« 「第1回 ユース・オリンピック」-The First YOUTH OLYMPIC GAMES | トップページ | Japan O'pen BIC Cup 2010年度 第2戦・第3戦 »

2010年4月13日 (火)

読者からの質問と回答 「ISAF Sailor Classification」

Http__www_sailing_org_20100413035_2 読者からの質問:
>下記内容について教えてください。 
>ISAF41日に変更した件において、 
>Group1Group2Group3

>今年ワールドに2艇出場予定のことから関係してくると思います。 
>よろしくお願い申し上げます。 

編集者による回答:
ISAF Sailor Classification
ISAF セーラー分類規定)は、セーラーをアマチュアとプロフェショナルに分類するための規定です。
当規定には「大会でISAF セーラー分類規定を採用する場合、レース公示に記載しなければならない。ただし、すでにクラス規則に規定されている場合を除く。」とあり、とくにワン・デザインクラスのレガッタにおいて、プロの乗艇人数を制限したり、プロのヘルム(操舵)を禁止したりすることによって、乗員構成をアマチュア主体に、またヘルムを制限するために、この分類コードが使用されます。
グループ1 はアマチュアセーラー、グループ3 はセーリングにて報酬を得ている(ペイドされている)プロフェッショナルセーラーを示します。その中間にあったのがグループ2 でした。
201041日の規定改訂において、グループ2 が削除され、グループ1 3 に振り分けられ、より具体的表現の内容になりました。従来グループ2 に登録していたセーラーは、いずれかに再登録しなければなりません。

通常はクラス規則の中で「プロフェッショナルセーラーの乗艇人数あるいは操舵(ヘルム)を制限したり、オーナーを限定したり」していますが、クラス規則には記述がなく、大会用の標準レース公示および帆走指示書において制限しているケースもあります。
因みに国内でみかけるワン・デザインクラスのクラス規則を参照してみると、プロフェッショナルセーラーの乗艇人数が、Melges323人、X-352人、Farr404人、RC44では3人以内となっています(今回の改訂に伴い今後変更の可能性あり)。
また、Melges24では、標準レース公示および帆走指示書で『操舵の制限』をしています。
新旧規定および各クラス規則(抜粋)PDF
isaf_sailor_classification_code_updated_with_group_2_to_be_eliminated.pdf」をダウンロード



--------------------------------------------------------------------------------------------

ISAF Sailor Classification Code 201041日から) 
22. ISAF セーラー分類規定
競技者の分類
22.2 競技者の分類は、次の通りに決定されるものとする:

22.2.1 グループ1
(a) 下記に規定された者以外で、グループ1 の競技者は、資格期間を満了し、かつ以下を満たす競技者とする:
            
(i) 単に娯楽としてレースに参加している競技者で;かつ
            
(ii) その仕事は、レースまたはシリーズでの艇の性能を向上させる知識や技量を必要としない。
(b) 資格期間中に競技者の仕事がマリーン・ビジネスまたはマリーン組織にかかわっていた競技者はグループ1とする、ただし2222の理由によってグループ3 ではないという条件である。
(c) ただし、満24 歳になる前に、資格期間中にグループ3 の活動に100日以下しか従事しなかった競技者はグループ1 の競技者とし、また満18 歳未満の競技者はグループ1 の競技者とする。
22.2.2 グループ3
グループ3 の競技者は、資格期間中に次のいずれかであった競技者とする。
(a) 次のことを含む仕事で報酬を得ていた;
          
(i) レースで競技すること。
          
(ii) レースのために艇、その乗員、セールまたは装備の管理、訓練、練習、チューニング、試験、保守またはその他の準備をし、その後その艇またはチーム競技の場合には同じチームの艇で競技したこと。または、
(b) 次のことで報酬を得ていた;
          
(i) レースのために艇、またはそのセールを供給すること;または
          
(ii) レースのために艇、またはそのセールを供給することに関連したサービスすること;そして
          
() その後その艇、またはチーム競技の場合には同じチームの艇で競技したこと。
ただし、艇のオーナーとして、レース競技に艇を支給するために時折チャーター・フィーを得ているグループ1 の競技者は、自身がその競技会でその艇の舵を持たない場合、グループ1の競技者のままでもよい。競技会がチーム大会の場合、この制度は、同一のチームにおいて、チャーター艇としてのいかなる艇の舵を持たない場合のみ適用しなければならない;または
(c) マリーン・ビジネスまたはマリーン組織において、次の知識や技量を必要とする仕事で報酬を得ていた;
          
(i) レースにおいて艇の性能を向上させる能力のある;かつ
          
(ii) レース中の艇に乗艇している間、競技者によって利用できる可能性のあるもの;または、
(d) 次のコーチを含む仕事で報酬を得ていた
          
(i) 次のいずれかにおいて、準備または競技のため、競技者、乗組員またはチームのために;
          
-オリンピックおよびパラリンピックのセーリング競技および予選大会;
          
-地域大会;
          
-アメリカス・カップ・マッチ、大会およびシリーズ;
          
-グレード1マッチレース大会;
          
ISAFクラスの世界および大陸選手権;
          
ISAF大会;
          
-世界または大洋間レース;または
          
(ii) ナショナルまたは州または地域チーム;または
          
() カレッジまたは大学チームにおける仕事が、競技者の活動に対する主な報酬である;または
(e) 製品またはサービスの広告または販売促進のために、彼もしくは彼女の帆走のでき栄え、セール・レースの結果またはセーリングの評判と関連して、自分の名前または肖像の使用を許可することで報酬を得ていた;または
(f) 彼もしくは彼女自身が、グループ3 の競技者またはプロフェショナル・レーシング・セーラーとして公に認められている。
ISAF Sailor Classification : http://www.sailing.org/classification/
ISAF Sailor Classification Copy Dloadnowbutton_2 :「classificationcode2010isaf8561.pdf」をダウンロード 

Melges32 One Design Class Rules 2010:http://www.melges32.com/?p=form-appendix
X35 Class Rules 2009 Dloadnowbutton_3 :「2009_x35_class_rules_010409.pdf」をダウンロード
Melges24 Standard NoR&SIs Dloadnowbutton_5 :「2009-M24-Standard-NOR-SIs-Appendicies-200907.pdf」をダウンロード

|

« 「第1回 ユース・オリンピック」-The First YOUTH OLYMPIC GAMES | トップページ | Japan O'pen BIC Cup 2010年度 第2戦・第3戦 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「第1回 ユース・オリンピック」-The First YOUTH OLYMPIC GAMES | トップページ | Japan O'pen BIC Cup 2010年度 第2戦・第3戦 »