艇であるSWEは、内側艇であるNZLRRS18.2(b)に基づき十分なマークルームを与えた。
5. 両艇とも何らの規則も違反していない。<Green Flag

--------------------------------------------------------------------------

Sailing_worldArtemis Racing: Blue Light Special
SAILING WORLD, May 30, 2017 <an extract>

Artemis Racing ends the first Round Robin on the receiving end of an irreversible umpire mistake, adding one final twist to the best match of the regatta thus far.

The blue light lit on Magic Blue moments later, much to the surprise of both Percy and Outteridge, both of whom were incredulous. “Absolute rubbish,” is how they described the umpire call in the moment. Bewilderment and frustration swept across the crew, and with the finish line so close, all they could do was slow down and watch as Emirates Team New Zealand whistled past and snatched the point.

M3854_crop169014_1024x576_proport_2Chief Umpire Richard Slater immediately explained to the broadcast commentators that it was a port-starboard infraction that earned Artemis its penalty. With umpires on the water and in the booth using sophisticated positioning software, calls on the water are final. Unfortunately, Outteridge would learn, umpires make mistakes too.

In a statement issued a few hours after racing, Mr. Slater admitted as much: “When they were coming down to the final gate mark, with the information we had at the time, we had Artemis Racing on port, as the keep clear boat, and Emirates Team New Zealand on starboard, and our job is to be certain that Artemis Racing were keeping clear, and we weren’t at that time certain they were keeping clear,” he said. “We have had a discussion, we have looked at other evidence, information and data, and I think if we were to go back in time and make that call, we would green that call and not penalize Artemis.”

Full Text Copies:「1_www_sailingworld_com_bluelightspecial.jpg」をダウンロード 「2_www.sailingworld blue-light-specia 2pages hl.pdf」をダウンロード
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
Www_americascup_com_en_news_2597__2ACRM perspective on Artemis Racing penalty decision
AMERICASCUP.COM, 29 May 2017 <the full text>

America’s Cup Race Management (ACRM), the independent organization that oversees the sporting and competitive rules of the America’s Cup, has announced its perspective on the contentious penalty given to Artemis Racing in race 14 of the first Round Robin stage of the Louis Vuitton America’s Cup Qualifiers.

As has been seen in the first three days of racing in the 35th America’s Cup, the competition has been closer than ever. The outcome of each race is unpredictable and races are being won and lost by extremely fine margins. This means that the pressure on the umpires to make the correct calls is greater than ever before.

As in all sports, umpires are not infallible and on this occasion, even with the best sailing umpires in the world that are overseeing the 35th America’s Cup, they have admitted that their decision, on reflection, may have been different.

In an interview which can be seen here, Richard Slater, ACRM’s Chief Umpire said, “When they were coming down to the final gate mark, with the information we had at the time, we had Artemis Racing on port, as the keep clear boat, and Emirates Team New Zealand on starboard, and our job is to be certain that Artemis Racing were keeping clear, and we weren’t at that time certain they were keeping clear.
“We have had a discussion, we have looked at other evidence, information and data, and I think if we were to go back in time and make that call, we would green that call and not penalize Artemis.”

Asked if that decision could be changed, Slater answered, “No, it is a field of play decision and the decision of the umpire stands.”

The results of race 14 of Round Robin 1 in the Louis Vuitton America’s Cup Qualifiers stand.

Copies:「www_americascup_com_en_news_2597_acrmperspectiveonartemisracingpenaltydecision_html_20170531.jpg」をダウンロード 「acrm_perspective_on_artem_hl.pdf」をダウンロード
1_img_20170531_015213_2 2_img_20170531_015711_2 3_img_20170531_015828_3cs_2 4_img_20170531_015850_2 5_img_20170531_015912_2 6_img_20170531_015930_2 7_img_20170531_015946_2
SportsNavi: https://sports.mb.softbank.jp/live/player/7511

<iframe width="854" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/LqC65h-hI5k" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

*

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

読者からの質問と回答 「ウインドサーフィン競技規則におけるRRS 17」

Rrs17_20172020_jpeg読者からの質問;
>ウインドサーフィンのレースでの質問です
>RRS17 同一タックでのプロパー・コースについて
>例えば上マークからサイドマーク(下りのレグ)に2艇がオーバーラップしてプロパー・コースを並走している。通常では風下艇に権利があるように思うのですが、RRS17ではラフしてはならないようになっています。
>ウインドサーフィンのレースでは風下艇がマーク手前で一旦ラフして水をあけさせてからジャイブする作戦があります。この場合はどのような権利になるのでしょうか?
>時間がある時で結構ですので、アドバイスお願いします。 (K.T)

編集者による回答;
>例えば上マークからサイドマーク(下りのレグ)に2艇がオーバーラップしてプロパー・コースを並走している。通常では風下艇に権利があるように思うのですが、RRS17ではラフしてはならないようになっています。

●まRRS付則Bウインドサーフィン競技規則のB2.17を理解してください。
[B2.17: 同一タックでのプロパー・コース] 規則17を次のとおり変更する。 
予告信号時、最初のマークへのコースが真の風向からおよそ90度である場合、スタート信号前の30秒間に同一タックの他のボードの風下にオーバーラップしたボードは、そのオーバーラップが継続している間は、結果として相手のボードが接触を回避する行動をとらなければならなくなる場合には、自らのプロパー・コースより風上を帆走してはならない。<以下割愛>

Windsurfin_rrs17_updated_jpeg●ここにある、「最初のマークへのコースが真の風向からおよそ90度である場合」のスタートとは、通常の風上に向ってのスタートとは異なり、ウインドサーフィン・レースの『スラローム・ダウンウインド・レース』等で主に用いられている、いわば特別なスタート方式である。

●ウインドサーフィン
RRS B2.17は、本来のRRS17を変更し、このようなアビーム・スタートをするレースに限定し、30秒前オーバーラップ等の条件の中で、プロパー・コースより風上を帆走してはならない制限をしたものである。
反面、RRS B2.17により、ウインドサーフィンでは上記以外のスタート、すなわち『コース・レース』等では、
RRS17一切適用されないことになる。


●まとめると、ウインドサーフィン競技においては、『RRS B2.17以外の場面では、風下艇がRRS17による「制限」を受けることはない』。すなわち、風下艇は「自由」であり、希望すれば「風位まで立つ」ことができる。

>ウインドサーフィンのレースでは風下艇がマーク手前で一旦ラフして水をあけさせてからジャイブする作戦があります。この場合はどのような権利になるのでしょうか?

RRS B2.17「・・・・・他のボードの風下にオーバーラップしたボードは、そのオーバーラップが継続している間は・・・・・自らのプロパー・コースより風上を帆走してはならない。」ため、オーバーラップを解除するために、一旦ラフして水をあけ、すなわちオーバーラップを切り、再びオーバーラップし、追い上げるのは、まさに攻撃のためやるべき戦術です。
追い上げラフは風下艇としての当然の権利で、単なる風上/風下 RRS11 です。
●ただし、「ジャイブ」「ダブル・ジャイブ」が必要なのはウインドサーフィン以外のRRS17であって、ウインドサーフィンではオーバーラップが一旦切れたあとは、再びどのようなプロセスでオーバーラップしようとも、RRS17の制約は一切受けません。

左上図:「ウインドサーフィン競技規則における
RRS 17」pdf:「windsurfin_rrs17_updated.pdf」をダウンロード
右上図:「規則
17についての質問と回答」 pdf:「rrs17_20172020.pdf」をダウンロードも参考ください。
いよいよシーズンですね、ご活躍をお祈りします。
関連記事
:
2014-05-02「読者からの質問と回答 「ジャイビング」」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-0cdd.html
2009-03-27「RRS 17とダブル・ジャイブ Presentazione del nuovo Regolamento di Regata」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/presentazione-1.html

2009-02-23「読者からの質問と回答 「RRS 17とダブル・ジャイブ」」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/17-1be2.html

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

A highlight video of Chinese gybes & Getting dismasted ... enjoy!

Scuttlebuttlogo2A highlight video of Chinese gybes & Getting dismasted ... enjoy!
Scuttlebutt Sailing News


PHOTOS: This Does Not End Well
Scuttlebutt Sailing News, Published on April 30th, 2017 
Sharon Green caught a Santa Cruz 27 getting dismasted during Santa Barbara Yacht Club’s beercan racing on April 26.
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13


VIDEO: Chinese Gybes are never tasty

Scuttlebutt Sailing News, Published on May 23rd, 2017
The round down is always a bummer. Video below published on May 23, 2017.
*
<iframe width="620" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/fz4VxnUmJlw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


*Chinese gybe  From Wikipedia, the free encyclopedia
A Chinese gybe on a sailing vessel is a type of gybe where the upper section of the main sail moves across the boat, filling from the opposite side, whilst the lower section and boom remain on the original side of the vessel. It contrasts with a normal gybe, where the whole sail moves across the boat as the boat turns its stern through the wind. A Chinese gybe is usually induced by too little tension on the vang or kicking strap, allowing the boom to rise up and the leech of the sail to twist excessively.
The term can be used in a different sense, in which a Chinese gybe is a gybe caused when a boat rolls excessively to windward (usually when running downwind), causing an unexpected and/or uncontrolled change in course (specifically bearing off dangerously). This sense of the term is similar to death roll.

