« ゾーン内でのタッキング(規則18.3) - Tacking in the Zone | トップページ | C節チャート (規則18, 19, 20, 21) »

2013年3月 5日 (火)

Melbourne-Osaka Double-Handed Yacht Race 2013 - 大阪カップ

M2o_jpeg
乗員わずか
2名、無寄港5,500海里、世界唯一の太平洋縦断ヨットレース
メルボルン大阪ダブルハンドヨットレースが復活開催

20133 レーススタート~

オーストラリアのメルボルンから日本の大阪まで、赤道を越えてダブルハンド(2人乗り)で太平洋を縦断する「メルボルン大阪ダブルハンドヨットレース」が、大阪市とメルボルン市の姉妹都市提携35周年にあたる2013年に復活開催することが決定しました。
本レースは大阪港開港120年と大阪北港ヨットハーバーのオープンを記念して1987年に第1回大会を開催。シーマンシップの育成、メルボルンと大阪の姉妹都市・姉妹港としての友好親善を目的にその後4年毎に開催されてきましたが、2007年の第6回大会を最後に経済的理由から開催は見送られてきました。
レースホストヨット団体であるサンドリンガムヨットクラブ(SYC)と大阪北港ヨットクラブ(OHYC)はレース再開催模索のために交流を継続し、本レースの開催目的の一つに挙げられている市民レベルでの友好親善をさらに発展させ、この度、サンドリンガムヨットクラブ(SYC)とオーシャンレーシングクラブ オブ ビクトリア(ORCV)、大阪北港ヨットクラブ(OHYC)は、主催・運営団体となるメルボルン大阪ダブルハンドヨットレース社(OA)を設立し、本レースの復活開催に向け始動しました。

Nor_jpeg_3 レースの概要
1.
開催目的
本レースは、姉妹都市・姉妹港の絆で結ばれているメルボルンと大阪を、乗員わずか2名(ダブルハンド)のヨットにより無寄港で競われる世界で唯一の太平洋"縦断"外洋ヨットレースで、3月に南半球のメルボルン港をスタートし、秋・夏・春の異なる季節を経験しながら、全行程約5,500海里(約10,200km)を約1ヶ月から2ヶ月間かけて北半球の大阪港にフィニッシュします。
メルボルンと大阪間という長距離を2人で帆走する外洋ヨットレースを通じてシーマンシップの育成(技術、精神、装備等々)を目指し、またメルボルンと大阪両市の国際交流の輪を広げ、市民レベルでの友好親善のさらなる進展を目指すとともに、海洋スポーツの振興発展に寄与し、海事思想の普及と高揚に貢献するものです。2013年に復活開催される本レースは姉妹都市提携35周年を祝うレースになります。

2. 実施主体
主催 : メルボルン大阪ダブルハンドヨットレース社 (OA)
主催協力:サンドリンガムヨットクラブ(SYC)
オーシャンレーシングクラブ オブ ビクトリア(ORCV)
大阪北港ヨットクラブ(OHYC)
後援: 大阪市

3. 実施内容
(1)レーススタート:2013317日から31日。スタート日はエントリー艇の低速艇から順に高速艇へ移行する。主たるスタート日は324()とする。
(2)コース :メルボルン港から大阪港、寄港なし。
(3)距 離 :約5,500海里(約10,200km)。
(4)所用日数:約3週間(ファーストフィニッシュ)から6週間。
(5)タイプ :ダブルハンド(2人乗り)
(6)参加費用:エントリー登録費 AU$500 :エントリー(20121231日まで) AU$2500 :レイトエントリー(201311日以降) AU$3000 :レイトドキュメント AU$250

Chart 4. レースの特徴
このレースは、スタートスキッパー(艇長)とコスッキパー(乗組員)2人だけで、全長10mから20mのシングルハル(単胴型)外洋ヨットを操船し、オーストラリア東部海岸から赤道直下の多島海を抜け、日本近海を経て大阪港まで複数の変化に富んだ気象海象を走破します。
「ダブルハンドヨットレース」は、シングルハンド(1人乗り)ヨットレースとともに、「ショートハンドヨットレース(クルーの少ないヨットレース)」と呼ばれ、たった2人の乗り手の息の合ったチームワークと信頼関係が完走の重要な要素となります。肉体的にも精神的にも誠に厳しいヨットレースであり、強いチャレンジ精神と沈着冷静な判断が求められます。

5. レース公示について
レースのノーティス(V1.00)、帆走指示書が発表されています(英文)。下記のメルボルン大阪ダブルハンドヨットレースホームページにアクセスしてご覧ください。http://www.melbourneosaka.com/
レース公示:「2013_osaka_nor_v1.10).pdf」をダウンロード


6.
今後のレース案内について
今後、レースに関する新たな情報は、上記のメルボルン大阪ダブルハンドヨットレースのホームページ、並びに下記の大阪北港ヨットクラブのホームページにて随時ご案内させていただきます。http://ohyc-yacht.com/MOCDHYR/index.html


7.
主な団体の説明
・サンドリンガムヨットクラブ:Sandringham Yacht Club (SYC)
メルボルンにある名門のヨットクラブで、大阪北港ヨットクラブの姉妹ヨットクラブです。
ISAF World Cup – Sail Melbourneの開催クラブとしても有名です。
メルボルン大阪ダブルハンドヨットレースのホストクラブの一つであり、レースのスタートを担当します。http://www.syc.com.au/

・オーシャンレーシングクラブ
オブ ビクトリア:Ocean Racing Club of Victoria (ORCV)
オーストラリア ビクトリア州の海洋・外洋ヨットレースを運営している組織です。http://www.orcv.org.au/

・大阪北港ヨットクラブ:Osaka Hokko Yacht Club (OHYC)
大阪北港ヨットハーバーで活動するヨットクラブで、メルボルン大阪ダブルハンドヨットレースのホストクラブの一つであり、レースのフィニッシュを担当します。http://www.ohyc.gr.jp/j-hyousi.html

|

« ゾーン内でのタッキング(規則18.3) - Tacking in the Zone | トップページ | C節チャート (規則18, 19, 20, 21) »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゾーン内でのタッキング(規則18.3) - Tacking in the Zone | トップページ | C節チャート (規則18, 19, 20, 21) »