« 感謝台湾 : ASUS製パソコン基板に「GOD BLESS JAPAN (日本に神のご加護を)」のメッセージ | トップページ | ロンドンオリンピック・セーリング競技 その2 »

2012年6月30日 (土)

ロンドンオリンピック・セーリング競技 その1

Www_london2012_com_20120629090500_3ロンドンオリンピック・セーリング競技 その1

ロンドンオリンピックが、727日から812日までイギリスのロンドンで開催される。夏季オリンピックとしては第30回の記念すべき大会である。
Wikipedia_org_wiki_olympic_games_3ロンドンオリンピック公式ウエブサイトhttp://www.london2012.com/ には、カウントダウンが表示され、このblogを書いている時点では"あと28日と10時間56分"、もはや1ケ月を切ったことになる。
近代オリンピック(Modern Olympic Games)とは、4年に1度国際オリンピック委員会(:CIO、英:IOC) が開催する世界的なスポーツ大会である。日本では、単にオリンピックと呼称したり、そのシンボルマークから五輪とも呼称される。
夏季オリンピックの第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。
オリンピックと聞けば何かすごい歴史を持つ大会のように思いがちであるが、本年ロンドンで第30回、創設116年を迎える競技会である。

因みにセーリングを含めた世界規模の競技大会の創設は次の通りである。
 
1851年 America's Cup (アメリカス・カップ)
 
1860年 The Open Championship (全英オープンゴルフ)
 
1877年 The Championships (テニスウィンブルドン選手権) 
 
1896年 Olympic Games (オリンピック)
 
1903年 Major League Baseball (大リーグ)
 
1930年 The (FIFA) World Cup (ワールドカップ) -2014年第20回ブラジル大会
   
*1882年 Six Nations(6か国対抗ラグビー)
   *1
917年 NHL(National Hockey League)(北米アイスホッケーリーグ)
   *1920
年 NFL (National Football League)(全米フットボールリーグ)
   
*1946年 NBANational Basketball Association(全米バスケットボールリーグ)
(注)このリストはアメリカス・カップがいかに旧いものかを示すために作成した。

ロンドンでのオリンピックは今回が3度目であり、これは夏季オリンピック史上初めてである。
200576日、シンガポールで開かれた第117IOC総会にて、パリ、ロンドン、ニューヨーク、モスクワ、マドリードの5都市の中から開催地を決定する投票が行われた。1回目の投票で過半数を獲得した都市がなかったため、最も票の少なかったモスクワが落選。2回目でニューヨーク、3回目でマドリードがそれぞれ落選し、4回目の投票でパリを破ったロンドンが史上初となる3度目の開催地に選ばれた。
フランスの教育者であり、近代オリンピックの父とも呼ばれるピエール・ド・クーベルタン男爵の出身国であるフランスはパリで3度目を狙ったが落選、その悔しさは想像に難くない。

さて、夏季オリンピックにおける「セーリング競技」は、1900年のパリ・オリンピックから実施された。ただし、本来は1896年第1回アテネ・オリンピックで実施される予定であったが、天候不良により中止となった経緯がある。1904年のセントルイス・オリンピックでは実施されなかったが、以降の大会では実施されている。実施種目は艇種により細かく分けられ男女別々で実施されるものもあるが、他の競技ではほとんど見られない男女混成で行われる種目(Open)もある。
ISAFのウエブ http://www.sailing.org/olympics/london2012/about/history/athens_1896.php では、Olympicコーナーを特設し、歴史、大会艇種、国別メダル獲得数およびメダル獲得選手名等が掲載されているので、この機会に閲覧されたらいかがでしょうか。
ここでは30回に亘るオリンピック・セーリング競技をすべて取り上げることはできないので、ロンドンに因み、1906年と1948年のロンドン大会の記事を要約し紹介してみたい。

1908_london_poster_2-1906年大会-
艇種(4):
Fleet racing Open 12 Metre, Open 6 Metre, Open 7 Metre, Open 8 Metre

トップ記事:
From just 200 odd competitors in all events of the inaugural Games of 1896, London saw 2,000 passed for the first time. The first appreciation by the IOC that sailing has unique aspects too are evident at the 10th IOC Forum were it was noted that it was the only Olympic sport which cannot take place in a stadium. Still the sport was declared an "integral" part of the Games.

Like the Paris Games, the London Olympics saw yachting in two locations. The 6-metre, 7-metre and 8-metre classes raced off Ryde, Isle of Wight, and the larger 12-metres competed at Hunter's Quay, on the Clyde. As there were no overseas entries, the British Olympic Committee thought it pointless to ship boats to the Solent.
And as there were no entries for the 15-metre class, racing was cancelled. In these early days, the racing demands were not onerous. The 6-metres were required to sail only three, two laps of 13 miles, starting and finishing at Ryde Pier. It was the same for 7-metres though as Capt R Sloane-Stanley's Mignonette did not start, Heroine was required to complete just
one lap of two races to win.