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

2017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内

Logo01_head_3Middleboatkansai_com_2017spr_cmp__22017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内
6月3日~4日:新西宮ヨットハーバー)

2017年春の関西ミドルボート選手権」が新西宮ヨットハーバーで開催される。
関西ミドルボートクラブでは、「淡路島サントピアマリーナ」おいて、2007年から2009年、また2012年から2015年の各々3年連続で関西選手権を、また20147月には『全日本ミドルボート選手権』を開催してきた。
昨年から久方振りに新西宮ヨットハーバーに舞台を移し、関西選手権が528日~29日に、全日本選手権が716日~18日に開催された。
本年も引き続き新西宮ヨットハーバーを会場とし、
運営は関西ヨットクラブが当たる。
エントリー数もすでに16艇と、昨年の12艇を大幅に上回っており、関西ミドルの人気は上々と云える。

レース公示pdf:「Notice_of_Race2017ver2.pdf」をダウンロード 帆走指示書pdf:「SailingInstructions2017.pdf」をダウンロード
大会ウエブサイト: http://middleboat-kansai.com/index.php/2017spr_cmp/

2017-06-08追加:成績:「result2017_middleboatchamp2017.pdf」をダウンロード
Result2017_middleboatchamp2017_jp_2

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

読者からの質問と回答 「レースのスタート - U旗規則」

UuuuRrs_start_1_3読者からの質問:
>RRS2017-2020においてRRS30.3 「U旗規則」が新設されました。
>
このU旗規則を含め、レースのスタート時の「準備信号」に何を用いればいいのか? その根拠となるのはなにか? ヒントがあれば教えてください。(K.O)

編集者による回答:
(1) 新規則「U旗規則」は、別名Soft BlackKinder gentler Black と呼ばれるように、従来からある「黒色旗規則」のペナルティー部分を緩和したものです。
黒色旗規則適用があまりにもきつ過ぎると思われる大会への対応(例えばジュニアのレガッタ)、また「リコール艇の掲示」を含む運営側の負担軽減を目的に、追補されたものである。(従前より帆走指示書で指示する方法は採られていた) 

 RRS30.3 「U旗規則」
 U旗が掲揚された場合には、スタート信号前の1分間に、艇体、乗員または装備の一部でもスタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形の中にあってはならない。艇がこの規則に違反して、特定された場合には、その艇は審問なしに失格とされなければならない。ただしレースが再スタートまたは再レースとなった場合は、失格としてはならない。


Rrs_start_2(2) RRS26レースのスタートによると準備信号には下記6種がある。
 P旗- ペナルティー無し
 I旗- 規則30.1を適用
 Z旗- 規則30.2を適用
 I旗とZ 規則30.1と30.2を適用
 U旗ー 規則30.3を適用
 黒色旗- 規則30.4を適用

 ・ P旗だけのスタートに越したことはない。
 ・ より厳しいスタート・ペナルティーへと進めていく。(条項番順に)
 
・ P旗---(ゼネラル・リコール)---> I旗---(ゼネラル・リコール)---> 黒色旗の順番で適用されるケースがよく見かけられる。
 ・ レース日程の進捗との拘わりも一つの要素。
 ・ クラスが定める「チャンピオンシップ・ルール」とか「標準帆走指示書」等にガイド・ラインが示されている場合もある。(スナイプ級、J/24クラス)

(3) レースのスタートについての助言
運営上の制約を含め「レースのスタートについての助言」をまとめてみた。

Rrs_start_3
1. スタート・ラインの設定と準備信号
①  レース委員会信号艇(通称本部船)とピンエンド・マークの場合
  ・ Z旗、Uおよび黒色旗規則は、スタート信号前の1分間に、スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形に艇があるか」の判定が必須で、1艇の信号艇だけでは三角形の判定はできない。 (RRS30.2, 30.3, 30.4)
  ・ 次に、P旗スタートをはじめとし、個別リコール(OCS)判定のためには、艇が「スタート・ラインのコース・サイドか、それともどちらかの延長線のコース・サイドにあるか」を見極めることが必須で、ピンエンドにも信号艇が必要となる。Z旗・U旗および黒色旗スタート時も同様。 RRS29)
・ 結論として、消去法により I規則」しか適用できない。RRS30.1) 


・ 運営上(運営艇、運営要員)の制約からよく見かける方式であるが、極めて窮屈なスタートしができないことになる。


②  スタート・ラインの両端が、レース委員会信号艇の場合
  ・ 6種すべての準備信号P旗、I旗、Z旗、Uおよび黒色旗)が適用できる。

Start_of_race_2Santandel_world_cup_2017_7z7a37862. ロングディスタンス・レースをはじめ、風上風下コースであっても、スタート・ラインから最初のマークが目視できない場合
   ・ Z旗、Uおよび黒色旗規則は適用できない。
   ・ なぜなら、「スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形」の判定ができないはずのため。

RRSレースのスタート
PowerPoint:「rrs_starting_race.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show

Ac35endeavouropen_com_news_201705_2Ac_village_and_ob_course_1From: "C W" ccc@www.co.uk
To: "S Y" sss@nifty.com
Subject: Half-time show
Date: Thu, 11 May 2017 06:40:45 +0100

Half-time show: All thirty-two O’pen BIC entrants have been selected for the America’s Cup Finals and the AC Endeavour O’pen, in Bermuda on June 15-18. The final six spots were earned at the 38-boat O’pen BIC Bermuda Nationals on May 6-7. Representing Bermuda will be Sebastian Kempe, Gabrielle Brackstone, Aiden Lopes, Gen Lau, Christopher Raymond, and Jessie DeBrag.

The thirty-two sailors will be competing directly in front of the America’s Cup Grand Stands, June 15 and 16, and then will be the America’s Cup Half Time Show on the first day of the AC Finals, June 17. On Sunday, June 18, the O’pen BICs will also be putting on an exhibition of O’pen BIC foiling and freestyle, show casing a new age in junior sailing.

and .....
Everybody is doing it: Kind of like when we added sails to skateboards to mess around, now everyone is seeing what they can add foils to. As shown in this video, the O’pen BIC has proven to be a good enough platform to elevate. See video.

Official website: http://ac35endeavouropen.com/news/o-pen-bic-sailors-now-confirmed-for-the-america-s-cup-finals

**
<iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/qqk5OnHvdu8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

関連記事:
2017-04-08
Youth America's Cup - Team BDA (Bermuda) http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/youth-americas.html
2017-03-03Three (3) regattas in America's Cup http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/3-regattas-in-a.html

Scuttlebutt Sailing News
Published on May 10th, 2017
America’s Cup: Rumors, Capsizes, and Youthful fun: http://www.sailingscuttlebutt.com/2017/05/10/marching-toward-americas-cup/
「www_sailingscuttlebutt_com_2017_05_10_marching-toward-americas-cup.jpg」をダウンロード  「www.sailingscuttlebutt 2017_05_10_marching-toward-americas-cup.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

JSAF外洋内海主催 B級ジャッジ認定(新規)講習会

Jsafb_seminarJSAF外洋内海主催 B級ジャッジ認定(新規)講習会

既報のとおり、RRS(セーリング競技規則)は昨年末に改定が行われ、本年より新RRS2017-2020が発効しています。これに合わせJSAFジャッジおよびレースオフィサーの資格更新また新規認定が必要となります。
今般JSAF外洋内海より、新規資格取得希望者を対象とした講習会開催の案内がありました。
併せて更新未修了者を対象とした「更新講習」も併催されます。
是非この機会に受講されますよう。

JSAF外洋内海主催セミナーのご案内>
B級ジャッジ認定(新規)講習会 5月14日(日)9:30から
下記がすでにJSAFウエブサイト・ルール委員会に掲載されています。
   
主催 JSAF外洋内海
   
2017514日 受付 930分~ セミナー10時~17
   新
西宮ヨットハーバー会議室 西宮市西宮浜4丁目16-1 079833-0651
  
申込期限 201757日 
   
JSAF外洋内海eメール yff62765@nifty.com 電話 090-7487-1472

 申込書等
   
JSAFルール委員会 http://www.jsaf.or.jp/hp/about/committee/rule
      
 新規申込書excel:njbnewregistrationform_b.xlsx」をダウンロード
   公示
:「bnbnewnotice.pdf」をダウンロード 日程:「bnewitiran20170306.pdf」をダウンロード

問い合わせ先 
   
 JSAF外洋内海ルール委員会 http://jsaf-naikai.jp/ email: yff62765@nifty.com

| | コメント (0)

第7回関空一周ヨットレース2017 エントリー締切 76艇! 成績

Akixyr_entry_list_no17回関空一周ヨットレース2017 エントリー締切 76 艇!
2017年53日(水・祝日)
08:3009:30「岬町長杯ヨットレース」受付/出艇申告(大阪ベイ淡輪ヨットクラブハウス2F)
09:3009:45「岬町長杯ヨットレース」艇長会議
10:55     「岬町長杯ヨットレース」のスタート予告信号(2レースを予定)
14:0016:00「関空一周ヨ ットレース」のみ参加の艇受付/出艇申告
16:0016:30「関空一周ヨットレース」艇長会議(大阪府マリーナ協会1F会議室)
17:00~    ウェルカムパーティー(大阪府立青少年海洋センター特設会場)

