« Ben Ainslie - RYA proceedings in Rule 69 at ISAF Sailing Championships 2011 RYA措置 | トップページ | Ben Ainslie: no RYA action over race fracas - RYAはあのレース騒動に更なるペナルティーを課さない »

2012年2月13日 (月)

オプティミスト級特有の帆走指示書の削除2件

Op オプティミスト級特有の帆走指示書の削除2

今日は久方振りにオプティミストのレガッタ(コールドカップ/和歌山セーリングセンター)を観戦、知己のオプティ・セーラーに激励の声をかけてきました。帰宅後これまた久方振りにIODA Websiteを閲覧していたところ、昨年末と本年になってプロテスト(Protest)に関係したアナウンスを見つけました。
オプティミスト級の帆走指示書には、このクラス特有の項目が数件あり、その一部が削除されています。
ジュニアセーラーのための艇として名実ともに世界標準であるオプティミスト級であることから、できる限りRRSに準拠することは良い傾向ではないかと感じています。

1. 「赤色旗掲揚」を削除
2. 2章規則違反を目撃した場合の「ジュリーの笛」を削除


Protest_flag REGATTA COMMITTEE Topic: Jan 31, 2012 Date of Publication: 
PROTEST FLAG
No longer required for fleet races.
We would like to inform our members that the Regatta Committee of the IODA have changed the Class policy regarding the requirement to display the red flag when protesting in fleet races. The sailing instruction which deleted rule 61.1(a)(2) will no longer be used so that a red flag is no longer required to make a valid protest. However, the need to inform the race committee at the finish of an intention to protest and the sail number of the protested boat, remains.
The standard Notices of Race and Sailing Instructions from 2012 onwards will amend rule 61.1 as follows:
Add to rule 61.1(a) "The protesting boat shall inform the Race Committee of the boat/s being protested at the finishing line immediately after finishing."
In team races the display of the red flag remains unchanged and complies with the ISAF RRS Appendix D.

IODA members and organisers may apply this new approach in their local events but there is no obligation to adopt this policy.
End of article -
Copy pdf:「http__www_optiworld_org_Protest.jpg」をダウンロード


抗議旗

フリートレースではもう必要ない。
IODAレガッタ委員会は、フリートレースで抗議する場合に赤色旗を掲げること要求しているクラス指針(Policy)を変更した。規則(61.1(a)(2)を削除した帆走指示書はもう使用されないので、赤色旗は有効な抗議をするのにもう必要ない。しかしながら、フィニッシュ時にレース委員会に、抗議の意思および被抗議艇のセール番号を伝える必要があるのは、変わらない。
2012年以降の標準レース公示と帆走指示書は、規則61.1を次のように変更する:
規則61.1(a)に追加する抗議しようとする艇は、フィニッシュ後直ちにフィニッシュ・ラインに位置するレース委員会に被抗議艇を伝えなければならない
チームレースにおいては赤色旗の掲揚は変更されず残り、ISAF RRS付則Dに従う。
IODA会員国および主催団体は、その地域の大会でこの新しい提案を適用してもよいが、この指針を採用する義務はない。

Whistle_4 REGATTA COMMITTEE Topic: Oct 26, 2011 Date of Publication:
IODA STANDARD PROCEDURES
 
Requirement for the on water judges to blow a whistle deleted from sailing instructions.
The IODA Executive Committee at their Mid Year Meeting last August decided to delete from the IODA standard sailing instructions, the requirement for the on water judges to blow a whistle when they saw an infringement of a Part 2 rule. This procedure had been included in our standard Sailing Instructions in paragraph 16.4 for a couple of years:
SI 16.4 In addition to taking action in accordance with Appendix P, if a member of the jury sees a boat breaking a rule they may make a sound signal but her sail number will not be hailed.  If the appropriate penalty is not taken the jury may protest one or more boats.
This policy change will be implemented at the 2011 IODA World Championships in New Zealand.
End of article -
Copy pdf:「http__www_optiworld_org_Whistle.jpg」をダウンロード

IODA
標準手順
オン・ザ・ウオーター・ジャッジが笛を吹く要件が、帆走指示書から削除された。

昨年8月ミッドイアー・ミーティングにおいてIODAエグゼクティブ委員会は、IODA標準帆走指示書から、オン・ザ・ウオーター・ジャッジが第2章規則の違反を目撃した場合、笛を吹く要件を削除すると決定した。この手順は、ここ数年間標準帆走指示書に16.4項として含めていた。
帆走指示書16.4 付則Pに従ってとられる処置に加え、ジュリーのメンバーが規則に違反した艇を目撃した場合、音響1声を発することがある、セール番号は呼ばない。適切なペナルティーが履行されない場合、ジュリーは1艇または複数の艇を抗議することがある。
この方針はニュージーランドの2011 IODA World Championshipsにおいて実施される。
Optimist_2 IODA Website:http://www.optiworld.org/

|

« Ben Ainslie - RYA proceedings in Rule 69 at ISAF Sailing Championships 2011 RYA措置 | トップページ | Ben Ainslie: no RYA action over race fracas - RYAはあのレース騒動に更なるペナルティーを課さない »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ben Ainslie - RYA proceedings in Rule 69 at ISAF Sailing Championships 2011 RYA措置 | トップページ | Ben Ainslie: no RYA action over race fracas - RYAはあのレース騒動に更なるペナルティーを課さない »