« 再掲載2009年5月記事:あなたのボート・ゲストに知らせる(大切な)5つのこと | トップページ | 阿波踊り写真 『編集者10選』 2014 »

2014年8月24日 (日)

落水した時なすべき10のこと

Alt_swim_to_the_nearest_device_th_2 10 things to do if you are the 'Man' Overboard

Obviously, the best way to avoid MOB situations is to ensure your on-board systems don't allow you to go overboard.

However, have you thought through how actions you take in an overboard situation can increase your chance of recovery? Think it through now, before you are in a life challenging situation.

Man Overboard Victim Tips:


If you go overboard, what can you do to increase your chances of recovery?

The first answer is that if you are wearing flotation a Lifejacket, also called a Personal Flotation Device (PFD), your chances of recovery are 12 to 15 times better than if you don’t have one on. That’s an awesome fact!
If you aren’t wearing flotation there are several things that you can do to improve your chances of being seen in the water and getting back aboard safely.

1. Make sure you are seen and heard as you go over.

2. Get rid of heavy non-buoyant items including boots that fill with water
3. Keep clothing on, trapping air inside it if possible.
4. Don’t swim after the boat. Swim to any flotation that is thrown in the water.
5. Try to make yourself visible (put hood up on foul weather gear, splash water around you, wave arms)
6. Conserve energy. Don’t shout. Blow a whistle, if you have one. Blowing a whistle is more likely to be heard aboard the rescue vessel.
7. Float in the HELP position.
8. Wait for the boat to circle and return to you.

9. Look for the Lifesling and its retrieval/trailing line or a throw rope in the water.
10. Learn how to get into and fasten yourself into the MOB Recovery equipment on your boat.


落水した時なすべき10のこと

勿論のことであるが、MOBMan Overboard:落水)の場面を回避するための最善の方法は、落水しないようなオンボード・システムを確保することです。
しかしながら、落水した場面でとる行動がどれくらい救援の機会を増やすか考えたことがありますか? 命に係わる状況になる前に、ここでこれについて考えてください。 


落水犠牲者への助言: 
もし落水したならば、あなたは救助の機会を高めるために何ができますか? 
最初の答えは、もしライフジャケット、また個人用浮揚用具(PFD)とも呼ばれる、の浮力体を着用しているならば、着用していない場合よりも救援の機会が12倍から15倍となる、ことです。そのことは恐れ多い事実です!
ライフジャイブケットを着用していない場合でも、海上で発見され、安全に船に戻ってこられる機会を向上できるいくつかの事があります。 

1.      落水した時見られたか声が聞かれたかを確認しておきなさい。 
2.      水で一杯になったブーツを含め、重くて浮力のないものを脱ぎ捨てなさい。 
3.      衣服は着たままで、可能ならば内側に空気が溜まるようにしなさい。 
4.      ボートのあとを追って泳がないように。水中に投下されて浮いているものに向かって泳ぐように。 
5.      あなた自身が目立つようにしなさい(荒天用衣服のフードを出したり、周りの水をザブザブと音を立てたり、腕を振ったりしなさい)
6.      体力を使わないようにしなさい。大声で呼ばないこと。もし持っていたら、笛を吹くこと。笛を吹くことは救助する船舶に聞こえるのにおあつらえ向きである。 
7.      HELP姿勢で浮かんでいなさい。 
8.      ひと回りし、戻ってくるボートを待っていなさい。 
9.      ライフラインまたその回収/牽引ライン、または水中に投下するロープを捜しなさい。 
10.    ボート上にあるMOB救助装置をどのように使用するのかを習得し、やってみるようにしてください。 


Sail-World would like to thank
US Sailing for the information contributed to this article from their 'Safety at Sea' lectures.
http://www.sail-world.com/index.cfm?nid=99664 8:09 PM Fri 13 Jul 2012GMT
原文:「10_things_to_do_if_you_are_the_man_overboard.pdf」をダウンロード

関連記事:2014-08-13「あなたのボート・ゲストに知らせる(大切な)5つのことhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/the-five-things.html

|

« 再掲載2009年5月記事:あなたのボート・ゲストに知らせる(大切な)5つのこと | トップページ | 阿波踊り写真 『編集者10選』 2014 »

Sailing Events & Topics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再掲載2009年5月記事:あなたのボート・ゲストに知らせる(大切な)5つのこと | トップページ | 阿波踊り写真 『編集者10選』 2014 »