201754日(木・祝日)
07:0007:30「関空一周ヨットレース」当日受付/出艇申告(ただし当日受付艇のみ)
08:25      「関空一周ヨットレース」のスタート予告信号(2レースを予定)
16:00      タイムリミット
17:00      表彰式(大阪ベイ淡輪ヨットクラブハウス前)
Kanku_yachtrace_net_entry_2


レース公示
:「2017_notice_kanku_2017.pdf」をダウンロード 帆走指示書(2):「2017_kankuaroundsiver101.pdf」をダウンロード 「2017_misakicupsi_010.pdf」をダウンロード 裁量ペナルティーポリシー:「2017_dp_policy.pdf」をダウンロード
エントリーリスト
:「akixyr_entry_list.pdf」をダウンロード

Akixyr_entry_list_no2_2関連記事:2017-02-08「第7回関空一周ヨットレース2017 - Around the Kansai International Airport Yacht Race http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/72017---around-.html

2017-05-05追加:成績, 2017-05-19修正(Corinthianのみ)
Kanku_yachtrace_net_result_misaki_4
  Kanku_yachtrace_net_result_a_b Kanku_yachtrace_net_result_c_irc

成績pdf:「misakicup2017result_ver2.pdf」をダウンロード  「kanku2017result.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

World’s 15 Riskiest Sports

Infographic_22Infographic_12World’s 15 Riskiest Sports

Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News
Published on April 18th, 2017

If you like your sports with a bit more in the way of adrenaline, what would that list include? The team at SBO.net – an online betting site – have compiled some of the craziest, most death-defying sports in the world, from base-jumping off buildings to facing down the horns of a bull.

While high speed sailing didn’t make the cut, 15 events have been identified, each with the number of deaths, locations it’s done, and important facts – as well as a risk factor, so you can find one just right for how deadly you want to go.

All of the sports are risky – but some take it a step further. Here are some of the riskiest sports:

Copy:「www.sailingscuttlebutt World’s 15 Riskiest Sports.pdf」をダウンロード 「www_sailingscuttlebutt_worlds_15_riskiest_sports_90.jpg」をダウンロード
「infographic_12.jpg」をダウンロード 「infographic_22.jpg」をダウンロード
List: 「worlds_15_riskiest_sports_list.pdf」をダウンロード
Worlds_15_riskiest_sports

Related articles:2017-04-15「World's Biggest Sports」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/worlds-biggest.html

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

QUESTION FROM A FAN; Interesting Starting Line

Garda_rc_l18634QUESTION FROM A READER;
>Subject: Interesting Finish Line
>Dear Sir,

>I have been looking for a rule or case study that accepts a finish line that is moving.
>Can I ask what rule or case would allow a moving mark to be acceptable.


>Situation.
>Mark Boat is to set finish line.
>1. Buoy is set as mark.
>2. RIB used to set other end of finish line at 90 degrees to previous mark.
Garda_rc_1>3. Anchor is broken and light. Ride line is short. 15 knots wind. RIB can NOT hold position.
>4. Committee decides RIB driver will do his best to hold finish line position. The driver works very hard for hours but impossible to hold same position.
>5. Result: Every finishing boat had different finish line. Time keepers position moving up to 15 meters between boats.
>This is OK ? Under which rule or case study?

>Solution was to bring new heavier anchor and rode line we had time. Not sure why committee did not send a runner with new anchor.
>No spare boat? No safety boat? No spare anchor? ......not sure.

>Thank you. (M.S)

ANSWER BY THE EDITOR;
Such situations do not occur every time, but rarely exist.
Id like to introduce two examples in my inexperience for sailboat regattas.

Img_0035testImg_0045testExample #1: J/24 World Championship 2000
NEWPORT, RHODE ISLAND, USA  September 22-29,2000
<Sailing Instructions>
10 THE START
10.7 If weather conditions require, the Signal boat and the Line End boats may keep their position with the aid of the motors. This shall not be grounds for requests for redress.
----
14 THE FINISH

14.3 If weather conditions require, the finishing line mark boat may keep its position with the aid of the motors. This shall not be ground for requests for redress.

J24_usa_starting_lines<Background and Comment>
The organizing authority for this regatta is the Ida Lewis Yacht Club and Sail Newport in conjunction with the International J/24 Class Association. The racing venues are Rhode Island Sound and Narragansett Bay at Newport, Rhode Island, USA where are the most suitable place for racing, but difficult area to conduct races. Because the sea depth is not so deep about 30-40m, but the tide is strong and the topography is complicate. Then it often happens that the anchor drags. The Race committee boats may keep its position with the aid of the motors under the SI 10.7 and SI14.3.

For such situations, the indispensable condition is making sure of capable boat drivers.
As you know well, Newport is famous as a sacred place of America's Cup. Many expert race officers are there. It is just an American sailing history with 166 years’ tradition.

Left side photo: from the left, Editor, Mr. Brad Read (J/24 World 2000 champion), the late Mr. T and  Mr. I)
Right side photo: International Jury members, Alex, Grame, Tuna
SIs pdf:「j24_world_championship_2000_sis_word.pdf」をダウンロード


Garda_map2Garda_map1Example #2: XXVI LAKE GARDA MEETING OPTIMIST CLASS 2008
FRAGLIA VELA RIVA, ITALY 20th - 23rd March 2008

<Background and Comment>
The regatta venue is at Riva Del Garda in the northern end of Lake Garda, Italy. The Lake Garda is the largest lake in Italy. It is a popular holiday location and is located in northern Italy. (https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Garda)
When all is said and done, the depth of water is marvelous. According to the geography, Average depth is 136 m (446 ft) and Max. depth is "346 m (1,135 ft)". Therefore, the Race committee must use concrete anchors instead of normal iron anchors under financial and environmental circumstances.

See attached map photos which were taken by editor at the entrance of club house in year 2008, 2013. It is confirmed by photos that the lake depth is 350m.
The other photos show a concrete anchor and a water-soluble rope. They will sometimes be disposable.

And through unavoidable circumstances, the Race committee boats may keep its position with the aid of the motors as well as an example of Newport, USA.
For such situations, the indispensable condition is making sure of capable boat drivers. Lake Garda is also famous because at where world championships and international regattas are held seven or eight events every year. Lots of expert race officers gather together from all over Italy. It is Garda's sailing tradition.

Map photo: 「garda_map2.jpg」をダウンロード
Garda Meeting NoR:「2008_garda_meeting_nor.pdf」をダウンロード


Garda_principal_race_oficerGarda_rc_boat_anchor<CONCLUSION>
1. This subject is not under RRS, but a matter of race conduct.
2. That is the best thing for you NOT to do such the conduct. No capable driver is here and there.
3. Such situations rarely exist. But the action of the signal boat and/or the line end boats must be described beforehand on the Sailing Instructions.
 

Wishing you a very happy season with good wind in your sails!

Related articles:
2012-11-29「Farewell Tuna」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/farewell-tuna.html
2012-12-05「Tunaさんを偲んで」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/tuna-611e.html
2015-01-15「Handling Leeward Gates (風下ゲートの操船)」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/handling-leewar.html

2011-07-13「 'Protect your yacht club!' leading sailor advice - Gary Jobson」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/protect-your-ya.html

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

Has The Optimist Evolved Too Far?

Www_sailingscuttlebutt_com_2017_0_2Has The Optimist Evolved Too Far?
Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News
Published on April 16th, 2017

(オプティミストはそこまで進化しているの?)
The Optimist has introduced more kids to sailing than other boat, and is the dominant international class for youth competition. While the primary goal during the youth years is to instill the love of sailing, the influence of racing can impact the priorities.

As builders are vying to supply the fastest boats, there apparently remains enough wiggle room to improve on this 70 year old design. However, when new models come out, parents might need to step up to keep their kids from getting stepped on. This reality just hit Carlo Cagna as he shares in this report:
---------------------------------
Opti2_gif_3Being how the Optimist is a one design class, should this be allowed? Is this a favoring of some kind to bigger builders? We visited the website of the manufacturer http://www.winneroptimist.dk/optimist/3d-star > and it’s real as they are advertising these faster boats.

How can the Optimist class accept this? I am eager to hear from others about this situation.

Full story:「www_sailingscuttlebutt_has_the_optimist_evolved_too_far.pdf」をダウンロード

Www_winneroptimist_dk_optimist_3d_3Winner Optimist ApS:
http://www.winneroptimist.dk/optimist/3d-star

3D STAR Complett:「2017_-_DenMark_3D_STAR_packed_price.pdf」をダウンロード
3D STAR Hull:「2017_-_DenMark_3D_STAR_UK.pdf」をダウンロード

RIG OPTIONS:「Optionsitem.pdf」をダウンロード
CATALOG vol no1: http://pdfkataloget.dk/winner2017/


GEST COMMENTARY:

I just downloaded the Optimist price list and coming to terms with the fact that a fully rigged boat, on launching trailer, delivered would cost me in the region of $5000, or the price of several second-hand Flying Fifteens. If I were a parent I would, of course, need to factor in the cost of a RIB and a 4 x 4 to tow everything, together with spare sails and gear. Oh, and the price doesn’t include a paddle or a bailer. Having spent so much the additional dollars would not, one imagines, be a problem. 
- Adrian Morgan

| | コメント (0)

第42回 舵杯ヨットレース 2017 エントリー締切 55艇! 成績

02Http__kazicup_com_entryconfirm_201742 舵杯ヨットレース2017 エントリー締切 55艇!

日程
4
22日(土)
14:30-16:00 大会受付(公式パーティ受付含む)、出艇申告・乗員登録受付
16:30- 艇長会議
17:30- 開会式・前夜祭(和歌山マリーナシティ「黒潮市場」)
423日(日)
07:30-08:00 大会受付、出艇申告・乗員登録受付(当日受付分に限る)
09:15 予告信号
レース終了後 表彰式

大会website:http://kazicup.com/ レース公示pdf:「kazicup_2017_nor_kcrace.pdf」をダウンロード 帆走指示書pdf:「kazicup_2017_sis_kaziorder.pdf」をダウンロード

Kazicup_2017_course

2017-04-25追加:成績
Kazicup_com_result2017_openab_4 Kazicup_com_result2017_opena_open_3Kazicup_com_result2017_irc_2


成績pdf:「2017result-OpenAB.pdf」をダウンロード 「2017resultopena_openb_irc.pdf」をダウンロード 「2017result-Races.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

Kitewing Sailing

VIDEO: Last Day of the Season

Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News
Published on April 14th, 2017

Kitewing sailing on Squam Lake in New Hampshire on a melting ice sheet on the last day of the season. Video published on Apr 14, 2017.

**
<iframe width="620" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/C3qIlR2Bt5k" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
http://www.jebiga.com/kitewing/


Related articles:

Land Sailing: 2017-04-14Land Sailing http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/land-sailing.html
Ice Sailing: 2016-10-26
Ice Sailing : Hard Water http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/hard-water-ice.html

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

World's Biggest Sports

Best_100_excel_jpeg_5Biggest Global Sports
A statistics-based analysis of the world's most popular sports

The following list of the world's biggest sports is based on data collected on amount of coverage from major online sports news websites on a daily basis across some of the world's biggest countries, with amount of coverage weighted by country size to evaulate a true list of the world's biggest sports.
http://biggestglobalsports.com



Is your favorite sports ranked on this list?

"Sailing" is 41st rank between Archery and SUMO !

"Windsurfing" is 73rd between KARATE and Polo !!
"Mmm......................."


0105_http__biggestglobalsports_com_ 0610_http__biggestglobalsports_com_ 1115_http__biggestglobalsports_com_ 1620_http__biggestglobalsports_com_ 2125_http__biggestglobalsports_com_ 2630_http__biggestglobalsports_com_ 3135_http__biggestglobalsports_com_ 3640_http__biggestglobalsports_com_ 4145_http__biggestglobalsports_com_ 4650_http__biggestglobalsports_com_ 5175_http__biggestglobalsports_com_ 75100_http__biggestglobalsports_com

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

Land Sailing

Www_nalsa_org_worlds2014pages_smithVIDEO: America’s Landsailing Cup 2017
Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News
Published on April 13th, 2017

The 45th America’s Landsailing Cup Regatta, America’s premier landsailing event, held March 19-24 at Ivanpah Dry Lake, CA. Here is footage of the Mini Skeeter class. Video published on Apr 12, 2017.
***
***
<iframe width="620" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/brejAOyyivs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
**
1_racecoursenorthwind900 2_racecourseeastwind900 3_racecoursewestwindbig_2
Abreviated_sailing_rules
North American Land Sailing Association: http://www.nalsa.org/index.htm
1_156737697_s8mgbncb_wc14bef2014027 2_156744652_k192lylv_wc14mon2014052 3_156744658_6whmgrhj_wc14mon2014058 4_156744680_2dp0qqjc_wc14mon2014080 5_156744740_9usgcuii_wc14mon2014140 6_156745582_lwfapc7x_wc14tue2014099 7_156744752_gzzqhbcr_wc14mon2014152 8_156745596_gu4hgdl0_wc14tue2014113 9_156745615_honinj1k_wc14tue2014131 10_156750327_52idggnt_wc14wed201401 11_156750337_2qba2mey_wc14wed201402 12_156750372_defq4vlw_wc14wed201406 13_156750424_ibx8jawm_wc14wed201411 14_156750448_tre3vtj6_wc14wed201413 15_156750456_xxzby9eb_wc14wed201414

Land Sailing Photos: http://www.pbase.com/waltercarels/wc14&view=slideshow

2014 Worlds Race Information:「www_nalsa_org_Worlds2014Pages_RaceInfo_html_20170414.pdf」をダウンロード
2014 Worlds Maps and Course Layouts:「www_nalsa_org_Worlds2014Pages_SmithCreekLayout_html_20170414.pdf」をダウンロード

Related article: 2016-10-26
Ice Sailing : Hard Waterhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/hard-water-ice.html

| | コメント (0)

一本の鉛筆 - One Pencil

Duarbo_airnifty_com_songs_2011_04_p美空ひばり生誕80周年 不死鳥コンサート 東京ドーム 2017年4月10日

華原朋美「一本の鉛筆」

*
美空ひばり

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

Team New Zealand unloading their race boat

Http__email_sailingscuttlebutt_com_Scuttlebutt Sailing News
Wednesday, April 12, 2017

Gif_new_zealand_mw_6America's Cup Challenger Emirates Team New Zealand unloading their race boat after landing this week in Bermuda.

1_17917155_10155204671723839_1334_2 2_17855158_10155204671728839_1859_4 3_17758571_10155204671738839_3357_2 4_17880033_10155204671818839_7057_2 5_17855264_10155204671823839_2942_2

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

Youth America's Cup - Team BDA (Bermuda)

Teambdawinninglogo620x270Hip, hip Hurray, Owen, Connor and Kalin in Team Bermuda!
Faraway from JAPAN
They are old sailing friends of a Japanese Optimist team.


*Owen Siese ------------------------------
Owen_www_acbda_bm_aboutteambda_20_2 Team_owenandmacteambdabermudajanuar
Owen_no1_2 Owen_no2_2

*Connor Astwood ------------------------------
Connorastwood_0385_o_3 Aboutteambdapic_coner
Connor_no1 Connor_no2_2

*Kalin Hillier ------------------------------
Kalin_13241405 Kalin_no1 12523889_1597135973941673_354856572
***Memorable photo on Dec 21st, 2006
057_50
Youth AC: Meet TeamBDA’s Owen Siese http://bernews.com/2017/02/youth-ac-meet-teambdas-owen-siese/
「owen_no1.jpg」をダウンロード 「owen_no2.jpg」をダウンロード 「owen_no3.jpg」をダウンロード
Youth AC: Meet TeamBDA’s Connor Astwood http://bernews.com/2017/03/youth-ac-meet-teambdas-connor-astwood/
「connor_no1.jpg」をダウンロード 「connor_no2.jpg」をダウンロード
Youth America’s Cup Profile: Kalin Hillier http://bernews.com/2016/05/youth-americas-cup-profile-kalin-hillier/
「kalin_no1.jpg」をダウンロード


Related articles: 2017-03-03「Three regattas in America's Cup」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/3-regattas-in-a.html

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

The Case Book 2017-2020

Casebook20172020_jpeg_3The Case Book Working Party released the 2017-2020 Case Book with five new cases; Cases 136 through 140 are new as of January 2017.

Case 136
In finding facts, a protest committee will be governed by the weight of evidence. In general, a race committee member sighting the starting line is better placed than any competing boat to decide whether a boat was over the line at the starting signal and, if so, whether she returned and started correctly.

Case 137
When deciding if a conflict of interest is significant, the protest committee should take into account the degree of conflict, the level of the event and the overall perception of fairness.

Case 138
Generally, an action by a competitor that directly affects the fairness of the competition or failing to take an appropriate penalty when the competitor is aware of breaking a rule, should be considered under rule 2. Any action, including a serious breach of rule 2 or any other rule, that the committee considers may be an act of misconduct should be considered under rule 69.

Case 139
Examples illustrating when it would be ‘appropriate’ under rule 69.2(j)(3) to report a rule 69 incident to a national authority or World Sailing.

Case 140
How the rules apply when a boat is compelled to cross the starting line by another boat that was breaking a rule of Part 2.

Case 136-140 pdf:「20172020worldsailingcasebookcase_136140.pdf」をダウンロード
World Sailing Case Book: http://www.sailing.org/tools/documents/20172020WorldSailingCaseBook-[22314].pdf

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

O'pen BIC "Un-Regattas" in North America

Sailinganarchy_com_2017_03_23_the_2Subject: New element to O'pen BIC "Un-Regattas" in North America
Sent: Thu, Mar 23, 2017 8:32 am

All-
I thought you would like to see brief video of new element introduced at our North American "Un-Regatta" in Sarasota, Florida this past weekend. 
The idea is to bring some element of X-Games to Youth Sailing. The kids LOVED it.
https://vimeo.com/209150095
The "Bridge of Doom" was tested in Sarasota and will next be used at the America's Cup.

