« 2012JSAF外洋内海キールボートサーキット 年間ポイント確定 | トップページ | ISAF会議:ウインドサーフィン復活までの"迷走" »

2012年11月 9日 (金)

読者からの質問と回答 「ISAFクイックテスト - フィニッシュ」

読者からの質問;
>貴ブログの貴重な情報をいつも興味深く読ませていただいております。ご多忙中恐れ入りますが、下記についてご教示頂けたら幸いです。
>掲載のクイックテスト質問33のインシデントです。

http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/rule-quize-2-qu.html (ISAF QUICK TEST Part1,Part2 (クイック・テスト))

http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/isaf-quick-te-1.html (ISAF QUICK TEST Part1 - PowerPoint)

Quicktest_33A
艇はフィニッシュした(回答1はい、ただし、正しいコースの帆走をしていない!)となっていますが?
1) 「正しいコース」とは、この設問でどのように理解するか?
2) 正しいコースを帆走していないならば規則28.1の前文により、まだフィニッシュしていないのでは?
3) このフィニッシュ後に正しいコースを帆走すれば、誤りを正したことになるのか?
4) このフィニッシュ後の正しいコースを帆走中、A艇はレース中か?
あるいは、フィニッシュ後のため、他のレース中の艇を避けていなければならないか?
5) 正しいコースの帆走をしていないこのフィニッシュで順位は確定か?
確定でない場合は、どの時点で、どの順位で確定となるか?
6) 戦術的なコース取りのために、このようなフィニッシュは許されるか?
7) 上記の各々に対し、規則のどこからそのような判断がされるか?

失礼を顧みず、突然このような質問をさせていただき、誠に申し訳ありません。宜しくお願い申し上げます。

編集者による解答;
1) 「正しいコース」とは、この設問でどのように理解するか?
正しいコースとは、RRSでは規則28(コースの帆走)に従うこと“だけ”である。
すなわち、艇の航跡を示す糸(a string representing her track)ぴんと張った場合、(a)それぞれのマークを定められた側で通過し、(b)それぞれの回航マークに触れること、でなければならない。
当例の場合、糸ぴんと張ってみると(A艇のバウに糸を付け引っ張る)、ピンエンドのフィニッシュ・マークが糸の右側になってしまう。上記(a)に従うためにはピンエンドのフィニッシュ・マークが糸の左側にならなければならないため、規則28.1に従っていない、すなわち正しいコースを帆走していないことになる。

2) 正しいコースを帆走していないならば規則28.1の前文により、まだフィニッシュしていないのでは?
フィニッシュとは、RRSでは定義:フィニッシュに従うこと“だけ”で、規則28とは切り離して解釈しなければならない。(反対に、規則28には定義:フィニッシュが含まれている)
すなわち、艇体が最終マークからのコースの方向でフィニッシュ・ラインを横切るとき、どのようなコースを帆走しようとも(極端な例ではほとんどのマークを回航しなくとも)、艇はフィニッシュしたことになる。
当例の場合、A艇は位置4で最終マークからのコースの方向で、『最初の(for the first time)』フィニッシュをしているので、定義フィニッシュに従っている。

3) このフィニッシュ後に正しいコースを帆走すれば、誤りを正したことになるのか?
そして“最初”のフィニッシュ後、正しいコースを帆走し直す、具体的にはこのままピンエンドもしくはスターボードにあるフィニッシュ・マークのいずれかを回ることによって規則28.1に従い、その後フィニッシュ・ラインを横切れば、『規則28.1に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正した後(after correcting an error made at the finishing line, under rule 28.1.』二度目のフィニッシュをしたことになる。

4) このフィニッシュ後の正しいコースを帆走中、A艇はレース中か?
あるいは、フィニッシュ後のため、他のレース中の艇を避けていなければならないか?
厳しい質問です・・・・・・・・。
レース中とは、定義:レース中に従うことで、艇がその準備信号から、フィニッシュしてフィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを離れるまで、その艇はレース中である。 
A艇は『最初の』フィニッシュをして、フィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを“離れて”しまうとレース中でなくなるのは、定義のとおりである。
しかし、規則28.1に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正そうとして帆走している場合は、レース中と解釈しなければならない。この場合、その艇には規則21.2(ペナルティーの履行)とか規則23.1(レース中でない艇の他艇に対する妨害)は適用されず、通常の航路権が保証される。

