« Melbourne-Osaka Double-Handed Yacht Race 2013 - 大阪カップ | トップページ | 2013春の関西ミドルボート選手権 - Kansai MiddleBoat Championship »

2013年3月 7日 (木)

C節チャート (規則18, 19, 20, 21)

Taking_in_the_zone 前回RRS2009-2012改定のハイライトは、なんと言っても従来から複雑難解と言われていたマークおよび障害物の回航と通過に係わる規則が全面的に見直されたことです。この改訂により、マーク(障害物)の回航・通過で存在していた玉虫色の解釈が削減、是正されました。

今回RRS2013-2016のC節
は、「定義:マークルームと規則18.3(ゾーン内でのタッキング)の2つの規則変更」と「表現の整理」のみの改定で大枠の変更はなく、“GAME"に影響を及ぼすものはない、と云われています。

しかしながら、C節『マークルームおよび障害物において』の条文は3ページに過ぎないにも関わらず、基本的なA節『航路権』およびB節『一般制限』の規則を、マーク(障害物)周辺の場面に限定して制約したり解除したりするという性格上、例外的記述が多く、規則間で条文が行き来し、まだまだ簡潔明瞭とは言いがたいものです。
そこで今回、C節を網羅するすべての規則を、論理的な手法であるN-S Chartを用いて図表化してみました。ルールブックを勉強する時の一助になればと思います。

  ----- C(規則18, 19, 20)チャート 〈概要〉 ----- ----- C(規則18, 19, 20)チャート 〈詳細〉 -----
Rrs_c_excel_outline_20132016_3 Rrs_c_excel_detail_20132016_3

  -----
規則20チャート(障害物においてタックするためのルーム)
Rrs_20_excel_20132016_2
pdf: 「rrs_c_excel_outline_20132016.pdf」をダウンロード 「rrs_c_excel_detail_20132016.pdf」をダウンロード 「rrs_20_excel_20132016.pdf」をダウンロード


関連記事:2009-11-04「読者からの質問「規則20, 障害物においてタックするためのルーム---その3」」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/rrs20-ee6f.html
2009-04-25「規則14 - 接触の回避 - チャート : RRS14 N-S CHARThttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/14---dab8.html

|

« Melbourne-Osaka Double-Handed Yacht Race 2013 - 大阪カップ | トップページ | 2013春の関西ミドルボート選手権 - Kansai MiddleBoat Championship »

Racing Rules of Sailing (RRS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Melbourne-Osaka Double-Handed Yacht Race 2013 - 大阪カップ | トップページ | 2013春の関西ミドルボート選手権 - Kansai MiddleBoat Championship »