Full event video coming next.
Happy sailing,
***


Vimeo_com_209150095_20170329Event documents: 「2017-NOR-SARASOTA-DRAFT-3-6-17.pdf」をダウンロード 「SailingInstructions.pdf」をダウンロード 「SailingInstructionsAddendumAsplittingthefleet.pdf」をダウンロード 「sssracecoursebic6.pdf」をダウンロード

https://vimeo.com/209844516
Related articles:
2014-03-07「Why “Un-Regattas”? - O'pen BIChttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/why-un-regattas.html
2017-03-03「Three (3) regattas in America's Cup」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/3-regattas-in-a.html

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

Japan O’pen BIC Cup 2017 - Press Release 

2017openbic_japan_cup_press_relea_42017openbic_japan_cup_press_relea_5Japan O’pen BIC Cup 2017 (兼 World O’pen Cup 2017 代表選考レース)Press Releaseが送られてきました。

オープンビックは「安全に楽しく速い」をコンセプトに全世界で 3500 艇以上が普及する全長9フィート( 2.75m)の小型ヨット。日本では北海道、江の島、大阪、兵庫などで活動が行われ6月からは新たに徳島でも活動が開始される予定。 20175月にバミューダ諸島で開催されるアメリカスカップではオープンビックのエキビジョンレースも開催され、 日本からも2名の選手が招待されている、「世界が近い」ジュニアヨットクラスです。
■ Japan O’pen BIC Cup 2017 (兼 World O’pen Cup 2017 代表選考レース)
■    日本オープンビッククラス協会 (Japan O’pen BIC Class Association)
■    株式会社ウインドワード
■ 大会期日  2017 331 日(金)~ 42日(日)
■ 開催場所  兵庫県西宮市 (ウインドワードオーシャンクラブ)
■ 参加予定  38 人(北海道、神奈川、京都、大阪、兵庫、愛媛)
■ Japan O’pen BIC Cup 2017は、三日間のシリーズ戦とし一日目 を第1 シリーズ、二日目を第2 シリーズ、三日目を第3戦シリーズとする。各シリーズ戦は最大6レースを予定する。
Press Rerease:「2017openbic_japan_cup_press_release.ppt」をダウンロード


関連記事:2017-02-04「オープンビッククラス 2017年度レース日程」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/2017-3d7d.html

2017-04-04追加:成績「open_bic_japan_cup_20170402_result.pdf」をダウンロード
Open_bic_japan_cup_20170402_result Open_bic_japan_cup_20170402_course

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

Video: Red Bull Youth America’s Cup Highlighted

Bernews_com_2017_02_videoredbullyouVideo: Red Bull Youth America’s Cup Highlighted

http://bernews.com/2017/02/video-red-bull-youth-americas-cup/



Related articles: 2017-03-03Three regattas in America's Cuphttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/3-regattas-in-a.html

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

Three (3) regattas in America's Cup

M2570_ac35racecoursemap14decAmericas_cup_villageBermuda_topographic_mapen_32017年6月バーミューダで開催される第35回America's Cup、日本からSoftBank Team Japanが参戦するのは既報のとおりである。先日も新レース艇ACC(America's Cup Class)が進水、いよいよ戦闘モードに突入といったところである。
さて、あまり話題になっていないが、今America's Cupでは本戦に加え、"Red Bull Youth America's Cup"と"America’s Cup Endeavour Junior Regatta"とユースとジュニアの2つのレガッタが併催され、それぞれに日本チームが出場する。
Flagjapan_gif_2Kaijin Team Japan(海神チームジャパン)とO'pen BIC Team Japan(オープンビックジャパンチーム)である。3レガッタすべてに参加資格を与えられたのはACに参戦する米、スウェーデン、ニュージーランド、仏、英、日本の6か国のみ、ヨット大国扱いには些かくすぐったいが、感謝しなければならないだろう。

3つの日本チームが一堂に会するバーミューダに応援に馳せ参じたいのは山々であるが、人口がたったの6.5万人、面積が淡路島の十分の1の 53.20 km² (20.54 平方マイル)
しかないサンゴ礁の島、すでに
ホテルは満杯、確保は絶望的 ・・・・。We wish Japanese Teams great success far away from Japan!

M2295Https__www_americascup_com_en_tea_3M2313_crop169014_1024x576_proport_2Louis Vuitton America’s Cup Qualifiers & Challenger Playoffs *(予選ラウンドロビン)
26th May – 12th June 2017
<Team>

ORACLE TEAM USA
Artemis Racing (SWE)
Emirates Team New Zealand
Groupama Team France
Land Rover BAR (GBR)
SoftBank Team Japan
< 6 entries >
https://www.americascup.com/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Red_bull_1146143M250_crop169014_1024x576_proportionMaxresdefault_2Red Bull Youth America’s Cup Qualifier 1,2 *
12th,13th,15th,16th June 2017
Red Bull Youth America’s Cup Finals *
20th-21st June 2017
<POOL A> 
Artemis Youth Racing (Sweden) 
Team France Jeune (France) 
Kaijin Team Japan (Japan) 
Youth Vikings Denmark (Denmark) 
Team Tilt (Switzerland) 
SVB Team Germany (Germany) 
<POOL B>
Kaijin_logoTeam BDA (Bermuda)
NZL Sailing Team (New Zealand)
Land Rover BAR Academy (Great Britain)
Spanish Impulse Team (Spain)
Next Generation USA (USA)
Candidate Sailing Team (Austria)
< 12 entries >
http://www.jsaf.or.jp/kaijin_japan/index.html#about
America's Cup:「red-bull-youth_americascup_com_en_news_199_Red-Bull-Youth-Americas-Cup-brings-worlds-top-young-sailors-to-Bermuda-in-2017.pdf」をダウンロード 「red-bull-youth_americascup_com_en_news_199_Red-Bull-Youth-Americas-Cup-brings-worlds-top-young-sailors-to-Bermuda-in-2017.jpg」をダウンロード
「red-bull-youth_americascup_com_en_news_202_Double-Olympic-Champions-Announce-Pools-for-Red-Bull-Youth-Americas-Cup.jpg」をダウンロード
World Sailing: 「www_sailing_org_news_41675_phpworldsailingnews1march2017.pdf」をダウンロード 「www_sailing_org_news_41675_phpworldsailingnews1march2017.jpg」をダウンロード
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11896245_1476532935980586_313924552Ac35endeavouropen_com_news_sakinu_2Ac_softbank_openbicAmerica’s Cup Endeavour Junior Regattas

June 14th - Registration & Opening reception for O’Pen BIC
June 15th - 16th AC Endeavour O’Pen BIC Regatta
June 17th - 18th O’Pen BIC Half Time Show Race, including Dock Out Show
<Team>

Japan
France
New Zealand
Sweden
Australia
United Kingdom
Italy
Germany
Bermuda
Obca_japan_logoC7aijbnuwae336hNorth America
Wild Card
< 10 countries 32 entries  >
http://ac35endeavouropen.com/

関連記事:2016-10-21「AMERICA'S CUP ENDEAVOUR O'PEN」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/americas-cup-en.html
2015-07-22「O'pen BICがAmerica's Cup 親睦セーリング・プロジェクト艇に選定」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/16-ju.html
*

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
America’s Cup Match presented by Louis Vuitton *(本戦マッチ)
17th - 18th & 24th - 27th June 2017
------------------------------------------------------------------------------------------
Provisional America’s Cup Schedule
Louisvuittonamericascupschedule_9_8

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

Jリーグの判定、試合後に正誤を検証へ 審判とチーム側

Www_asahi_com_articles_photo_2017_2Jリーグの判定、試合後に正誤を検証へ 審判とチーム側

Asahi_digital_2朝日新聞デジタル 潮智史 20172170953

 サッカーのJリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証することになった。勝敗を分けたPKや退場を巡る判定の正誤など、踏み込んだ議論をする。審判側はこれまで、個別の判定への見解を示してこなかっただけに、世界的にも極めて珍しい試みだ。23日のJリーグ理事会で正式に決まる。
 対象となるのは、J1~J3の全試合。試合全体を管理監督するマッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返る。担当した審判は直接参加しないが、審判を評価する役割で派遣されている審判アセッサーが審判から判定の根拠など話を聞いた上で審判側代表として参加。両クラブからは社長ら代表者が席に着く。
 判定や試合結果が覆ることはないが、PKや警告、退場など、判定の妥当性や正誤についても協議、審判アセッサーがその場で誤審を認めるケースも想定されている。

 今回の試みは審判側とチーム側がコミュニケーションを深めながら、ルールや判定への理解を求め、試合の質を高める狙いがある。審判批判のきっかけになる懸念もあるが、まずは情報をオープンにすることに踏み切った。
 これまで、判定に不服がある場合は、クラブ側が意見書を提出して回答を受ける形式的なやりとりで終わっていた。意見書を廃止する代わりに、その場で直接やり取りすることになった。クラブ側の多くは「変化の一歩だ」と好意的だ。
 このほか、判定基準を示した選手向けの映像の一般公開にも踏み切るなど、判定の「見える化」を進めていく予定だ。( 潮智史)
Copy:「digital_asahi_com_articles_20170223.pdf」をダウンロード 「digital_asahi_com_articles_20170223.jpg」をダウンロード

