« 読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム---その2」 | トップページ | 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

2009年11月 4日 (水)

読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム---その3」

Rrs_20_excel_jpeg 規則20「障害物においてタックするためのルーム」について下記記事で解説しました。
2009-06-17記事:『読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム1」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/a.html

2009-11-03記事:『読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム---その2」』
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/20-80c9.html

今回これらの“まとめ”として『RRS20チャート』を作成しました。参考にしてください。
RRS20チャート pdf Dloadnowbutton_4「rrs_20_excel.pdf」をダウンロード   

------------------------------------------------------
RRS 規則20
20 障害物においてタックするためのルーム
20.1  声をかけることと応じること

    障害物に近づいている場合、クロースホールドまたはそれ以上風上に向かって帆走している艇は、タックするためのルームを求めて声をかけることで、同一タックの他艇を回避することができる。声をかけた後、
    (a)声をかけた艇は、声をかけられた艇が応じる時間を与えなければならない。
    (b)声をかけられた艇は、次のいずれかで応じなければならない。   
      ・できるだけ早くタックする。 ・直ちに"ユー・タック(タックせよ)"と答え、声をかけた艇にタックするためのルームを与えて、その艇を回避する。
    (c)声をかけられた艇が応じた場合、声をかけた艇はできるだけ早くタックしなければならない。
20.2  免罪
    規則20.1(b)に基づくルームを得る資格のある艇がルームを帆走している場合、A節の規則または規則15あるいは16に違反したとしても、免罪されなければならない。
20.3  声を掛けてはならない場合
    艇は、安全上、障害物を回避するためにコースを大幅に変更する必要があるときでなければ、声をかけてはならない。また、その障害物が、声をかけられた艇がフェッチングしているマークである場合には、声をかけてはならない。

C節(前文)
マークおよび障害物において

C節の規則は航行可能な水面に囲まれたスタート・マークまたはそのアンカー・ラインにおいては、艇がスタートするためにそれらに近づいている時点から通過し終わるまで適用しない。規則20を適用する場合、規則18および19は適用しない。
--------------------------------------------------------------------------------

Rrs_20_ppt_jpeg_3 〈参考記事〉2009-01-25:RYA What's New for 2009!〈セーリング競技規則2009 最新情報〉- PowerPointプレゼンテーション」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/cocolog.html 

RRS20抜粋-PowerPoint : Dloadnowbutton_27 「rrs_20_ppt.ppt」をダウンロード 

|

« 読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム---その2」 | トップページ | 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読者からの質問と回答 「RRS20 障害物においてタックするためのルーム---その2」 | トップページ | 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »