« 第9回 舵杯ジュニアヨットレース2011 - 9th KAZI CUP Junior Yacht Race  | トップページ | RRS第2章の規則はどの時点で適用されなくなるのか? その4 »

2011年2月13日 (日)

関空一周ヨットレース2011 - Around Kansai Intl. Airport Yacht Race

関空一周ヨットレース (Around the Kansai International Airport Yacht Race) 201154--- AROUND the KIX !    

Kanku01   サンフランシスコ、オーストラリア・シドニー、香港、ドバイなど世界の一流都市はハブ空港として栄えるだけでなく、ヨットなどマリンスポーツ振興することで空と海のイメージを一体化して都市のイメージをあげ、結果的に高いブランド力と集客力を生みだしています。わが国でもすでに東京湾では「羽田沖から海ほたる」までをコースとしたヨットレースやディズニーランド沖を通過するヨットレースなどいずれも100隻もの参加艇を数える大会が実施され、ヨットレース参加者はもとより多くのメディアなどに取り上げられる大きなマリンイベントを創造しています。イベントは今後ますます苛烈になる世界での都市間競争に置いて競争優位を目指す都市戦略となっています。 
 さてわが大阪湾でも、関空島の連絡橋から南へ続く海岸線には多くの海に関係する施設があり、たとえば淡輪ヨットハーバー(財団法人大阪府マリーナ協会)は大阪府泉南郡岬町にあり、300隻を超えるヨット、モーターボートが活動しています。このような人的、自然的、施設的な集積の厚みを生かし、そこに集うヨットマンの総意をまとめる形で関係機関の皆様のご賛同も得て、いよいよこの度、関空一周ヨットレースを開催する運びとなりました。 
  このヨットレースは文字通り関空島を一周するもので、関西国際空港会社のご協力により実施するものです。本レースは“2013年の関西国際空港開港20周年を目指し、毎年開催を重ねていく予定です。
 591pxskygate_bridge_r
関空一周ヨットレースの開催は、大阪湾一帯の豊かな自然環境に人々の目を向け、マリンイベントを通じた交流と創造機能で関西国際空港を盛り上げ、ひいては当地域のブランド力と集客力の向上に資する文化・広報事業とします。またレースを通じて地域でのマリンレジャーへの理解と良好な関係を築くことをめざし、冒険心豊かな活力に満ちた子供づくりにも役立つよう、プログラムを地域や学校、メディアなどに広げ、教育と地域づくりの実践の場とします。
 
 レースは、淡輪ヨットハーバー沖を
8時にスタート。11時ごろりんくうタウン(イオンモール・りんくうプレミアムアウトレット・りんくうシークル)の真ん前を帆走、正午過ぎに空港連絡橋(橋長3,750m、愛称スカイゲートブリッジR、海面からの最大高25m)を通過後、関空島を反時計回りで一周し、午後3時ごろ淡輪ヨットハーバー沖フィニッシュのコース。
 空港対岸の海岸通り、空港連絡橋および関西空港施設からレース海面が一望できますので、ヨットレースを直接目にする観客数は2万人を超えると予想されます
。(開催趣意書より)

