« Rule Quiz 1: Which is the R-O-W boat? (どちらが航路権艇?) | トップページ | 第2章C節 “マークおよび障害物において"(RRS 18,19,20)”を適用するSNAPSHOT »

2009年1月26日 (月)

ARGUMENT about MARK-ROOM ROUNDING between USA and UK? (マークルーム回航についての議論)

Markroom_rounding ARGUMENT about MARK-ROOM ROUNDING between USA and UK, Seamanlike way or Tactical "swing wide-cut close" way?

USA: Dick Rose (USA) says in Sailing World Magazine,

"Pam (windward/inside boat) is entitled to mark-room but is only permitted to make a "seamanlike" approach to the mark and not the "tactical" approach she would prefer to make."

Dloadnowbutton_65 :「MarkRoomUS.pdf」をダウンロード

〈Pam(風上/内側艇)はマークルームを得る資格があるが、マークへ" シーマンライク "な接近を許されているだけで、好きなように" 戦術的な" 接近は許されていない。〉

UK: John Doerr (UK) says on www.yachtingworld.com,

"Now a boat entitled to room at a mark must be given sufficient room to be able to sail her proper course around the mark (wide in, tight out), even if she is the give-way boat. This means that a windward boat inside a leeward boat, or a port tack boat inside a starboard boat at a leeward mark, are entitled to more room than under the current rule."

Dloadnowbutton_66 :「MarkRoomUK.pdf」をダウンロード

〈これからは、ルームを得る資格がある艇は、マークをプロパー・コースで回航する(広がって入り、詰めて出る)帆走ができるに足りる十分なルームを与えられるに違いない、たとえその艇が非権利艇であるとしても。このことは、風下艇の内側/風上艇、または風下艇マークにおいてスターボード・タック艇の内側/ポート・タック艇が現行の規則に基づく以上にルームを得る資格がある、という結果となる。〉

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Dave Perry says in his “Understanding the Racing Rules of Sailing through 2012” book,

Quotation from Page 158, WHEN THE OUTSIDE BOAT IS THE RIGHT-OF-WAY BOAT:

〈外側艇が航路権艇の場合〉

When the outside boat has the right-of-way, she only needs to give the inside boat mark-room; and no more space than that. Note that rule 18.2(a) and 18.2(b) do not shift the right-of-way from the outside/right-of-way boat to the inside boat. If a keep-clear boat sails farther than from the mark than allowed under mark-room, the rules of Section C no longer apply to her and she is subject to the rules of Section A and B. 

〈外側艇が航路権を持っている場合、その艇は内側艇にマークルームを与える必要があるだけで、それ以上のスペースを与える必要はない。注意しなければならないのは、規則18.2(a)および18.2(b)は、航路権を外側/航路権艇から内側艇に移転するものではない、ということである。もし、避けている艇がマークルームに基づいて許されている以上にマークから離れて帆走するならば、C節の規則はもはやその艇に適用せず、A節およびB節の規則に従わなければならない。〉

And also there is an attached diagram (at a situation of rounding leeward mark);

-       WI is the windward/inside boat. Because she does not have right-of-way over LO, she is entitled only to enough space to sail to the mark in a seamanlike way, as opposed to the space she might like to take in order to make a tactical “swing wide-cut close” type of rounding. WI is taking too much room while sailing to the mark, and by hitting the leeward boat she breaks rules 11 and 14.

〈そしてまた、添付されたダイアグラム、(風下マークの回航の場面における)では:

-WIは風上/内側艇である。その艇はLO(風下/外側艇)に対し航路権を持っていないので、シーマンライクな方法マークに帆走するために十分なスペースを得る資格のみがあり、戦術的な“スイング・ワイドカット・クロース”型の回航をするために取りたいスペースとは異なるものである。WIはマークへ帆走する間、あまりにも多くのルームを取り続け、また風下艇に衝突したことによって、規則11および14に違反する。〉

Brian Willis says in his “Rules in Practice 2009-2012” book,

Quotation from Page 76, "At position 1 you have an inside overlap. Although you remain the keep-clear boat, B must give you the amount of space you need ‘while manoeuvring promptly in a seamanlike way’. (Rule 18.2(b) & definition of ‘mark-room’)"

〈位置1において、A艇は内側にオーバーラップしている。たとえA艇がまだ避けている艇であっても、B艇は、A艇に“シーマンライクな方法で速やかに操船している間に”必要なスペースだけは与えなければならない。(規則18.2(b)&“マークルーム”の定義)〉

Dloadnowbutton_67 :「RulesinPracticeSample.pfd.pdf」をダウンロード

*The majority opinion may be "UK is wrong".

sen yamaoka

|

« Rule Quiz 1: Which is the R-O-W boat? (どちらが航路権艇?) | トップページ | 第2章C節 “マークおよび障害物において"(RRS 18,19,20)”を適用するSNAPSHOT »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532886/43862558

この記事へのトラックバック一覧です: ARGUMENT about MARK-ROOM ROUNDING between USA and UK? (マークルーム回航についての議論):

« Rule Quiz 1: Which is the R-O-W boat? (どちらが航路権艇?) | トップページ | 第2章C節 “マークおよび障害物において"(RRS 18,19,20)”を適用するSNAPSHOT »