« 抗議書シリーズ2 「フィニッシュと正常な位置にある装備」 | トップページ | iShares Cup at Amsterdam »

2009年9月17日 (木)

抗議書シリーズ3 「障害物を通過するためのルーム」

抗議書シリーズ3「障害物を通過するためのルーム」

Kk_s41_jpegインシデントの詳細:
自艇と被抗議艇は第5マークにむかいオーバーラップしながらスターボで帆走していた。
下から帆走してきた艇が自艇のすぐ風下でポートからスターボにタックをかえしてきたため、自艇は被抗議艇に「障害物をよけるためのルームを与えろ」と声をかけたが、被抗議艇はルームをくれずに「下」と声をかけてきたため、さけきれずに自艇と被抗議艇の接触があった。よって3024919.2(b)に違反しているためプロテストします。

認定した事実:
Kk_s42_jpeg ① 艇30711および艇30249は、スターボード・タックのクオーターで、艇30711が風上、艇30249が風下でオーバーラップし、風下にあるマーク5にアプローチしていた。
② 風下からポート・タックで近づいていた艇30679が、風上の両艇との間隔が2艇身を切った状態でタッキングし、スターボード・タックの風下・航路権艇となった。3艇は衝突のコースにあった。
③ 艇30711は、艇30249に対し「障害物を避けるためのルームを与えよ」と声をかけた。
④ 艇30249は、「下」と応答し、コースを維持した。
⑤ 艇30711は艇30679との衝突を回避するためベアウエイし、艇30249のスターンを通過しようとしたが、艇30711の左舷と艇30249の右舷が接触した。
⑥ 両艇とも、接触による損傷および障害はなかった。

プロテスト委員会の見取図を添付する X

結論と適用規則:
Kk_s43 ① 艇30711の外側にオーバーラップした艇30249は、艇30711に自艇と障害物の間を通過するルームを与えなかった。
30249は規則19.2(b)に違反した。
② 艇30711は、規則11に違反した。しかしながら、この違反は艇30249の規則違反により強制されたので規則64.1(c)に基づき免罪される。
③ 規則14に関しては、
30249は、接触を回避することが常識的に可能だったため規則14に違反したが、接触による損傷および障害がなかったので、規則14(b)に基づきペナルティーを課さない。
30711は、接触を回避することが常識的に可能でなかったため、規則14には違反していない。

判 決:
抗議 :  ......3 ....... レースにおいて艇 (複数).....艇30249... を失格とする  X

(解説)
1. 本年のRRS2009-2012において全面的な改訂がなされた『マークおよび障害物に対処する第2C節(規則18, 19 および新20)』の規則19「障害物を通過するためのルーム」に関わるプロテストである。

2. 類似(風向が逆)の例が、ISAF CASE BOOK Case 11にあるので参照されたい。
http://game.finckh.net/reg_gbr/cases/case11.htm

3. Play the Rules 上級19にも説明がある。
http://game.finckh.net/situat/alle_jpn.htm

Playtherules_s19Question: 青色艇は、赤色艇に緑色艇の後方を通過するためのルームを与えなければならないか?

Answer: はい。緑色艇は青色艇と赤色艇の両艇にとって障害物である。それゆえに規則19.2(b) が適用され、青色艇は赤色艇にルームを与えなければならない。Case 11も参照。しかしながら、もし青色艇がタックするためのルームを求めて声をかけたならば、赤色艇は規則20.1 にしたがってタックしなければならなかっただろう。

抗議書 左ページDloadnowbutton_3「kk_s41_jpeg.jpg」をダウンロード 
抗議書 右ページDloadnowbutton_4「kk_s42.pdf」をダウンロード 
抗議書 見取図Dloadnowbutton_2「kk_s43.JPG」をダウンロード

|

« 抗議書シリーズ2 「フィニッシュと正常な位置にある装備」 | トップページ | iShares Cup at Amsterdam »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 抗議書シリーズ2 「フィニッシュと正常な位置にある装備」 | トップページ | iShares Cup at Amsterdam »