« 実践ルール講座シリーズ⑤最終回 - 規則19.1, 19.2(c), 20  | トップページ | 再: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

2010年5月28日 (金)

読者からの質問と回答 「ロールタック・ロールジャイブと規則42」

読者からの質問:
>ロールタック・ロールジャイブにおける、規則42「推進方法の解釈」について教えて下さい。

42.3 例外
(b) 艇の乗員は、タックまたはジャイブ中に、艇の操舵を容易にするローリングを大きくするために身体を動かしてもよい。ただし、そのタックまたはジャイブを完了した直後に、艇のスピードがタックまたはジャイブをしなかったときに較べて速くならないような身体の動かし方に限る。

解釈(タッキング中またはジャイビング中のローリング)
・ロック8
ローリングを大きくして、タックまたはジャイブを完了した時にそのタックまたはジャイブ直前と同じスピードになるような身体の動きは許される。

・ロック9
タックまたはジャイブを完了した時に、マストが垂直な位置を越えて風上に動くことは許される。
となっておりますが、

>マストは艇の左右方向に対して、以下の通り1.5往復しております。
・タック開始前 古い風下
  ↓
・タック中   新しい風下
  ↓
・タック後   新しい風上……クローズホールドのコースで、「ロック9」の状態になっている。
  ↓
・その後    新しい風下

【質問1】 タック完了後の「ロック9」の状態(マストが垂直な位置を越えて風上にある-アンチヒールの)状態から、艇をフラットもしくは少しオーバーヒールの状態へ素早く戻す行為は「42.2 禁止される行動」に該当するのでしょうか?

【質問2】
・基本6
タックして艇が新しいクロースホールド・コースになった後、パドルでひとかきするような艇を推進させる動きは、規則42.1 に基づき禁止される、にも抵触するので禁止されると思いますが、いかがでしょうか?

編集者による回答:
【回答1】 
「マストが垂直な位置を越えて風上にある状態から、艇をフラットもしくは少しオーバーヒールの状態へ戻す行為」は許される。
なぜなら、ロック2、ロック8で許されている。

【回答2】 
その際に、パドルでひとかきするような効力を持たない1回のロールだけであれば許される。
なぜなら、規則
42.3(b)の最初の文で許されている。
パドルでひとかきし、それが艇を推進させる動きであれば禁止される。
なぜなら、規則
42.3(b)の最終文、基本4、基本6および基本7で禁止されている。

(解説)
ロールタック、ロールジャイブにおける規則
42違反のジャッジに当たりポイントとなるのは、次の2つを“分けて判定“しなければならないことです。一連の動作の中で起きることですが、別箇に見ることで、禁止される行為の判定が的確に行え、さらには規則および解釈の理解も容易になる。
1. タックまたはジャイブで推進したかどうかの判定。
     規則
42.3(b)の最終文、
       つぎに解釈の基本4、基本6および基本7
2. ロッキング(ローリング)したかどうかの判定。
       規則
42.2(b)、規則42.3(b)の最初の文、
       つぎに解釈のロック2、ロック5、ロック8およびロック9

質問に記載された(通常よく見受けられる)ロールタックにおいては、"簡単に言えば"「まずひとかきするような動作があれば違反、つぎにマストが垂直の位置を越えて風上に動くのが1回を超えれば違反」となる。その「いずれにも該当しない(ひとかきなし、マスト1回越えのみ)は違反なし」となる。

42_2Us_sailing_3RRS規則42は、"原則(規則42.1)"、" 禁止される行動(規則42.2)"、"例外(規則42.3)"が別条項になっているため、理解しにくい点があるかもしれません。また公式解釈であるINTERPRETATION OF RULE42 PROPULSION: 規則42「推進方法」の解釈、RRSに準じて記述されています。

今回添付する、US Sailing 発行のRule 42 PROTEST LOG BOOKは、当規則を『動作ごとに(Pumping, Rocking, Ooching, Sculling ........)、禁止されること、許されることに統合・再編集したもの』で、至極解かりやすく至便です。
LOG BOOK pdf: Dloadnowbutton_2 「363.pdf」をダウンロード
------------------------------------------------------------------
RRS42を理解するにはRule42 Propulsion DVD(ISAF/JSAF)を鑑賞するのがベターですが、出版物(有料)のためここでは紹介できません。
YouTube等に公開され再生回数の多い動画を添付しておきますので参考にしてください。
これらはRRS42で許されている推進方法の範囲内で、質問にあった『1.5往復の動き』もほんの一瞬ですが見ることができます。-

-
-
-
-
-

2010-06-02追加: ISAF Rule42 LASER

|

« 実践ルール講座シリーズ⑤最終回 - 規則19.1, 19.2(c), 20  | トップページ | 再: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実践ルール講座シリーズ⑤最終回 - 規則19.1, 19.2(c), 20  | トップページ | 再: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »