« チームレース・シリーズ その5 (Team Racing-Combos) | トップページ | 抗議における「ビデオの証拠」 »

2011年6月28日 (火)

チームレース・シリーズ その6 (Team Racing-Course & Start)

チームレース・シリーズの第6回です。今回は「チーム・レーシングのコース」と「チーム・レーシング・スタート方式」を紹介し、シリーズの最終回とします。 長い間のご清聴(読)ありがとうございます。Enjoy Team Racing!
--------------------------------------------------------------------------

「チーム・レーシングのコース」

ヨットレースのコースは、RRS Appendix L Addendum A (付則L付属書A)に基本的コースの例示がある。A Windward-Leeward Course (風上-風下)、A Windward-Leeward-Triangle Course (風上-風下-三角)、Trapezoid Course (台形)。

Tr_courses 『フリート・レース』においては、ディンギではこの3種およびその変形が、キールボートでは主として風上-風下コースが採用されている。
また『マッチ・レース』では、風上-風下コースを使用するが、マークの回航(通過)が、一般的なフリート・レースがいわゆる「反時計まわり(Anti-Clock round: マークをポートに見て回航)」であるのに対し、「時計まわり(Clock round: マークをスターボードに見て回航)」としている。

一方、『チームレース』においては、先に述べたようにその特性がチューニング、ボートハンドリング、タクティクスを駆使した知的ゲームであることが故に、種々の工夫をこらした自由闊達なコースが考えられてきた。
またレースは参加チームの総当たり制(Round robin)が基本であることから、1レースに要する時間は8分-15分と極めて短い。そのため、他のレースのように広い水面(海面)は必要とせず、近辺の川とか池のように限られたエリアでコース設定が可能なよう、フレキシブルで、一見奇抜なコース(右図)が登場してきた。(与えられたものを後追する日本的発想?は無用である)

Letter_n 最近のISAF Team Racing およびOptimist Worlds/ North American/ Asian では、 Starboard hand ‘S’ course (右手S字)またの名をBox/Zulu course (箱形Z, Starboard LETTER N BOXED course (右 N字箱形)が採用されている。
日本開催の14 Footer Worlds 2003でもこのコースであった。
マークの回航(通過)を、時計まわり(Clock round)が2回、反時計まわり(Anti-clock round)が2回となるようアレンジされたコースである。
これはチャンピオンシップの1例であり、普段のレースではこれにこだわる必要はなく、まさに与えられた環境の中で工夫を凝らすのも、チームレースの楽しみの一つであろう。

--------------------------------------------------------------------------
「チーム・レーシング・スタート方式」


(SIs例1Optimist European Team Racing Championship 2007
11          スタート
11.1       下記のスタート方式を使用する。規則26は適用しない。
11.2      次に対戦するチームは、チーム番号を表す2枚の旗によって指示される。
旗はチーム番号がついた白色旗である。(以下、識別旗という)識別旗は視覚信号として用いられる。
11.3       スタートの手順
Trofeo_marco (方式
1
     
予告信号:識別旗掲揚          長音3声  スタート3分前)
     
準備信号:P旗掲揚               長音2      (スタート2分前)
     
1分前:   P旗降下                長音1      (スタート1分前)
          
30秒前:                         短音3
          
20秒前:                        短音2
     
10秒前                                短音1
     
スタート信号:識別旗降下  1

11.4      
信号は一番初めの信号を基準として計時される。
11.5       艇は、スタート信号の2分以降はスタートできない。
11.6      これに続くレースの予告信号は、前のレースのスタート後、レース委員会の裁量により、任意に発せられる。
11.7       リコール
     
スタート信号時に、艇が規則29.1に従わなければならない場合、レース委員会は速やかに音響信号一声と共にX旗を掲揚し、その艇のセール番号を呼ぶ努力をする。信号はスタート信号後2分以内とする。レース委員会はリコールおよびその解消した艇に対しては、口頭で伝えるが、あくまでも責任は艇にある。これは規則29.2および41を変更している。

SIs例2 ISAF Team Racing World Championship 2005
10          スタート
10.1       次に対戦するチームのメインセールの色を示す旗を、レースの予告信号に先立ちレース・コミッティー・ボートに掲揚する。
10.2       レシーケンスが始まる前、注意を喚起するために、連続短音が発せられる。
10.3       音響信号が適用される、さらに補助の視覚信号も使用される。
10.4       信号は一番初めの信号から計時される。
10.5       レースは次のとおりスタートする。これは規則26を変更している。
(方式2
Isaf_start_jpeg_3      
信号             音響                      スタートまでの時間(分)
     予告信号  長音3                     スタート3分前
     
準備信号  長音2                     スタート2分前
             
長音1, 短音3声   スタート130秒前
             
長音1声                      スタート1
             
短音3声                          30秒前
             
短音2                            20秒前
             
短音1                          10秒前
             
短音1                            5秒前
             
短音1                            4秒前
             
短音1                            3秒前
                            
短音1                            2秒前
                            
短音1                            1秒前
     
スタート信号1                            0

10.7       規則29.1は次のとおり変更する。
            
a)  X旗はスタート信号後2分以内掲揚する。
            
b)  レース・コミッティーは、リコールした艇のセール番号を呼ぶ。競技者がこの声を聞かなかったことは救済の根拠にならない。これは規則62.1(a)を変更している。
10.9       スタート信号後2分以上遅れてスタートする艇はDNSと記録される。これは規則A4を変更している。

SIs例3IODA World Sailing Championship Team Racing 2010
13          スタート
13.1       レースは次のとおりスタートする。
(方式3
Ioda_start_jpeg            
信号             スタートまでの分  音響信号  視覚信号
            
予告信号   3                            1         クラス旗掲揚
            
準備信号   2                            1         P旗掲揚
            
1分前            1                            1          P旗降下
     スタート信号  0                           1         クラス旗降下
            
            
これは規則26を変更している。

13.4       レース番号およびチームの国コードは、予告信号以前に、レース・コミッティー・ボートの後部に掲揚する。・・・・・
13.7       スタート信号後2分以上遅れてスタートする艇は審問なしにDNSと記録される。これは規則A4A5を変更している。

チーム・レーシング・コース PDF:「course_pdf.pdf」をダウンロード 
チーム・レーシング・スタート方式 PDF:
「start_pdf.pdf」をダウンロード

関連記事:2011-06-19「チームレース・シリーズ その1,その2,その3,その4,その5」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-bdb0.html
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/22-2451.html
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1782.html
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-975e.html
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-ce6b-1.html

|

« チームレース・シリーズ その5 (Team Racing-Combos) | トップページ | 抗議における「ビデオの証拠」 »

Racing Rules of Sailing (RRS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チームレース・シリーズ その5 (Team Racing-Combos) | トップページ | 抗議における「ビデオの証拠」 »