« ANIORU’S CUP 2012 - 全日本学生外洋ヨット選手権 | トップページ | 読者からの質問と回答 「スタート時の割り込み」 »

2012年2月19日 (日)

日本オープンビック協会ウエブサイト開設 - Japan O'pen BIC Class Association Website

Http__jobca_net_calendar_4 日本オープンビック協会公式ウエブサイト開設 http://jobca.net/
オープン・ビックについては当blogでも何度か掲載してきましたが、このたび日本代表組織として国内クラス協会 (Japan O'pen BIC Class Association: JOBCA)が設立され、その公式サイトが開設された。
Jsaf_http__medias_bicsport_com_ne_2

ここで改めてオープン・ビックについて紹介しておきます。
Open_bic_boat1_jpeg_2 1. オープン・ビックとは
 オープン・ビック(O'pen BIC)は、ボールペンで有名なフランスの筆記具メーカーであるBIC社が2006年に開発した一人乗りハイ・パーフォーマンス・ボートで、ヨーロッパを中心に5,000隻以上が活動している。
BIC Sport
社はO'pen BICのほかに、ウインドサーフィン、サーフィン、カヤック等のメジャーメーカーであり、ウインドサーフィンでは近年の人気艇種であるテクノ293Techno293)は同社の製品である。テクノ293は、2010年にシンガポールで開催された「第一回ユース・オリンピック」の公式ボードであり、日本国内においては2010年に全日本学生連盟の公式ボードに選定され、またユース・ジュニアの全日本選手権も新設され、日本セーリング連盟ではオリンピック・ウインドサーフィン競技の育成ボードとして強化を進めているところである。
O'pen BICのコンセプトには『オプティミスト世代とセーリング・ディンギ初心者との間をつなぐもの』とあり、キャッチフレーズには『Pure Energized Sailing !(元気セーリング)』とある。
艇長:2.75m、艇重量:45Kg、セール面積:4.5m2、理想体重:65Kg、マスト:3.90m、フルバテン、ポリエステル・フィルム・セールの最近はやりのプレーニング・ボートで、斬新なスタイル、ハイ・パーフォーマンス、軽便性が、セーリングを始めようとする若者を惹きつける所以となっている。〈右図:仕様〉

Sampleraceformat_2 2. オープン・ビックの特徴
 O'pen BICはまた、ソフト面において従来型クラスにはない「2つの大きな特徴」がある。
(1) きわめてシンプルなルールを適用すること。
O'pen BICクラスの目的は、セーリング・スポーツを始める若者たちにできるだけアピールするよう、楽しいレース形態を創造するものであること。そのためきわめてシンプルなルールのみを適用する。
 ①ISAF Introductory Rules for Racing(入門レースルール)
 
O'pen BIC Cup Standard Event Rules(オープンビックカップ標準大会規則) 
詳細はここでは割愛するが、RRSにある原則および基本規則に適合し、かつ多くの項目を学ぶ必要なく競技ができるようデザインされている。大会にはルール・アドバイザーが指名され、オン・ザ・ウオーター制が採用される。
(2) コースは多岐に亘り、最も重要なのは帆走するスタイルであること。
標準的なコース形態として、スピード、スピード・スラローム、オープン・クロス(必須の360°回転、転覆、フリースタイル動作を含む)、または異なる場所を結ぶ冒険レースがある。
〈左図:レースコース〉

Woc12eventposter_2 3. 国際オープンビッククラス協会について
 O'pen BICは、200811月の国際セーリング連盟(ISAF)の年次総会においてISAF公式艇に認証され、オープンビッククラス協会(O’pen BIC Class Association: OBCA)として正式加盟団体となった。またO'pen BIC用のルールとして上記ISAF Introductory Rules for Racingも承認された。
国別クラス協会としては、現在フランス、イタリア、オランダ、ドイツ、ポルトガル、米国、ブラジル、チリ、オーストラリアに各国協会がある。
国際レースについては、年1回のワールドカップをはじめとし、上記各国のナショナル選手権に加え、大陸・地域選手権としてユーロ選手権、ノース・アメリカン選手権、パシフィック選手権、UK、ロシア、スペイン、スエーデン、ニュージーランド選手権等が随時開催されている。http://www.openbic.com/
-----------------------------------------
公式サイトには、「レース日程」、「組織」、「規定・規則」、「ビデオ・写真」、「リンク」のメニューがあり、過去の実績、関連規則等、クラス協会の全容を知ることができる。
Japan O’pen BIC Cup は本年で第4回を迎え、ワールドカップへの日本代表選考を兼ね下記日程で開催される。
 第一戦 2012512日(土)、第二戦 513日(日)、第三戦 695月19(土)、第四戦 610520(日)  
 開催地は兵庫県西宮市香櫨園浜、レース公示、帆走指示書、クラス規則等はサイトから。
また初回となる『全日本選手権』も計画されている。


関連記事:2011-07-31O'pen BIC World Cup - レースコース」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/open-bic-world-.html

|

« ANIORU’S CUP 2012 - 全日本学生外洋ヨット選手権 | トップページ | 読者からの質問と回答 「スタート時の割り込み」 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ANIORU’S CUP 2012 - 全日本学生外洋ヨット選手権 | トップページ | 読者からの質問と回答 「スタート時の割り込み」 »