-----------------------------------------------------------------------

Jleague_referee_4相互理解深めて 

Nikkei_32017/2/24付日本経済新聞 朝刊 アナザービュー 武智幸徳

  今季からJリーグの試合で判定に疑問があるクラブは、試合直後に話し合いの場を持てることになった。といっても審判団と直接議論するわけではない。審判団から判定の根拠などを聴取した審判アセッサーが、クラブ側の代表者の質問に答える形を取るという。
 これまでは不可解な判定があると、クラブは意見書をリーグに提出。問題があれば、当該審判に内々の沙汰が下っていた。今後は問題から湯気が出ている段階で間接的ではあるが、審判団の考えを知れることになる。
 アセッサーとクラブ側の代表者がどんな議論をし、その内容がどの程度オープンになってしまうのか、よく分からない面はある。審判の評定以外に、重い仕事が増えるアセッサーは大変だろう。そして誤審うんぬんの結論はどうでもいいが、問題のジャッジに至る審判の思考の過程はその場で私も知りたいと思う。
 というのも、試合中に判定を巡るトラブルが生じても、現状では審判団の見解を知る機会はほとんどないからだ。審判団が「黙して語らず」の立場を取るために、メディアには被害に遭ったと主張する選手の言い分だけが露出する。その度に欠席裁判に加担しているようで、非常に気持ちがめいるのである。

 心配なのは、アセッサーとの議論の中で言質を取った気になったクラブ側が「審判は誤審を認めた」と、そこだけをクローズアップすることだ。日本サッカー協会の審判委員会がいわば「判定は熱いうちに打て」と方針を変えたのは、審判をムチ打つ口実を与えるためではないだろう。本来の趣旨は審判の仕事や判定の難しさへの理解、ひいてはサッカーへの理解を練って練って腰を強くするためのはずである。
 南アフリカ、ブラジルと2度ワールドカップで笛を吹いた西村雄一主審は「英国では草の根レベルでも試合後に審判を交えて議論する習慣がある」という。そんな話を聞かされると、この新しい試みをうまく運ぶには根本のところで「ノーサイドの精神」が必要に思えてくる。
 あの判定でどちらが得をしたとか、損をしたとか、勝った負けたと騒ぐのもいい。しかし、何のためのレビューかといえば、さまざまな角度からサッカーを見て、考え、相互理解を深めるため。それしかないだろう。
Copy: 「www_nikkei_com_article_20170224.pdf」をダウンロード 「www_nikkei_com_article_20170224_2.jpg」をダウンロード

<注> レフリー(Referee)、アンパイア(Umpire)、ジャッジ(Judge)はどう違うの?
動きながら競技に介入していくのがレフェリー。あまり動かずに競技に介入するのがアンパイア。競技に(直接)「介入しない」のがジャッジ。
ただし各競技の歴史的な成り立ちや変遷に関与し、それぞれ独自の呼称が浸透していった結果であり、例外が多く、確立した見解は存在しません。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

JSAF外洋内海主催 B級ジャッジ更新・新規講習会

B_kyu_seminarJSAF外洋内海主催 B級ジャッジ更新・新規講習会

ご承知のとおり、RRS(セーリング競技規則)は昨年末に改定が行われ、本年より新RRS2017-2020が発効しています。JSAFジャッジおよびレースオフィサーにおかれましては更新手続きをされておられると拝察します。
今般JSAF外洋内海より、講習未修了者および新規資格希望者を対象としたセミナーの案内がありました。 

JSAF外洋内海主催セミナーのご案内>
B級ジャッジ「更新」講習会 49日(日)9:30から
  ARO/CRO更新講習会と共同開催
   
下記がすでにJSAFウエブサイト・ルール委員会に掲載されています。
   
主催 JSAF外洋内海
   
201749日 受付 930分~ セミナー10時~17
   
西宮浜公民館 西宮市西宮浜4丁目13-1 079834-2002
  
申込期限 201742日 
   
JSAF外洋内海Eメール yff62765@nifty.com 電話 090-7487-1472

B級ジャッジ「新規」講習会 514日(日)
   
まだJSAFウエブサイト・ルール委員会には近日中に掲載されます。上記「更新講習会」と同じ要領で開催予定です。

   会場は新西宮ヨットハーバー。

 申込書等
   
JSAFルール委員会 http://www.jsaf.or.jp/hp/about/committee/rule
      更新申込書
excel:「njbrenewregistrationform_b.xlsx」をダウンロード
     
新規申込書excel:njbnewregistrationform_b.xlsx」をダウンロード
   公示
:「bnbnotice.pdf」をダウンロード  日程:「bnbchedule.pdf」をダウンロード
問い合わせ先 
   
 JSAF外洋内海ルール委員会 http://jsaf-naikai.jp/ email: yff62765@nifty.com

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

「第42回 舵杯ヨットレース2017」のご案内

Kazicup_com_20170220_2Kazirogo_3第42 舵杯ヨットレース
2017422日~23和歌山マリーナシティ

レース公示(NoR) <抜粋>
共同主催 JSAF加盟団体外洋内海・和歌山県セーリング連盟

1.適用規則
1-1 「セーリング競技規則2017-2020(RRS)」に定義された規則および「セーリング装備規則2017-2020(ERS)」を適用する。
1-2 IRC クラスについては以下も適用する。
1-2-1 IRC Rule 2017 Part A,B,C(但し、以下を変更する)
 ・ IRC Rule21.1.5(d)は適用しない。したがって艇に搭載したセールを積み替えることができる。
 ・ IRC Rule22.4.2 は適用しない。したがってクルーの数もしくは体重の制限はない。
1-2-2 JSAF 外洋特別規定(JSAF-OSR2016-2017 附則B インショアレース特別規定
1-3 X-35 ワンデザインクラスに関しては「X-35 ワンデザインクラス日本国内規定」を適用し、許可されている範囲においてX-35 クラスルールの制限が解除され、IRC Rule 2017 を適用する。

3.参加資格
3-1 共通事項
全長20 フィート以上のモノハルキャビン付きクルーザーで、日本小型船舶検査機構の有効な船舶検査証を有し、大会期間中(回航中、事前事後の係留期間を含む)の有効なヨット保険(賠償責任保険、搭乗者障害保険、遭難捜索費用保険)に加入している艇
3-2 先着順に受け付ける。
3-3 艇の参加申込が多く、係留施設能力を超えることが予想される場合には、JSAF 登録艇の受付を優先する。また、参加申込をお断りする場合もある。
尚、和歌山マリーナシティの近隣の艇には、同艇の現係留港への係留を依頼する場合がある。
IRC」クラス
3-4 有効な2017 IRC 証書(ノーマルまたはエンドース)を有する艇
3-5 乗員は2 名以上とする。
3-6 乗員の2/3 以上がJSAF 会員であること。ただし外国籍の乗員は当該各国協会の有効な会員証を提示することで可とする。
Course2_2「オープン」クラス
3-7 本実行委員会が決定したレーティングを承認する艇、またクラス分けについても本実行委員会の決定を承認する艇。
3-8 乗員は2 名以上とする。

4.申込み手続
申込締切日 49日(日) レイトエントリー
415日(土)

6.クラス分け
6-1 全参加艇をABCまたはABのクラスに区分し、レース委員会の定める独自のTCFにより順位を決定する。
6-2 IRC」クラスは、上記クラスとのダブルエントリーによるクラスとし、TCC により別途順位を決定する。


7.日程
422 日(土)
 14:30-16:00 大会受付(公式パーティ受付含む)、出艇申告・乗員登録受付
 16:30- 艇長会議 17:30- 開会式・前夜祭(和歌山マリーナシティ「黒潮市場」内バーベキューテラス)
423 日(日)
 07:30-08:00 大会受付、出艇申告・乗員登録受付(当日受付分に限る)
 09:15 予告信号 レース終了後表彰式
レース公示pdf:「kc2017-race.pdf」をダウンロード

大会
website:http://kazicup.com/

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

The Queen of Post-War yachting photography dies at the age of 101

9Eight Bells: Eileen Ramsay 
Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News, Published on February 10th, 2017
Source: Barry Pickthall, PPL Photo Agency

Eileen Ramsay, the Queen of British yachting photography during the post war years, died on February 8 at the age of 101.

Ramsay recorded the explosion in small boat sailing during the 1950s and 60s, capturing not only the boats but sailing pioneers like Francis Chichester (*left photo), Alec Rose, Col Blondie Hasler and French legend Eric Tabarly, then pressing the frontiers of solo passage making across the Atlantic and around the world.

7 Her famous archive includes images of Olympic sailors Keith Musto and Tony Morgan, Silver medallists at the 1964 Games at Tokyo in the Flying Dutchman Class (*lower left photo), and Rodney Pattisson and Iain MacDonald-Smith who won Gold for Britain in the same Flying Dutchman class at the Mexico Games in 1968 in the Flying Dutchman two-man trapeze dinghy (*lower right photo). She also recorded the career of Charles Currey, who won Silver at the Helsinki Games in 1952, and Robin Aisher, who represented Britain in the 5.5m keelboat class at the 1960 and ’64 Games before finally winning Bronze at the Acapulco regatta in ’68.


 Other noted sailors to have fallen within Eileen Ramsay’s focus have been Stewart Morris, Gold Medal sailor at the 1948 Games in Torquay, fellow International 14 champion and Olympic representative Bruce Banks, and Sir John Oakeley, the son of wrestling champion Sir Atholl Oakeley, who became one of Britain’s most successful dinghy champions in the 60s and 70s, winning the Merlin Rocket Class championship three times in succession before going on to win the Flying Dutchman world championship.