                    関空一周ヨットレース レース公示 
共同主催: 財団法人大阪府マリーナ協会 大阪ベイ淡輪ヨットクラブ JSAF外洋内海 
後援: 大阪府 岬町 大阪府漁業協同組合連合会  
協賛: 関西国際空港株式会社 マカオ航空株式会社 ルフトハンザ航空 富士運輸株式会社 りんくうプレジャータウンシークル 株式会社アンジン ニッタン株式会社 
協力: 大阪府立青少年海洋センター 淡輪漁業協同組合 下荘漁業協同組合 西鳥取漁業協同組合 尾崎漁業協同組合 樽井漁業協同組合 岡田浦漁業協同組合 田尻漁業協同組合 泉佐野漁業協同組合 北中通漁業協同組合 
運営: 関空一周ヨットレース実行委員会
Jpeg_4 1.
適用規則およびクラス区分 
セーリング競技規則(RRS2009-2012に定義された規則。 
クラス区分は「IRC」および「オープン」クラスとする。「オープン」クラスは実行委員会の判断でA,Bの2クラスに区分することがある。 
「オープン」クラス:ハンディキャップ(TCF)は当実行委員会で定める。 
IRC クラス:JSAF外洋特別規定(JSAF-OSR)、IRC Rule 2011 Part A,B,C なおクルーナンバーによるクルーの人数や体重の制限を適用しない。
2.
参加資格 
「オープン」「IRC」クラス共通 
・全長20フィート以上のキャビン付きクルーザーで、有効な船舶検査証を有しヨット保険(賠償責任、搭乗者傷害、遭難捜索救助費保険)に加入していること。 
関空連絡橋を通過可能な艇(海面からの高さ制限23m)。 
IRC」クラス 
Skygate_bridge_r ・有効な2011IRC レーティング(ノーマルまたはエンドースド)証書を有する艇 
JSAF外洋特別規定(JSAF-OSR)2011「カテゴリー5」。 
・乗員の2/3以上がJSAFの会員であること。ただし外国籍の乗員は当該各国協会の有効な会員証を提示することで可とする。乗員は2名以上とする。
3.
日程
2011
53日(火) 
 11:00 「プラクティスレース」のスタート予告信号(2レースを予定) 
 16:00 艇長会議(大阪ベイ淡輪ヨットクラブ 2F会議室) 
 17:00 ウェルカムパーティー(大阪府立青少年海洋センター特設会場)
2011
54日(水) 
 08:00 「関空一周ヨットレース」のスタート予告信号 
 レース終了後、表彰式。
800pxsky_gate_bridge01s3200 4.
レースコース 
 「プラクティスレース」 
   淡輪ヨットハーバー沖ソーセージコース 
 「関空一周ヨットレース」 
   淡輪ヨットハーバー沖スタート 反時計回りで関空島を一周 淡輪ヨットハーバー沖フィニッシュ
 
5.

 
IRC」「オープン」各クラス1~3位まで表彰する。 オープンクラスは更にクラス分けすることがある。 
   「ファーストホーム」。 
   *その他、賞を準備。海外旅行券他の抽選を行う。 *プラクティスレースは賞の対象とはならない。
6. 参加艇の係留 レース参加艇はレース前後一週間は淡輪ヨットハーバーに無料係留できる。 
  係留希望艇は申込み時にその旨申込書に記載のこと。

7.
宿泊案内 淡輪近隣の宿泊施設連絡先を本ホームページに後日掲載予定。
8.
参加申込及び参加費 
 
参加申込 大会実行委員会事務局まで、FAXまたは郵送で行なうこと。(参加費の払込みを完了していること)
  
参加申込要領と申込書は、本ホームページからダウンロードできる(3月下旬予定) 
  参加申込期限 423日(土) レイエントリー申込期限 430日(土) 
  参加費 艇参加料 5,000/艇 レイトエントリー 15,000/乗員登録料(パーティ費含む) 3,000/
9.
連絡先
   
関空一周ヨットレース実行委員会 〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪6190番地
   
財団法人 大阪府マリーナ協会(淡輪ヨットハーバー)内 担当 武田 正之
    TEL
 072-494-2335 FAX 072-494-2005
   
e-mail tannowa.yh@nifty.com  URL http://tannowa-yh.o.oo7.jp/

レース公示
PDFDloadnowbutton_2 :tannowa-yh.o.oo7.jp_kankurace.pdf」をダウンロード

|

« 第9回 舵杯ジュニアヨットレース2011 - 9th KAZI CUP Junior Yacht Race  | トップページ | RRS第2章の規則はどの時点で適用されなくなるのか? その4 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第9回 舵杯ジュニアヨットレース2011 - 9th KAZI CUP Junior Yacht Race  | トップページ | RRS第2章の規則はどの時点で適用されなくなるのか? その4 »