« 抗議書シリーズ1 「フィニッシュ・マークとの接触と免罪」 | トップページ | 抗議書シリーズ3 「障害物を通過するためのルーム」 »

2009年9月16日 (水)

抗議書シリーズ2 「フィニッシュと正常な位置にある装備」

抗議書シリーズ2「フィニッシュと正常な位置にある装備」

Series_2_protest_page1_jpegインシデントの詳細:
3レースのフィニッシュにおいて、自艇Aは相手艇Bよりも以前に、自艇Aのスピンセールがフィニッシュ・ラインを切り、先行しフィニッシュしたが、レース委員会は相手艇Bのバウが、自艇Aのバウよりも先にフィニッシュしたと判断した。
相手艇Bは、フィニッシュ時、スピンセールがジブセールにはりついており、通常のセーリング状態であった自艇Aのスピンセールでとられるべきである。

認定した事実:
Series_2_protest_page2_jpeg ① 艇A(内側艇)、艇B(中間艇)および艇C(外側艇)は、スターボード・タックのランニングで、オーバーラップし、右側のフィニッシュ・マーク(レース委員会ボート)にアプローチしていた。
② 最初に、艇Aと艇Bのスピネーカーが同時にフィニッシュ・ラインを横切った。レース委員会は「艇Aと艇Bを同着1位」と記録した。
③ 同時に、艇Aと艇Bのスピネーカーが重複していたため、両艇のバウがフィニッシュ・ラインを横切った時の順位として、「艇Bを1位、艇Aを2位」として記録した。
④ 次に、艇Cのスピネーカーがフィニッシュ・ラインを横切った。レース委員会は「艇Cを3位」と記録した。
⑤ レース委員会は暫定成績として、上記③および④によって、「1位 艇B2位 艇A3位 艇C、・・」の順位を公示した。

結論と適用規則:.
① 定義:フィニッシュには「艇体、または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部が、最終マークからのコースの方向でフィニッシュ・ラインを横切るとき」とある。当フィニッシュにおいては、3艇ともスピネーカーは正常な位置にあり、かつバウより先に出ていたため、スピネーカーがラインを横切った時がフィニッシュである。
② スピネーカーがラインを横切った順位は、「艇Aと艇Bは同着1位」「艇Cは3位」である。
③ バウがフィニッシュ・ラインを横切った時の順位として公示した暫定成績は、レース委員会の誤りである。
Img_2483 ④ 艇Aに対し、規則62.1(a) に基づき、救済を与える。
⑤ 艇Bに対しては、規則64.2に基づき、調整を行う。

判 決:
次の救済を与える : 艇Aおよび艇Bに、1位の得点1点と2位の得点2点の合計である3点を2艇で割った「1.5点」を各々与える。(付則A7
Cの得点(3点)および他艇の得点は変更しない。(付則A6.2

(解説)
1. 救済要求をした艇の主張は、
① ランニングで、スピネーカーを張ってフィニッシュした時のフィニッシュ順位は、艇のどの部分でとるのか?
② また、スピネーカーが風をはらんでいない状態は正常な位置であるのか?
を問うたものである。

Img_24842. RRS定義:フィニッシュは「艇体、または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部が、次のいずれかの場合で最終マークからのコースの方向でフィニッシュ・ラインを横切るとき、艇はフィニッシュするという。・最初のとき ・規則44.2に基づきペナルティーを履行した後 ・規則28.1に基づいてフィニッシュ・ラインで行った誤りを正した後」とある。
3. このインシデントにおいては、艇Aのスピネーカーは風をはらんでおり、一方艇Bのスピネーカーは艇Cのブランケットにあったため風をはらんでいなかった。
4. 「正常な位置」とは、その場面での風と海面を前提として、通常にある乗員または艤装品の位置である。
従って、例えば追い風で接戦しながらまさにフィニッシュしようとする時に突然スピネーカーのハリヤードとかシート(ガイ)を繰り出すとか、微風で風上フィニッシュしようとしている時に突然クルーがトラピーズを利用し乗り出して、クルーの頭部(または手)でラインを横切る、というやり方は正常な位置とは言えない。
5. ただし、急な風の振れに合わすために、スピネーカーを降下する際に一時的にスピネーカーが艇の前方まで飛ぶようなケースにおいては、飛んだ状態での位置が正常な位置である、という特別な事例がある。なぜならば、その動作はその場面での風と海面を前提としていると考えられるからである。

6. 当ケースにおいて、艇Bのスピネーカーが艇Cのブランケットに入ったため風をはらまなかったのは、通常の帆走状態で起きたものである。
7. よって当抗議では、両艇のスピネーカーは正常な位置にあり、レース委員会が両艇のスピネーカーがフィニッシュ・ラインを横切った時刻を記録に残していたため、それに基づき救済措置が行われた。

抗議書 左ページ Dloadnowbutton_54「series_2_protest_page1_jpeg.jpg」をダウンロード  
抗議書 右ページ Dloadnowbutton_55「series_2_protest_page2.pdf」をダウンロード

2013-10-30 右写真2枚追加

|

« 抗議書シリーズ1 「フィニッシュ・マークとの接触と免罪」 | トップページ | 抗議書シリーズ3 「障害物を通過するためのルーム」 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 抗議書シリーズ1 「フィニッシュ・マークとの接触と免罪」 | トップページ | 抗議書シリーズ3 「障害物を通過するためのルーム」 »