5) 正しいコースの帆走をしていないこのフィニッシュで順位は確定か?
確定でない場合は、どの時点で、どの順位で確定となるか?
レース委員会は、
(1) 艇が①最初にフィニッシュ・ラインを横切った時(位置4「最初のフィニッシュ順位」を記録し、
(2) 次に、もしその艇が③規則28.1に基づいてフィニッシュ・ラインで行った誤りを正し、再度フィニッシュ・ラインを横切った時、「二度目のフィニッシュ順位」を記録し、その順位を「最終的なフィニッシュ順位」として記録しなければならない。
しかしながら、
(1) フィニッシュ・ラインで行った誤りを正していない場合は、艇Aに対し規則28.1違反として抗議をしなければならない。
(2) 『抗議をしなかった』または『抗議が無効となった』場合には、レース委員会としては“不本意であろうが・・・”その艇の最初にフィニッシュ・ラインを横切った時の順位を「最終的なフィニッシュ順位」として記録しなければならない。
《関連記事に詳細を記載》

6) 戦術的なコース取りのために、このようなフィニッシュは許されるか?
このようなコースを帆走するのが戦術的と自らが考えるなら、例えばA艇の風上にライバル艇がいてその艇を風上に追い上げて大きく順位を落させたい場合、その艇の「任意」である。
ただしこのようなコースを帆走した場合、前述のようにピンエンドもしくはスターボードにあるフィニッシュ・マークのいずれかを回り、その後フィニッシュ・ラインを再度横切らなければならない時間ロス(場合によれば順位ロス)のリスクは覚悟しなければならない。

7) 上記の各々に対し、規則のどこからそのような判断がされるか?
定義:フィニッシュおよび規則28(コースの帆走)に従うことだけである。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
RRS
定義:フィニッシュ  艇体、または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部が、次のいずれかの場合で最終マークからのコースの方向でフィニッシュ・ラインを横切るとき、艇はフィニッシュするという。
  ① 最初のとき。
  ② 規則44.2
に基づきペナルティーを履行した後。
  ③ 規則28.1
に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正した後
規則28 
コースの帆走
28.1 
艇は、スタートし、それぞれのマークを正しい順序で定められた側で通過し、フィニッシュしなければならない。スタート後フィニッシュするまでのその艇の航跡を示す糸をぴんと張った場合、次のようになっていなければならない。
  (a)
それぞれのマークを定められた側で通過。
  (b)
それぞれの回航マークに触れること。
  (c)
ゲート・マークならば、その前のマークの方向からゲート・マークの間を、通過。
艇は、この規則に従うために誤りを正すことができる。フィニッシュ後は、艇はフィニッシュ・ラインを完全に横切る必要はない。
28.2 
艇は、その艇がいるレグの起点、境界または末端でないマークをどちらの側で通過してもよい。ただし、艇は、スタートするためにプレスタート・サイドからスタート・ラインに近づいている場合、スタート・マークを定められた側で通過しなければならない。
定義:レース中  艇がその準備信号から、フィニッシュしてフィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを離れるまで、もしくはリタイアするまで、またはレース委員会がゼネラル・リコール、延期、もしくは中止の信号を発するまで、その艇はレース中であるという。
 

関連記事:
2011-02-18
『読者からの質問と回答 「ペナルティー回転とコースの帆走」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/9988.html
図表pdf(2 pages): 「penalty_finish_ww_lw.pdf」をダウンロード


Penalty_finish_ww_lw_page1_8

2009-10-20 『抗議書シリーズ
6 「フィニッシュ・マークとの接触とペナルティー履行」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/6-bcc0.html
図表pdf(1 page): 「protest_6_Finish.pdf」をダウンロード English version pdf(2 pages):「protest_6_finish_english_version.pdf」をダウンロード

Protest_6_finish_2 Protest_6_finish_english_page1_9

|

« 2012JSAF外洋内海キールボートサーキット 年間ポイント確定 | トップページ | ISAF会議:ウインドサーフィン復活までの"迷走" »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012JSAF外洋内海キールボートサーキット 年間ポイント確定 | トップページ | ISAF会議:ウインドサーフィン復活までの"迷走" »