« 島精機カップ2010 (SHIMA SEIKI CUP) | トップページ | ジャッジ・コーチ用便利TOOL その2  »

2010年9月22日 (水)

テクノ293全日本選手権2010・梅園カップ

Techno293_board_4 テクノ293ウインドサーフィンクラスをご存知ですか?

テクノ293TECHNO293)は全長293cm・最大幅79cmのウインドサーフィンボードです。現在のオリンピック種目であるRS:X級とは異なる艇種ですが、1本のボードと1枚のセールでレースを楽しめるワンデザインクラスにおいて世界で最も厚い競技人口と活発な活動を誇る艇種です。日本では大学クラブ(学連)の正式ボードとして2010年に公認され(旧はimco)、日本セーリング連盟でも現在オリンピック・ウインドサーフィン競技の育成ボードとして強化を進めているところです。
本年8月に開催された第1回ユースオリンピック(YOG)では公式艇種(BYTE CTECHNO293)に選ばれ、ガールズでタイのSiripon Kaewduang-Ngamが金メダル、シンガポールのAudrey Pei Lin Yongが銅メダルを獲得したのはアシアのセーリングにとって明るいニュースです。(下部に写真)

Baien_cup_poster_3今回、テクノ2931回全日本選手権が、11月6日7日の両日、大分県国東市安岐町の塩屋海岸を会場に開催されることとなった。
当地国東市では12年前から国東半島ボードセーリング大会・梅園カップ(Baien Cupを公式行事として主催としており、今回のテクノ293全日本選手権は、当カップの一環として併設されるものである。

梅園カップは競技的にはJPWA プロアマ・オープン・ジャパンツアー・アップウインドシリーズ・ファイナルと称し、例年海外から著名なプロサーファーが招聘され、日本各地からはトッププロが集結、歴史と伝統を誇る文字通り日本最高峰のボードセーリング大会である。また風待ち時間を利用して開かれるプロによるクリニックは、アマチャー・サーファーにとってプロアマ・オープンならではの魅力である。

目前に大分空港を臨む塩屋海岸を埋め尽くす煌びやかなテント村、鳥の翅を思わすmonofilmセールの群々、国東市の秋を飾る風物詩となった梅園カップ、編集者にとっては3年ぶりの参加、心躍るものがある。

Yog_techno293_4 テクノ293全日本選手権レース公示Dloadnowbutton_3「t_aj_baien.pdf」をダウンロード 2010-10-13 改訂
テクノ293全日本選手権帆走指示書Dloadnowbutton_4「2010293.pdf」をダウンロード
テクノ
293全日本選手権 大会website: http://wf-j.org/2010notice/t_aj_baien.html

梅園カップ レース公示Dloadnowbutton_4「1106_baiencup.pdf」をダウンロード

梅園カップ 大会
website: http://www.jpwa.info/schedule/2010/1106_baiencup.html
日本プロウインドサーファー協会(
JPWAwebsite:

国東市梅園カップwebsite:http://web.city.kunisaki.oita.jp/bunkazaika/baiencup2010.jsp 2010-10-13 追加


関連記事:
2010-04-07「第1 『ユース・オリンピック』- The First YOUTH OLYMPIC GAMEShttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/1-5ca0.html

|

« 島精機カップ2010 (SHIMA SEIKI CUP) | トップページ | ジャッジ・コーチ用便利TOOL その2  »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島精機カップ2010 (SHIMA SEIKI CUP) | トップページ | ジャッジ・コーチ用便利TOOL その2  »