8
1----- The rest is omitted.

2_2 3 4 5 6 

Copy:
Sailing Scuttlebutt:「www_sailingscuttlebutt_com_2017_02_10_eight-bells-eileen-ramsay.pdf」をダウンロード 「www_sailingscuttlebutt_com_2017_02_10_eight-bells-eileen-ramsay.jpg」をダウンロード
sail-world.com: The-Queen-of-Post-War-yachting-photography-dies-at-the-age-of-101:「www_sailworld_com_australia_thequeenofpostwary achtingphotographydiesattheageof101_55.jpg」をダウンロード
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
'Queen of yachting' captures sailing's golden era on film

Logo_cnn_espaniol_2By Stina Backer for CNN
Updated 1353 GMT (2153 HKT) May 28, 2012

Story highlights
Eileeen Ramsey began her professional career as a 22-year-old in 1937
She pioneered the water-level photography angle, now an industry standard
Her career took off in the 1950s and 1960s when sailing enjoyed a post-war explosion in Britain

1_120521030249eileenramsay1
The water-level shot - Eileen Ramsay pioneered the water-level photography angle - shooting images of sail boats from as close to the water as possible. (Photo1)


2_120521033630eileenramsay7_2
Composition - According to Ramsay, a real photographer doesn't just takes a photograph, they "make" one by working hard to get the best angle. This beautifully-composed image was shot at the 1962 Cowes Week Regatta. (Photo2)



3_120521033357eileenramsay6
Eileen Ramsay - Ramsay's career took off in the 1950s and 1960s, when the sport of sailing enjoyed a post-war explosion in Britain. Here she is with her trusted Rolleiflex camera in the summer of 1963. (photo3)


4_120521041701eileenramsay9
Racing past Parliament - Ramsay made sure she was present for the first dinghy race in central London, was held on the river Thames in 1956. (Photo4)



5_120521043712eileenramsay10
'Black Sails' - This award-winning photograph from 1945 is one of the first nautical-themed images that Ramsay took and is entitled "Black Sails." It remains one of her personal favorites. (Photo5)


6_120521033057eileenramsay5
'Flying Dutchman' - Sailing legend and clothing company founder Keith Musto is seen here fighting for second place against a French rival during the 1964 "Flying Dutchman" European championships. He and his sailing partner went on to win a silver medal at that year's Olympic Games in Tokyo. (Phhoto6)


7_120521043856eileenramsay11
Collision caught on camera - Ramsay would always make sure she placed herself where the action was. Here she manages to catch the collision beween a competing yacht and a spectator boat at the 1969 Cowes Week Regatta in England. (photo7)



8_120521031536eileenramsay3
True colors - Ramsay began taking color pictures in 1962 and set up her own color developing process two years later -- but it took several more years before magazines and newspapers could actually print in color. (Photo8)

9_120521044138eileenramsay12
In perfect balance - This 1968 shot is of British Olympic hopefuls Rodney Pattisson and Ian MacDonald-Smith on board a "Flying Dutchman." Ramsay recalls that she wasn't allowed to photograph the inside of the boat: "They were much faster than everyone else and didn't want to give any ideas away to the competition," she said. (Photo9)



10_120521041448eileenramsay8
Dragons in action - Ramsay, who spent her early career doing portrait photography, says she somehow always knew how to successfully compose photograps. Here she lines up a number of "International Dragon" boats, racing during the 1966 Cowes Week Regatta in England. (photo10)

Copy jpeg:「edition_cnn_com_2012_05_28_travel_eileenramsayyachthingphotography_20170218_77.jpg」をダウンロード

PhotoLimited edition copies of her biography ‘Eileen Ramsay – Queen of Yachting Photography',
signed by the photographer are available for £25 + p&p from
www.southatlanticpublishing.com
https://issuu.com/pplmedia/docs/eileen_ramsay_final_low_res


Related articles:「coastalboating_net_News_2017_02-2017_10-02-EileenRamsay.pdf」をダウンロード 「coastalboating_net_News_2017_02-2017_10-02-EileenRamsay.jpg」をダウンロード
「www_yachtsandyachting_com_news_155926_20170218.pdf」をダウンロード 「www_yachtsandyachting_com_news_155926_20170218.jpg」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

第7回関空一周ヨットレース2017 - Around the Kansai International Airport Yacht Race

0127_kanku_yacht_2関空島をぐるっと一周! 大阪湾で島回りのヨットレース!
「第7回関空一周ヨットレース」がゴールデンウイークの5月3日,4日の2日間、大阪府最南端に位置する岬町の淡輪(たんのわ)ヨットハーバーで開催される。昨年から大会初日の『岬町長杯ヨットレース』と2目の『関空一周ヨットレース』のダブル・タイトルを競う充実したレガッタとなっている。

関空一周ヨットレース・岬町長杯ヨットレース レース公示 《抜粋》
1. 共同主催 大阪ベイ淡輪ヨットクラブ、JSAF外洋内海、大阪府マリーナ協会
2. 参加資格
2-1 共通事項:全長20フィート以上のキャビン付きクルーザーで、有効な船舶検査証を有し、ヨット保険(賠償責任、搭乗者傷害、遭難捜索救助費保険)に加入していること。
関空連絡橋を通過可能な艇 (海面からの高さ制限23m 乗員は2名以上とする。
2-2 「岬町長杯ヨットレース」参加艇は、関空一周ヨットレースへのエントリーをしていること。
2-3 IRCクラス追加事項:有効な2017IRC証書(ノーマルまたはエンドースド)を有する艇。乗員の2/3以上がJSAF会員であること。
ただし外国籍の乗員は当該各国協会の有効な会員証を提示することで可とする。
3.参加申込期限
受付開始日3月15日(水)
締切日4月15日(土) *レイトエントリー申込期限4月21日(金)


Http__kanku_yachtrace_net_2017020_24. 日程
201753日(水・祝日)
08:3009:30 「岬町長杯レース」 受付/出艇申告
09:3009:45 「岬町長杯レース」 艇長会議
10:55 「岬町長杯レース」の予告信号 (風上/風下コース・2レース)
16:0016:30 「関空一周レース」艇長会議 17:00 ウェルカムパーティー
201654日(木・祝日)
07:0007:30 「関空一周レース」 当日受付
08:25 「関空一周レース」の予告信号(島廻りコース・2レース)
16:00 タイムリミット 17:00 表彰式
レース公示pdf:「2017_nor.pdf」をダウンロード

大会ウエブサイト: http://kanku.yacht-race.net/

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

オープンビッククラス 2017年度レース日程

2017_jobca_race_schedule_eng_world_日本オープンビッククラス協会から『2017年度レース日程』が送られてきました。
今後順次協会およびクラブから「レース公示」が公表されます。
      協会ウエブサイト: ttp://jobca.net/
        チョットヨット・ジュニアクラブ:
http://www.chotto-yacht.com/

2017年度のトピックス

(1) チャンピオンシップ・レガッタ
O'pen BIC Japan Cup 331日~42日 会場:西宮マリーナ
・全日本選手権 1028日~29日 会場:江の島ヨットハーバー

(2) 海外・レガッタ
    
America's Cup Endeavour Cup 615日~18日 会場:バーミューダ http://ac35endeavouropen.com/
     ・
O'pen BIC World Championships 731日~85日 会場:イタリア・ガルダ湖 http://class.openbic.com http://worlds2017.openbicclass.org/

Http__worlds2017_openbicclass_org_2M2570_crop169014_1024x576_proport_2
2017年度レース日程pdf:
「2017_jobca_race_schedule_eng_world.pdf」をダウンロード

関連記事:

2016-10-21AMERICA'S CUP ENDEAVOUR O'PENhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/americas-cup-en.html

2016-09-31***** O'pen BIC World Cup – Videoshttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/20160112.html

2016-09-12「第5回オープンビッククラス全日本選手権2016 - 5th O'pen BIC National Championships 2016」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/52016-5b52.html

2015-07-22「O'pen BIC が America's Cup 親睦セーリング・プロジェクト艇に選定」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/16-ju.html

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

RRS定義:支援者(Support Person)

Imagesvi3fvr99Support Person(支援者)
RRS2017-2020において新規則:定義「Support Person(支援者)」が追加された。
従来競技規則の対象ではなかった「競技者を支援する人々」をその管轄権の支配下とするものである。

これまでは大会ごとの帆走指示書(SIs)、サポート・チーム規程(Support Team Regulations)、コーチボート規程(Coach Boat Regulations)等で、該当者を特定し、規則を明記して対象とすることがあったが、今改定により RRS規則のデフォルトとして適用される。関係資料を紹介しておく。

1RRS2017-2020の定義
Definition: Support Person
Any person who

(a) provides, or may provide, physical or advisory support to a competitor, including any coach, trainer, manager, team staff, medic, paramedic or any other person working with, treating or assisting a competitor in or preparing for the competition, or
(b) is the parent or guardian of a competitor.

定義:支援者 
以下に該当する人物を支援者という。
(a) 競技者に物理的または助言的サポートを提供する、または提供することができる人物。コーチ、トレーナー、マネージャー、チーム・スタッフ、医師、医療補助員、または競技中もしくはその準備のために競技者とともに働いたり、治療したり、援助したりするその他の人物、すべてを含む。 
(b) 競技者の親または保護者

Donaldtrumpsupporters2)支援者を管轄する規則
<A Quick Overview of the Significant Rule and Game Changes in the 2017-2020 Racing Rules of Sailing> Dave Perry - 16-Dec-16 13:45

Support Person
This new definition is part of the significant change that has brought people who support competitors under the jurisdiction of the racing rules, and makes them and the competitors they support liable for penalty if they do not comply with the rules or if they act in a way that is considered “misconduct.”
See in particular rule 3 (Acceptance of the Rules), rule 60.3(d) (Right to Protest; Right to Request Redress or Rule 69 Action), rule 64.4 (Decisions Concerning Support Persons) and rule 69.1(a) (Obligation not to Commit Misconduct; Resolution). The definition includes, among others, parents and coaches.


支援者 
この新しい定義は、意味のある変更の一部であり、競技者を支援する人々を競技規則の管轄権の支配下とし、支援者や支援する競技者が規則に従わない場合や、不正行為とみなされるやり方で行動した場合には、彼らをペナルティーの対象とする。
特に参照すべきは、規則3(規則を受け入れること)、規則60.3(d) (抗議の権利;救済要求の権利または規則69の処置)、規則64.4(支援者に対する判決)および規則69.1(a)(不正行為を起こさない義務;解決)。この定義は、なかんずく、両親およびコーチを含む。

Hillary3プロテスト審問をもたらす可能性がある支援者の行動
<RYA, RACING RULES GUIDANCE SUPPORT PERSONS>

Examples of actions of a support person that could lead to a hearing are:
 Abusing or pressurising race officials, volunteers or other competitors or support persons (rule 69 and/or SIs)
 Assisting a competitor (unless ill, injured or in danger) in any way after the preparatory signal (rule 41)
 Failing to follow support boat regulations (SIs)
 Moving a competitor’s boat away from any designated parking areas (SIs)
 Modification or substitution of measured equipment without authorisation (SIs)
 Tampering with or measuring other competitors boats without their permission (rule 69)
 Using social media or any other medium to broadcast material that is unsportsmanlike or likely to bring the sport of sailing into disrepute (rule 69)

プロテスト審問をもたらす可能性がある支援者の行動例;
レース・オフィシャル、ヴォランティアー、他の競技者または支援者を罵倒したり、圧力をかけたりすること(規則69および/または帆走指示書)
準備信号以降いかなる方法であれ競技者を支援すること(病気、傷害または危険にある状態を除く)(規則41 
支援艇規程に従わないこと(帆走指示書)
競技艇を指定された艇置き場から移動させること(帆走指示書)
計測された装備を許可なく改変したり、置き換えたりすること(帆走指示書) 
他の競技者の艇を許可なくいじくったり、計測したりすること(規則69
スポーツマンらしくない、またはセーリング・スポーツの名誉を傷つけるようなデータを広める目的でソーシャル・メディアとか他の媒体物を使用すること(規則69

RYA-Racing Rules Guidance, Support Persons: 「RYA-Guidance-Support-Persons-12.16.pdf」をダウンロード
RRS Changes:「afloat_ie_item_3060420172020isafrulebookchanges_2.pdf」をダウンロード
Compliants Commissioners Decision -America's Cup 2013:「140402_ynz_compliants_commissioners_decision_americas_cup.zip」をダウンロード


関連記事:2016-07-07Racing Rules of Sailing 2017-2020http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/racing-rules-of.html

参考記事:利害関係(Conflict of Interest)
2011-01-29「読者からの質問と回答 「抗議審問の利害関係者」 - Interested Partyhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-338c.html
2013-02-12『読者からの質問と回答 「プロテスト委員が利害関係者である場合」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-4234.html

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

「規則21:免罪」事例 その2

2017-01-25付『読者からの質問と回答 「規則21:免罪の改定」』において、新RRS2017-2020の規則21(免罪)が第2章C節からD節へ移項されたことを紹介しました。
内容的になかなか難解であるため、他の例を追加しておきます。
リーズナブルな変更であることが理解でき、また、予ねてよりの懸案であった『両艇規則違反』のケースにも一定の解“が示されているのではないでしょうか。

Rule 21 (Exoneration) Change in the 2017-2020 Racing Rules of Sailing:「rule21_dave_dick_rob.pdf」をダウンロード

Rule211_1   Rule211_2 Rule211_3 Rule211_4 Rule211_5
関連記事:
2017-01-25『「規則21:免罪」事例 その1http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/21-1-3881.html
2017-01-20『
読者からの質問と回答 「規則21:免罪の改定」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/21-c6af.html

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

RRSはどの時点から適用されるのか?

Jpeg_4RRSはどの時点から適用されるのか?

レーシング・ルール(RRS)の中で、最もGameに影響する規則は第2章/艇が出会った場合(航路権規則)である。今回その前文が改定された。

1.新旧2前文の比較
2013-2016 2章前文
2章の規則は、艇がレース・エリア内、またはその近くを帆走していて、レースをしようとしているか、レース中か、またはレースをしていた艇間に適用する。ただし、レース中でない艇は、規則24.1の場合を除き、第2章の規則のいずれかに違反したとしてもペナルティーを課せられることはない。

2017-2020 2章前文
2章の規則は、艇がレース・エリア内、またはその近くを帆走していて、レースをしようとしているか、レース中か、またはレースをしていた艇間に適用する。ただし、レース中でない艇は、インシデントにより傷害または重大な損傷が起きた場合の規則14または規則24.1の場合を除き、第2章の規則のいずれかに違反したとしてもペナルティーを課せられることはない。

要は、「インシデントにより傷害または重大な損傷が起きた場合の規則14」の違反が、ペナルティーの対象に加えられただけである。<規則14:接触の回避、規則24.1:レース中の艇への妨害>

2.前文の解釈
・ まず『第2章の規則が適用されるのはレース中であり、それは準備信号が発せられた時点からフィニッシュするまで』と まかに 解釈するのは、それなりに正しい。
・ 
そうであれば、レース中でない艇は規則に違反しようが、しないが同じことなのか?
・ レース中でない艇は、・・・・、第2章の規則のいずれかに違反したとしてもペナルティーを課せられることはない、とは何を意味するのか?
の疑問が生じてくる。

3.予告信号の前に起きたインシデントの例
ISAF Q&A J11 2010-29:
予告信号の前に起きたインシデントの救済
質問

レースの予告信号の2-3分前、レースでスタートしようとしている2艇間にポート・スターボードの衝突があった。
スターボード・タック艇に重大な損傷があり、その艇は損傷のためそのレースでスタートすることができなかった。スタートすることができなかったレースで、その艇は救済の資格があるか?
ポート・タック艇はそのままスタートし、フィニッシュしたが、ペナルティーは課せられないのか?

■ 
2013-2016に基づく結論と適用規則・判決

1.
インシデントが発生した時点は予告信号の2分前であり、場所はスタート・ラインの風下5mであった。よって第2章の前文に基づき両艇はスタートしようとしていた。
2.
スターボード・タックであった航路権艇は、何ら規則に違反せず、自身の過失でなく物理的損傷を被ったため、規則62.1(b) に基づき救済が与えられる。
3.
ポート・タック艇は、規則10および規則14に違反した。しかしながら、レース中ではなかったため、第2章規則の前文に従いペナルティーは課さない。

■ 2017-2020に基づく結論と適用規則・判決
1.
インシデントが発生した時点は予告信号の2分前であり、場所はスタート・ラインの風下5mであった。よって第2章の前文に基づき両艇はスタートしようとしていた。<旧と同じ>
2.
スターボード・タックであった航路権艇は、何ら規則に違反せず、自身の過失でなく物理的損傷を被ったため、規則62.1(b) に基づき救済が与えられる。<旧と同じ>
3.
ポート・タック艇は、規則10および規則14に違反した。よって失格(DSQ)とする。

■ 旧規則では、
違反した艇に何のペナルティーも課せられないので、違反しなかったと同じである、適切でない表現かも知れないが「やり得」。
・ 新規則であれば、違反艇はインシデントにより傷害または重大な損傷が起きた場合の規則14違反に該当するため、ペナルティーが課せられる。
・ 
すなわち接触の回避はレース中でない時点でも適用される。よりリーズナブルな改定といってよい。

4.まとめ
RRSの規則は第1章から第7章まであるが、すべての規則が大会およびレースのあらゆるシーンで適用される訳ではない。大会の進行に沿って、適用される規則が取捨選択される。
Gameに大きな影響を与える航路権規則は、レース中は当然のことであるが、レースをしようとしている艇レースをしていた艇にも適用される。
今般の2章航路権規則の改定を機に、「RRSはどの時点から適用されるのか?」として纏めてみた。
くれぐれも思わぬ落とし穴にかかりませんように!

RRSはどの時点から適用されるのか?pdf:「rrs20172020whileracing.pdf」をダウンロード

関連記事:2010-09-13RRS2章の規則はどの時点から適用されるのか?」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/rrs2-2c14.html

| | コメント (0)

«「規則21:免罪」事例 その1