« 規則55: ごみの処分 | トップページ | "全ての子どもに教育を" マララさんが国連演説 »

2013年7月 8日 (月)

第8回西日本A級ディンギー選手権2013西宮大会

Dinghy_jp_28回西日本A級ディンギー選手権2013西宮大会 ご案内 
初夏の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。諸兄におかれましては、第23回全日本千葉稲毛大会に何かとお忙しい日々をお過ごしの事と存じます。
標記の件、遅くなりましたが、本年度は9月に開催予定しております。
つきましては、下記要綱にて大会の概要をご案内させて頂きます。各クラブにおかれましてはご参加に向けてのご検討を宜しくお願い申し上げます。
実行委員会事務局

8回西日本A級ディンギー選手権2013西宮大会
レース公示 2 - 2013.07.07
1 共同主催 日本A級ディンギー協会  8回西日本A級ディンギー選手権2013西宮大会実行委員会
2 主管 関西大学A級ガンタークラブ
3 協賛(予定) 一点鐘 コスモマリン ハーケンジャパン ノースセール 135イースト JIB
4 協力(予定) 新西宮ヨットハーバー株式会社 一般社団法人関西ヨットクラブ
5 会場 西宮市西宮浜4-16-1新西宮ヨットハーバー  http://www.sinnisi-yh.co.jp/
6 大会期日 201397日(土)~8日(日)
7 適用規則  (1)本レガッタには「セーリング競技規則(RRS)」に定義された規則を適用する。 (2) 付則Dは適用しない。 (3) 規則44.1(ペナルティーの履行)の「2回転ペナルティー」を「1回転ペナルティー」に変更する。 (4) A級ディンギーレースにおける規則遵守について」を適用する。
002_68  参加資格  (1)本大会は日本A級ディンギー協会に加盟するクラブに所属している艇およびチームが参加できる。 (2) 参加を希望するチームは所定の参加申込書に必要事項を記入の上、731日までに下記連絡先へ(可能な限りemailもしくは郵送にて)参加申込をすることができる。 (3) 参加料については、下記の内「艇参加料」のみを、731日までに「参加申込書に記載の口座」宛てに振り込むこと。他の費用については大会受付時に支払うこと。
9  参加料  (1)艇 15,000円 (2)選手 9,000円/人 (3)選手傷害保険 500円/人(JSAF会員証の提示がある場合は不要) (4) レセプションのみ参加 5,000円/人 (5)弁当、お茶 1,000円/個
10 施設利用料(搬入) 施設利用料については 1,784円/1日/1艇(予定)
11 日程
         レース数は6レースを予定し、各日のレース数はレース委員会の裁量とする。
         97日(土)
         
09:00-10:00 受付 10:00-10:30 監督会議、開会式 13:00- 最初のレースの予告信号 18:00-20:00 レセプション(センターハウス2階ユーカリ)
         98日(日)
         
10:00- 2日目の最初のレースの予告信号 14:01以降 次のレースの予告信号は発しない 15:00-15:30 閉会式

12  計測と装備 (1)レース前の計測は行なわないが、各艇の責任において帆走重量を140kg以上にしなければならない。帆走重量とは艇体・センターボード・ラダー・ティラー・マスト・ブーム・ガフおよびそれらを固定する為のリギン、セールを言う。(オール、パドルおよびアンカーは含まない) (2)レース後の計測により違反した艇は抗議の対象となることがある。 (3)同一のリコールNo.を異なる艇に使用してはならない。 (4)直径最少6mm、長さ10m以上の曳航用ロープを搭載しなければならない。
13 安全規則 競技者は海上にいる間はライフジャケット(個人用浮揚用具)を着用しなければならない。ウェットスーツやドライスーツはライフジャケットとは認められない。また、膨張式のものは使用不可とする。
14 帆走指示書 大会会場にて受付時に配布する。
15 レース海面 新西宮ヨットハーバー沖の海面に設置する。海面図およびコース図は帆走指示書による。
16 得点 (1)本大会は1レースを完了することにより成立する。 (2) 艇の得点は、全てのレース得点の合計とする。(付則A2の変更) 
17 支援艇 (1)支援艇を認める。チーム名のわかる表記(旗等)をすること。 (2)支援艇はレースごとの予告信号からレース終了までの間レース艇を妨害してはならない。 (3)支援艇は自らの責任において出艇し、主催団体は大会前後、期間中に生じた物理的損害又は身体傷害若しくは死亡によるいかなる責任も負わない。
18 賞 (1) 1位、2位、3 および BB賞 (2)スキッパー最高齢の選手にシニアー賞 (3)参加選手全員に参加賞を授与する。 
19 責任の否認 参加者は自らの責任で参加する。規則4(レースをすることの決定)参照。主催団体は大会前後、期間中に生じた物理的損害又は身体傷害若しくは死亡によるいかなる責任も負わない。 
20 連絡先 546-0002大阪市東住吉区杭全町4-5-12
   
日鈑工業内 森島昭一郎 携帯電話090-2103-3782 e-mail: clean-eco@nb-nichiban.co.jp

2013-07-30追加:
参加申込書word: 「201320130707.doc」をダウンロード

改定レース公示pdf 「2013_nor.pdf」をダウンロード
帆走指示書pdf「2013_sis.pdf」をダウンロード


A
級ディンギー全日本選手権2013千葉稲毛大会:http://www.yachting.jp/regatta/country_34.html

関連記事:2010-05-17
2010年(第5回)西日本A級ディンギー選手権」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/20105a-b0f7.html

右上写真:barcheriva社製12feet Dinghy at Harken Japan, Nishinomiya:http://barcheriva.it/cantiere-ernesto-riva/

2013-09-09追加・成績:
Jpeg_4

|

« 規則55: ごみの処分 | トップページ | "全ての子どもに教育を" マララさんが国連演説 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 規則55: ごみの処分 | トップページ | "全ての子どもに教育を" マララさんが国連演説 »