« 2012春の関西ミドルボート選手権 エントリー/帆走指示書 | トップページ | 2012春の関西ミドルボート選手権 成績速報 »

2012年5月24日 (木)

US Sailing Statement on Kiteboarding Decision

先般来、「リオ(ブラジル)オリンピック2016」にかかわるKiteboarding vs. Windsurfingの記事を掲載してきたが、US Sailing (米国セーリング協会)は523日公式ウエブサイト上に正式見解を公表した。
この見解にもあるように、米国はISAF Council(評議会)においてKiteboarding に票を投じている。

Http__home_ussailing_org_3US Sailing Statement on Kiteboarding vs. Windsurfing
FOR IMMEDIATE RELEASE
Contact: Jake Fish
US Sailing Communications Manager
jakefish@ussailing.org
401.683.0800 x614

US Sailing Statement on Kiteboarding vs. Windsurfing
Prepared by Dean Brenner, US Sailing Board Member and Chairman, Olympic Sailing Committee


PORTSMOUTH, R.I. (May 23, 2012) - Every four years, difficult decisions are made about Olympic sailing events. The choices made always leave some part of the sailing community frustrated and feeling, at least on some level, disenfranchised. I say this as a former Soling sailor who was quite upset with decisions made in November 2000, and a long-time keelboat sailor who did not agree with the recent decisions to exclude keelboats from the Games entirely. I know, first hand, how it feels to have the part of the sport I care most about excluded.


There is no right and wrong here, or good and bad. On behalf of US Sailing, I would like to raise my hand and explain the reasoning behind the votes.

While the Board of US Sailing makes final decisions on all recommendations to our ISAF delegation, much of the thinking on Olympic events and equipment originates in the Olympic Sailing Committee, which I lead. The OSC believes, and I continue to support this 100%, that kites will be good for the sport of sailing, worldwide. The reasons are simple:

1. Kiteboarding is an exciting and rapidly growing area of the sport.
2. The infrastructure required will be minimal.
3. The potential exists to bring in new countries to the sport of Olympic Sailing, and at Council, there was support from every continent and region: Europe, Caribbean, South America, North America, Oceania, Asia, Africa and the Mid-East.
4. Kites can be sailed close to shore, increasing spectator possibilities.
5. There have been major advancements in safety, and the evaluation report said exactly that. Those interested in this debate, really should read that report, linked here*. *ISAF Kiteboarding Format Trials http://www.sailing.org/tools/documents/EC8bKiteboardingTechnicalReport-[12451].pdf


Is there work to be done? Every time events or equipment are changed, work is required. There will ALWAYS be more work to get a new event established vs. the continuation of an existing one.

Does US Sailing have work to do in supporting the industry’s pipeline development? Of course. For kiteboarding to flourish, the kiteboarding community will need to commit to increased support in this area. US Sailing will work on developing pathways for kite sailors to make the Olympics, just as it has done in other classes.

The decisions on Olympic events and equipment are never easy. But I stand behind ISAF’s decision 100%. Kiteboarding will be good for the sport of sailing, in the USA and worldwide.


ポーツマス,R.I.2012523日)- 4年ごとに、オリンピック・セーリング競技に関し難しい決定がなされる。この選択は、常にセーリング界の一部を失望させ、少なくともあるレベルでは、権利が剥奪される心情をもたらす。私はこのことを、かってのソリング・セーラーが200011月になされた決定で相当に気分を損なったように、また長い間まったくオリンピック・ゲームからキールボートを除外していた決定に納得しなかったキールボート・セーラーの様だ、と云いたい。多くたずさわってきた除外されたスポーツの一部がどのように感じているかを、私はじかに知っている。

ここには正と誤とか、善と悪とかはない。US Sailingを代表して、私は手を挙げて、投票の背景となった理由を説明したい。


US Sailing評議会が、私達ISAF代表団にすべての推薦についての最終的な決定をする一方、オリンピック競技と種目の検討は、私が主導するオリンピック・セーリング委員会が起案します。カイトが世界的にセーリング・スポーツにふさわしいものであることを、OSCは確信し、また私もこれを100%支持し続けます。理由は簡単です:

1. Kiteboardingはエキサイティングであり、このスポーツの急速な成長分野である。

2.
必要とするインフラストラクチャーは費用がごく少ない。
3.
オリンピック・セーリング・スポーツを新興国にもたらす潜在力が存在する、また評議会においては、すべての大陸と地域からの支持があった: ヨーロッパ、カリブ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニア、アジア、アフリカ、および中東。
4.
カイトは、浜辺の近くで帆走することができ、観客増大の可能性がある。
5.
安全には大きな進歩がある、評価リポートは正確にそう述べていた。この議論に関心があれば、ここにリンクするリポートを読むことができる。

なすべき努力があるのか? 競技とか種目が変更されるたびに、努力が必要となります。既存のものの継続に対し、新しく認知された競技を動かすにはALWAYS(常に)より多くの努力がいる。

US Sailingは、製造のパイプライン開発をサポートする努力をするのか? 当然です。Kiteboardingが成長するために、kiteboardingコミュニティは、このエリアで増大するサポートを約束する必要があります。US Sailingは、他のクラスでなされているように、カイト・セーラーがオリンピックにでるための道筋を開く努力をします。

オリンピックの競技と種目の決定は決して容易なことではありません。しかし、私はISAFの決定を100%支持します。Kiteboarding
は、米国および世界において、セーリング・スポーツにふさわしいものとなるであろう。

Us_sailing_logo_2011US Sailing: http://media.ussailing.org/Latest_News/2012/Brenner_052312.htm
記事pdf:「http___media.ussailing.org_Latest_News_2012_Brenner_052312.pdf」をダウンロード

関連記事:
2012-05-14「Kiteboard Racing, Really?」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/kiteboard-racin.html
2012-05-09「The 7 Hottest Kite Babes in the World」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/the-7-hottest-k.html
2012-05-09「Kiteboarding ousts Windsurfer for 2016 - ISAF 2016年ブラジルオリンピックの種目にカイトボーディングを採択」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/kiteboarding-ou.html

|

« 2012春の関西ミドルボート選手権 エントリー/帆走指示書 | トップページ | 2012春の関西ミドルボート選手権 成績速報 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012春の関西ミドルボート選手権 エントリー/帆走指示書 | トップページ | 2012春の関西ミドルボート選手権 成績速報 »