« 抗議の考え方・方針-SPEED&Smarts, Sailor's Protest Guide | トップページ | 関西ミドルボート選手権2010 in 姫路 »

2010年5月 2日 (日)

Noah's Ark - ノアの方舟

Group claims to have found 'Noah's Ark' on Mount Ararat
アララト山で‘ノアの方舟’を発見
福音主義者のグループは、古代の船が原形の方舟であると断言している。

Http__www_motorboatsmonthly_co_uk_3 探検隊は世界で最も有名な船であるノアの方舟*の残存を発見したと断言している。

木造の建造物がトルコのアララト山**の高度4000m近くで発見された。‘それがノアの方舟と100%確実だとは言えないが、99.9%はそうだと信じている’。遺跡から回収したビームに使われていた炭素が示す年月は、その木材がおおよそ4800年前のものであることを示している、とノアの方舟福音者インターナショナル福音者グループは述べている。

キリスト教を信じない人びとは、方舟を発見したと主張する人達は以前からたくさんいるが、すべてが虚偽であることが立証されている、と指摘している。
New York's Stony Brook Universityの考古学者で、アララト山地帯の専門家であるPaul Zimanskyは、この発見物はノアの有名な船とは考えられない、と警告している。 "あなた方が認容できるものを得るためには、聖書以外の文脈を無視してすべてのものを学ばなければならない、彼らは聖書を対象とすらしていない。”とMSNサイエンスのblogで語っている。

雪と氷に覆われた現地の正確な場所は、さらに調査が行われている間、秘密が保たれている。

*WikipediA Mount Ararat: http://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Ararat
**WikipediA Noah's Ark: http://en.wikipedia.org/wiki/Noah's_Ark

創世記 / 6 8-10 32

しかし、ノアはヤハウエの好意を得た。 
これはノアの物語である。その世代の中で、ノアはヤハウエに従う無垢な人であった。ノアはヤハウエと共に歩んだ。 
ノアには三人の息子、セム、ハム、ヤフェトが生まれた。 
ヤハウエはノアに言われた。「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。 
ノアは、すべてヤハウエが命じられたとおりに果たした。

ヤハウエはノアに言われた。「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。 
ノアは、すべてヤハウエが命じられたとおりにした。 
ノアが六百歳のとき、洪水が地上に起こり、水が地の上にみなぎった。 
ノアは妻子や嫁たちと共に洪水を免れようと箱舟に入った。 
二つずつ箱舟のノアのもとに来た。それはヤハウエがノアに命じられたとおりに、雄と雌であった。 

ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日、この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた。 

まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。 
命の霊をもつ肉なるものは、二つずつノアのもとに来て箱舟に入った。 
ヤハウエが命じられたとおりに、すべて肉なるものの雄と雌とが来た。ヤハウエは、ノアの後ろで戸を閉ざされた。 
地の面にいた生き物はすべて、人をはじめ、家畜、這うもの、空の鳥に至るまでぬぐい去られた。彼らは大地からぬぐい去られ、ノアと、彼と共に箱舟にいたものだけが残った。 

Ark_4 ヤハウエは、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた。 

四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、 
ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。 
しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。 
鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。 
彼は更に七日待って、鳩を放した。鳩はもはやノアのもとに帰って来なかった。 
ノアが六百一歳のとき、最初の月の一日に、地上の水は乾いた。ノアは箱舟の覆いを取り外して眺めた。見よ、地の面は乾いていた。 
ヤハウエはノアに仰せになった。 
そこで、ノアは息子や妻や嫁と共に外へ出た。 

ノアはヤハウエのために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす献げ物として祭壇の上にささげた。 
ヤハウエはノアと彼の息子たちを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちよ。 
ヤハウエはノアと彼の息子たちに言われた。 
ヤハウエはノアに言われた。「これが、わたしと地上のすべて肉なるものとの間に立てた契約のしるしである。」 
箱舟から出たノアの息子は、セム、ハム、ヤフェトであった。ハムはカナンの父である。 
この三人がノアの息子で、全世界の人々は彼らから出て広がったのである。 
さて、ノアは農夫となり、ぶどう畑を作った。 
あるとき、ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。 
ノアは酔いからさめると、末の息子がしたことを知り、 
ノアは、洪水の後三百五十年生きた。 
ノアは九百五十歳になって、死んだ。 
ノアの息子、セム、ハム、ヤフェトの系図は次のとおりである。洪水の後、彼らに息子が生まれた。 
ノアの子孫である諸氏族を、民族ごとの系図にまとめると以上のようになる。
地上の諸民族は洪水の後、彼らから分かれ出た。

アララト山
(左から、所在地、アルメニアからの眺望、トルコからの眺望)
Ararat_1 Ararat_2 Ararat_3
ノアの方舟(左から、方舟に二頭・ニ匹づつ
乗り込む、地上から水が引く、アララト山から降りてくるノア)
Ark_1 Ark_2 Ark_3_2

Branding_2Yachting&Boating.com:
http://www.motorboatsmonthly.co.uk/news/452493/group-claims-to-have-found-noah-s-ark-on-mount-ararat
MSN's Science blog: http://cosmiclog.msnbc.msn.com/archive/2010/04/27/2280442.aspx

|

« 抗議の考え方・方針-SPEED&Smarts, Sailor's Protest Guide | トップページ | 関西ミドルボート選手権2010 in 姫路 »

This and That/ SoftWare-Download」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 抗議の考え方・方針-SPEED&Smarts, Sailor's Protest Guide | トップページ | 関西ミドルボート選手権2010 in 姫路 »