« デイブ・ペリーの新ルール解説ビデオ (Dave Perry on Sailgroove.org) | トップページ | SPEED & Smarts Racing Rules Test (ルールテスト)  »

2009年3月10日 (火)

続報 : ZONE (ゾーン)は何艇身になるの? スナイプ・クラス

Blog, 226日付け ZONE (ゾーン)は何艇身になるの?」で、スナイプ・クラスのゾーン(2艇身)をとりあげましたが、3月になってSCIRAの公式Web上で修正がありました。

2月の時点で、SCIRA (Snipe Class International Racing Association: 国際スナイプクラス協会)のクラス規則の一つである、Standard Sailing Instructions Templete(標準帆走指示書)の第一項、規則には、
1.1 Under rule 86.1(b), in the definition Zone the distance is changed to Two hull lenghts (定義ゾーンは、その距離を2艇身に変更する)
とされていましたが、この項は削除され、最終的にはRRSどおり、すなわち3艇身ゾーンになりました。

最新Newsということで、記事とした訳ですが、結果的には特にお知らせすることではないことになってしまいました。スナイプ・セーラーにとっては重要なことですから、各国からの指摘に基づき最終的に新RRS準拠に落ち着いたのでしょう(?)。

3月再修正のStandard Sailing Instructions Templete:「2009_new_sailing_instruction_template.doc」をダウンロード

---------------------------------------------------------
今回の『ゾーンの2艇身から3艇身への拡大』についてまとめてみると、

1. RRSの基本は3艇身であること

2. RRSで許されている"2"ないし"4"艇身への変更は、

  特別な環境・状況を満たす目的でおこなわれること(帆走指示書において)、すなわち

  割増しのエリアを必要とするハイ・パーフォーマンス艇の4艇身 (たとえばカタマラン艇)

  3艇身のスペースがとりにくい制限された状況での2艇身 (たとえば極めて狭いレースエリア)

3. 基本的には、各クラスの特性により3艇身より小さくなる、ことはないだろう

ということになります。

ただし既報のとおり、マッチ・レースおよびチーム・レースではその付則C, Dにおいて「定義『ゾーン』の距離を2艇身に変更する」とされており、ラジオコントロール艇付則には「4艇身」とある。

世界選手権、大陸選手権において、フリート・レースとチーム・レースが「ペア」で公式種目になっているOPTIMIST, I14 (International 14)等においては、選手の頭と体の切り替えは大変? ? ? オプティ・セーラー諸君諸嬢、頑張ってマスターしてください。

|

« デイブ・ペリーの新ルール解説ビデオ (Dave Perry on Sailgroove.org) | トップページ | SPEED & Smarts Racing Rules Test (ルールテスト)  »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デイブ・ペリーの新ルール解説ビデオ (Dave Perry on Sailgroove.org) | トップページ | SPEED & Smarts Racing Rules Test (ルールテスト)  »