1986年の最初のオリンピック大会における200人と云う意外な参加者は、ロンドンで初めて2000名を超えた。セーリングが独自の側面を持つというIOCによる最初の評価は、10IOCフォーラムにおいてセーリングがスタジアムにおいて開催できない唯一のオリンピック・スポーツであることを特筆したことを証明するものであった。その後このスポーツはオリンピック・ゲームの必須の要素を占めている。
パリ大会と同様に、ロンドン・オリンピックでも2海面でヨットを開催。15メーター級はエントリーがなくキャンセル、6メーター級は3艇のみ、7メーター級も同様。


編集者注:
一言で云えば、あまり盛り上がらない大会であった。



1948_london_poster_5-1948年大会-
艇種(5):
Fleet racing Open 6 Metre, Open Dragon, Open Firefly, Open Star, Open Swallow

トップ記事:
Paul Elvstrom came to south-west England and the Games regatta in Torquay and began an unequalled record in Olympic sailing: four consecutive gold medals. And to think the Danish Olympic Committee had misgivings about sending him because the 18 years-old Elvstrom could speak no English then and he retired from the first race, shy and sensitive, after a haranguing from the Finnish competitor in a port and starboard incident.

Elvstrom was competing in the Firefly, a two-sail, two-person boat designed by Uffa Fox and pioneer of hot -moulded plywood construction (for 'mass production') and an aluminium mast.
After his shaky start, Elvstrom got stronger scoring 6-3-1-2-5-1-1 to clinch his maiden gold, dropping the jib and sailing with a reefed main to suit the blustery conditions which saw many capsizes.
   Indicative of Elvstrom's later inventiveness in gear and sails, he modified the Firefly's mainsheet, leading it from the transom, along the boom and down to a swivel jam cleat on centreplate case.


ポール・エルブストローム(
Paul Elvstromが南西イングランド、Torquayでのオリンピック・ゲーム・レガッタにやって来て、連続4個の金メダルというオリンピックのセーリングでは比類のない記録がここで始まった。デンマークのオリンピック委員会は彼の派遣に懸念をFir_1948_olympic_report2_600_4抱いていたように思える、なぜならば18歳の若いエルブストロームはそのとき英語を話すことができなかったし、最初のレースでポート・スターボードのケースでフィンランドの選手から大声を掛けられた後にリタイアしたほど、引っ込み思案で繊細であったからである。

エルブストロームは
Firefly(ホタル)級で競技をした、その艇はUffa Foxによって設計され、ホット-成型した合板製の草分けで(大量生産用)、アルミニウム・マストの2枚セール、2人乗りの艇であった。彼は不安定な立ち上がりの後、初めての金メダルを確定する 6-3-1-2-5-1-1を得点する強さを見せた、多くが転覆した荒れ狂う条件に合わせ、ジブを降ろし、メインをリーフするセーリングであった。
ギアーとセールに関しのちにエルブストロームの発明の才能を示すものとして、彼はFireflyのメインシートを、トランサムからリードし、ブームに沿わして、センター・ケース上のスイベル・ジャム・クリートに降していく修正をしたことがある。


編集者注:
「ヨットの天才」「帆走の神様」と呼ばれたデンマークのポール・エルブストロームが初めて登場したのが、この1948年ロンドンオリンピックである。ファイアフライ級で優勝、以来連続4回金メダルを取る。
なお当大会には敗戦国であるドイツや日本の参加は認められなかった。日本は1938年に東京オリンピックの開催を返上し、ドイツは1939年にポーランドに侵攻して第二次世界大戦を起こしたことで代替となるヘルシンキでのオリンピック開催を事実上不可能にしたことから、両国への非承認はそれらに対する懲罰的な意味合いも大きかったとされている。
------------------------------------------------------------------------------
ポール・エルブストローム(Paul Elvstrom

51g4snvt71l__ss500_Fir_1948_olympic_report_400_2彼こそが編集者がヨットの世界で初めて知った偉人です。

その名は現在でもマリングッズのエルブストロ-ム・ブランド(王冠マーク)として継承されている。また抗議審問用のプラスチック製のボートモデルがおまけに付いたヨットルールの解説書「Paul Elvstrom explains The Racing Rules of Sailing」は世界中のセーラー間のベストセラーである。(編集者もこのボートモデルを愛用中)

ISAF London Olympic 1908:
 http://www.sailing.org/olympics/london2012/about/history/london_1908.php
Copy pdf: 「www.sailing.org_olympics_london2012_about_history_london_1908.pdf」をダウンロード 「www_sailing_org_olympics_london2012_about_history_london_1908.jpg」をダウンロード

ISAF London Olympic 1948:
http://www.sailing.org/olympics/london2012/about/history/london_1948.php

Copy pdf: 「www.sailing.org_olympics_london2012_about_history_london_1948.pdf」をダウンロード
「www_sailing_org_olympics_london2012_about_history_london_1948.jpg」をダウンロード
WikipediA Olympic Games: http://en.wikipedia.org/wiki/Olympic_Games

当記事は・・続く(TBC)

|

« 感謝台湾 : ASUS製パソコン基板に「GOD BLESS JAPAN (日本に神のご加護を)」のメッセージ | トップページ | ロンドンオリンピック・セーリング競技 その2 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感謝台湾 : ASUS製パソコン基板に「GOD BLESS JAPAN (日本に神のご加護を)」のメッセージ | トップページ | ロンドンオリンピック・セーリング競技 その2 »