« Dutch clipper ship Stad Amsterdam exclusion zone for Sydney harbour | トップページ | 「第35回 舵杯ヨットレース2010」&「8th Kazi Cup Junior Yacht Race」 »

2010年2月21日 (日)

2010 Rule changes その6 - Obstruction (障害物 その2)

2009-11-26記事「The Racing Rules of Sailing for 2009-2012 - Amendments Effective 1 January 2010 RRS修正 2010-01-01 発効)」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/the-racing-ru-1.htmlで、201011日からのRRS修正を紹介し、各規則を順次解説してきました。その中で『定義:障害物の修正』については2010-01-22記事「2010 Rule changes その2 - Obstruction (障害物)」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/copy.htmlでとりあげましたが、今回新しい解説を入手しました。 少々難解ですが、なるほどと感心する解説です!

標題 『ISAFは、レース規則に実在する抜け穴をふさいだ!』

ISAF Implements Two Important Rule Changes
Obstruction_diagram_jpeg_2  ISAF plugs a few substantial loopholes in the Racing Rules. From the Experts in our January/February 2010 issue
2010/01/19
By Dick Rose

The second diagram shows a situation in which that tactic could be applied. On a beat and well away from all marks, Steve and Stan are overlapped on starboard tack and on a collision course with Paula, on port tack. Steve wants to tack to leeward of Paula, but he can't tack because Stan is blocking him from doing so.
Under the 2009 definition of obstruction, at Position 1 Paula was not an obstruction to Steve and Stan because she did not have right of way over them and they were not required to give her room or mark-room. Therefore, at Position 1 Steve could not use Rule 20.1 to hail for room to tack.
What team racers discovered was this: If Steve luffed Stan and Stan luffed in response—under the 2009 definition—Paula became an obstruction because both Steve and Stan were then right-of-way boats changing course and therefore obligated to give Paula room to keep clear under Rule 16.1. So, in 2009, if Steve hailed, "room to tack" while he was luffing Stan, then Stan would have been required by Rule 20.1 to tack and give Steve room to tack to leeward of Paula.
Rule 20 is essentially a safety rule, and was not intended to be used in this situation. Under the new definition, Paula doesn't become an obstruction when Steve and Stan luff, and Steve isn't permitted to use Rule 20.1 to force Stan to give him room to tack.

2番目のダイアグラムは、ある戦術が適用される可能性がある場面を示している。ビートですべてのマークからかなり離れている状況で、SteveStanはスターボード・タックでオーバーラップし、ポート・タックのPaulaと衝突するコースにある。StevePaulaの風下にタックしたい、しかしタックはできない、なぜならStanがそうすることを妨げているからである。

2009年の障害物の定義に基づくと、位置1においてPaulaSteveStanにとって障害物ではなかった、なぜならPaulaSteveStanに航路権がなく、SteveStanPaulaにルームまたはマークルームを与える必要はなかったからである。それゆえに、位置1においてSteveはルーム・ツー・タックの声をかけるために規則20.1は使えなかった。

ここでチーム・レーサーたちが発見したのは次のことである: もしSteveがラフしStanがそれに応じてラフしたならば-2009の定義に基づくと-Paulaは障害物となった、なぜならSteveStanの両艇はそのときはコース変更中の航路権艇で、それゆえ規則16.1に基づき、Paulaに避けているためのルームを与える義務があったからである。そこで、2009において、もしSteveStanの方にラフしながら“ルーム・ツー・タック”の声をかけたならば、そこでStanは規則20.1に基づきタックし、StevePaulaの風下にタックするためのルームを与える必要があったであろう。

規則20は本質的な安全規則であり、このような場面で使われることは意図していなかった。新しい定義に基づくと、SteveStanがラフする場合Paulaは障害物にはならない、SteveStanにタックするためのルームを与えるよう強いるために規則20.1を使うことはできない。
〈注:Paulaは航路権艇ではなく、ルームを与える必要がある艇に過ぎないからである。〉

この例は、2010-01-19記事「2010 Rule changes その1 – Rule 18.2(c)http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010-rule-chang.htmlでも紹介したように、主として“チーム・レーサーの戦術”として2009年規則を「規則の言い回しの所為で、本来意図されたものではない」使われ方があった。今回、これらを防ぐ意味から急遽改訂をせざるを得なくなったものである。なお、当原文の前半の記事は上記Rule 18.2(c)で解説済みのため、今回は割愛している。

それにしても、まあ色々と考えるものです。良く言えば「ルールを熟知し、駆使する」、悪く言えば「ルールの抜け穴をみつけ、知らない人の裏を掻く」ことになりますか・・・。脱帽。

Article COPY Dloadnowbutton_2 :「isaf_implement_two_im.pdf」をダウンロード
〈引用〉
www.SailingWorld.com

なお、上記のダイアグラムが反転しているような下記CASE3は「規則20の典型的適用例」として有名で、このケースの場合はなんら変更はありません。為念。 

Case_3_2Case3 COPY Dloadnowbutton_3 :「case_3_eng_jpn.pdf」をダウンロード 「case_3_jpn.pdf」をダウンロード

|

« Dutch clipper ship Stad Amsterdam exclusion zone for Sydney harbour | トップページ | 「第35回 舵杯ヨットレース2010」&「8th Kazi Cup Junior Yacht Race」 »

Racing Rules of Sailing (RRS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dutch clipper ship Stad Amsterdam exclusion zone for Sydney harbour | トップページ | 「第35回 舵杯ヨットレース2010」&「8th Kazi Cup Junior Yacht Race」 »