« London Olympic 2012 Cheerleaders / Part ll | トップページ | Vote for Windsurfing in Rio 2016 »

2012年8月17日 (金)

オリンピック・メダルのウエイト・ランキング・システム - Weighted Ranking Systems at the Olympics

Www_london2012_com_medals_medalcoun同一都市初の3回目の開催となったロンドン・オリンピックは、812日成功裏に終了した。

IOC会長のクーベルタンが述べた『勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。』のオリンピック精神が折に触れ語られるが、終わってみて話題となるのはやはりメダルを獲得した選手と国別のメダル獲得数である。

今大会での日本のメダル獲得数は、金7個、銀14個、銅17個、合計38個であった。金メダル数では過去最高のアテネ/東京の16個に遥かに及ばなかったが、メダル総数では史上最多とのことである。
さて、メダルを獲得した日本選手の話題はTV、新聞にお任せし、ここでは国別のメダル数にスポットを当ててみたい。
オリンピック公式ウエブサイトをはじめほとんどの新聞雑誌では、「金メダル獲得数の多い順」(同数の場合は銀メダル数、銅メダル数の多い順)、すなわち『ゴールドメダル・ポイント・システム』によって各国のランク付けがされている。
日本は金メダル数が7個で、オーストラリア、カザフスタンと同数であるが、銀メダル、銅メダル数により、11位と惜しくもベスト10を外れる評価となっている。

しかし、ここ数日のニュースでは「メダル総数で史上最多」という表現が目立ち、総数で見ると一気に世界6位まで浮上することになる。絶対的な評価システムが或るわけではなく、これもまた一つの見方かも知れない。

しかしそれならば、「銀と銅のメダルの価値はどう評価するのか?」という疑問が湧いてくる。
さすがに世界には評価付(格付け)好き?が多々おられるようで、単に金メダル数とか総メダル数だけでなく、金・銀・銅にしかるべきウエイトを付けをした『オリンピックメダル・ウエイト・ランキングシステム』なるものが存在するようである。
勿論公式なものではなく、それなりの理論づけを基に「総合的な実力」を見極めようとするものであろう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Threeolympicmedals_2Top end sports
Comparison of Weighted Ranking Systems at the Olympics

オリンピックにおけるウエイト・ランキング・システムの比較

・ simple point system (3:2:1) ---gold 3 points, silver 2 points, and bronze 1 point.
  A simple intuitive formula that is commonly used as an alternative to counting golds or total medals. According to Wikipedia, this weighting method is part of the Fibonacci sequence which values a gold medal as much weight as a silver and a bronze medal combined.
・ シンプル・ポイント・システム
 
フィボナッチ数列 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …

Topendsports_jpeg2_2・ New York Times weighted point system (4:2:1) --- gold 4 points, silver 2 points, and bronze 1 point.
  An exponential points system giving ' Medal Points' described in the New York Times in 2008.
・ ニューヨークタイムズ・ウエイト・ポイント・システム
  
2008年のニューヨーク・タイムズに掲載された 'メダルポイント'指数システム

・ 1908 London point system (5:3:1)--- gold 5 points, silver 3 points, and bronze 1 point.
  This was the system first introduced in 1908 by the organizers of the London Games.
・ 1908年ロンドン・ポイント・システム 
  
1908年ロンドン・オリンピック組織委員会によって最初に発表されたシステム

・ Luchies Olympic Formula (LOF) point system (5:3:2) --- gold 5 points, silver 3 points, and bronze 2 point.
  A system presented by blogger Michael Luchies.
・ LOFポイント・システム
 
 科学者マイケル・ルーチーズ提案のシステム

・ Topend Sports point system (6:2:1)--- gold 6 points, silver 2 points, and bronze 1 point,
  
something I tried to give more value to gold medals, while still giving some value to silver and bronze.
  There is no scientific theory to this one, it just seems resonable to me.

・ トップエンドスポーツ・ポイント・システム
  トップエンド・ スポーツ・システム。科学的理論はないが、ルーズナブルと考えられる
--------------------------------------------------------------------------

そこで試しに、これらのウエイト・ランキング・システムにより今大会を評価し、「比較表」を作成してみた。
Medal_ranking_2
これによると、ゴールドメダル・ポイント・システムで1・2位の米国、中国はいかなるシステムで評価しようとその地位は揺るがないが、他の国はシステムによってランクが上下する興味深い結果が得られた。
、独、、韓、日、豪、伊、洪、哈の順位となる、.・・・・・ロシアなどは何か一言ありそうである・・・・・。

Http__london2012_goo_ne_jp_medals_2 因みに、日本はゴールドメダル・システムで11位、メダル総数では6位、シンプル・ポイント・システム7位、ニューヨーク・タイムズ・ウエイト・ポイント・システム 8位、1908年ロンドンオリンピック・ポイント・システム 9位、LOFポイント・システム 7位、トップエンド・スポーツ・ポイント・システム 8位となり、各システムのランクを“編集者の独断”で単純平均してみたところ、平均値は8位となった。
ポイント・システムが総合的な実力を量るものだとすれば、日本の実力度は世界 8位であり、個人的にはリーズナブルではないかと思っている。
読者各位のご意見は如何なものであろうか?

比較表pdf: 「medal_ranking.pdf」をダウンロード 

Topendsports_jpeg_3Top end sports website:
http://www.topendsports.com/events/summer/medal-tally/rankings-weighted.htm
http://www.topendsports.com/events/summer/medal-tally/rankings.htm
http://www.topendsports.com/events/summer/medal-tally/rankings-weighted-athletes.htm
Sailing Rank: http://www.topendsports.com/events/summer/medal-tally/rankings-sports-sailing.htm
Copy:「0_www_topendsports_com_events_summer_medaltally_rankingsweighted.jpg」をダウンロード 「1_www_topendsports_com_events_summer_medaltally_rankings.jpg」をダウンロード 「2_www_topendsports_com_events_summer_medaltally_rankingsweightedathletes.jpg」をダウンロード
「3_www_topendsports_com_events_summer_medaltally_rankingssportssailing.jpg」をダウンロード

London2012 website: http://www.london2012.com/medals/medal-count/
Copy: 「www_london2012_com_medals_medal-count.jpg」をダウンロード

|

« London Olympic 2012 Cheerleaders / Part ll | トップページ | Vote for Windsurfing in Rio 2016 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« London Olympic 2012 Cheerleaders / Part ll | トップページ | Vote for Windsurfing in Rio 2016 »