« DRAGON INTERPORT REGATTA 2014 – 写真集 | トップページ | 島精機カップ2014 (SHIMA SEIKI CUP) »

2014年10月 1日 (水)

読者からの質問と回答 「艇への広告」

D_10696167_543833755749216_170377_2 読者からの質問; 
>From: xxxxxxxx@dddddd.com

>Sent: Monday, September 29, 2014 8:48 PM

>To: senyamaoka@hotmail.com
>Subject:
艇への広告掲載
>
>いつもお世話になります。
>さてさっそくですが、11月に江ノ島にて開催予定のドラゴンクラス全日本選手権に於いて、参加艇の方からセールへの広告掲載の問い合わせが来ております。
>今回の場合、選手が在住している 地域を個人的に広報するための広告を掲示したいようで、スポンサーではないということです。
>
>あまり良く分かっていないのですが、ISAFのルールでは一定の場所を除いては可能な様ですが、ドラゴンのクラスルールでは出来ないのではないかと思います。
470wfleetnm >どちらのルールを優先遵守する必要があるのか、解釈を教えて頂ければ幸甚です。
>

>参考までにクラスルールを添付致します。
> http://www.sailing.org/tools/documents/DRA2013CR170413-[14855].pdf
>Page3 / 1.24Advertisingの記載があります。
>右写真はDragon Interport Regatta 2014 -Team Racingより。(A.S)


編集者による回答; 
ご質問の件、ここまで規則等をよくスタディーされており感服しています。 

結論: 
ドラゴン・クラス規則1.24 およびISAF広告規定(Regulation - Advertising Code20.5.1に則り、艇への「個人広告」は禁止されます。
個人を後援するスポンサー広告を含め、個人的なPRに該当するためです。

F7b02__14rs_x_14european_14_11_14yo 解説: 
1. ドラゴン・クラス規則および ISAF規定〈抜粋下記〉を参照ください。 

2. セーリングの広告については、ISAF Regulation 20. ADVERTISING CODEISAF規定20.広告コード)に基本的な規定があり、かつ各クラス規則においてクラスの規定があり、いづれが優先するわけではなく、両者でそのクラスの広告を規定します。

3. 広告については、ずっと以前は「原則禁止」でしたが、ISAF規定の初頭に『クラス規則または「システム」の規則が「広告」を表示する権利を禁止または制限していない場合には、「広告」は許可されるものとする。』と述べられているように、近年は「原則許可」に変更されています。

4. RRS2005-2008までは、広告カテゴリーと称し、(a)カテゴリーA :追加の広告はない、(b)カテゴリーC 艇体、スパーおよびセールには、付則Gにより識別のために確保されたスペース、並びに規定20.3に基づくスペースを除き、制限なしに広告が許される、が存在していましたが、 RRS2009-2012以降は、このカテゴリーも廃止されました。

Nacra17olympiccatamaran1 5. 現行のISAF規定の特徴は、特にオリンピック・クラス艇(次回は470, 49er, 49erFX, Finn, LaserLaser radial, Nacra 17, RS:X)は、クラス規則で広告を禁止してはならない、すなわち、これらの艇はどのような大会においても常に許可とされています。
また、 これらに準じる形で、現在ほとんどのクラスは「原則許可」となっています。
他の国内ポピュラー艇であるFJ420、スナイプ、テクノ293J/24X35等々にも制限はありません。

6.一方、オプティミスト級では「制限つき許可」です。クラス規則において、セール上の広告が禁止され、ハルの部分のみ、かつ一時的に粘着するステッカーのみが許される「一部禁止」となっています。(セールが小さいため国番号、セール 番号が見にくくなる理由から) 

7こうした中で、ドラゴンではクラス規則で「個人広告」は 明確に禁止されています。 
理由は知る由もありませんが、王侯のヨットとも呼ばれる伝統的な気品を守るようなことでしょうか? それとも1艇が1,000万円を超えるリッチな艇に、スポンサー等は無用ということでしょうか?  確かに美しさでは群を抜いていますが・・・。 
尚、大会の「スポンサー広告」はクラス規則で認められています。 
------------------------------------------------------------
Olympicsailing49ersfg DRAGON CLASS RULES
1.24  Advertising

In accordance with Regulation 20.5 no Competitor Advertising1 may be displayed on any boat.
[Note: An Organising Authority may require that boats display advertisig in accordance with Regulation 20.4 which may include Bow Numbers, Advertising on not more than 20% of the boom length, and a backstay flag]

ドラゴンクラス規則 
1.24 広告

ISAF規定20.5に従い、競技者の広告を艇に掲載することは許されない。 
注記:主催団体は規定20.4に従い、艇に広告を掲載するよう要求できる、規定にはバウ番号、ブームの長さの20%を超えない広告およびバックステイ・フラッグを含めることができる。] 

------------------------------------------------------------
Alt_davide_duchi_junioresimg_69951 ISAF規定(Regulation 
附属書1  広告規定

20.4 大会広告
20.4.1 規定20.6 に従って、主催団体は、艇がこの規定20.4.1 にリストされた「広告」を表示することを要求することができる。ただし、この要求がレース公示に記載されており、主催団体が必要とされる物質(ステッカー、旗、その他)を艇に提供することを条件とする。


20.5 クラス規則とシステムの規則 
20.5.1 この規定20.5 に規定されている場合を除き、クラス規則と「システム」の規則は、規定20.3に記載されているとおり、艇への「広告」を表示する権利を禁止または制限することができる。
クラス規則または「システム」の規則が「広告」を表示する
権利を禁止または制限していない場合には、「広告」は許可されるものとする

20.5.2 「広告」を表示する権利に関して適用クラス規則と「システム」の規則間に矛盾がある場合、より制限のある規則が優先するものとする
20.5.3 --- 〈割愛〉---
Americascup665x443 140914_extreme_ssistanbul_065_copy 20.5.4 今後のオリンピック・セーリング競技会での装備としてISAFにより選定された艇のクラス規則は、「レース中」に「広告」を表示する権利を決して禁止または制限をしてはならない

20.5.5 クラス規則と「システム」の規則は、艇に対しメインセールに国旗および/または「競技者」の名前を表示することを許可または要求することができ、またそれぞれの寸法と位置を記載しなければならない。このような許可または要求は、「広告」を表示する「競技者」の権利の禁止または制限と見なしてはならない。 
------------------------------------------------------------
オプティミストクラス規則 
2.8  

2.8.1 競技者の広告は次の場合のみ許可される: 大会広告用に指定されている部分を除くハルの部分競技者が使用する広告は 一時的に粘着するステッカーのみが許される。
2.8.2 ISAF 広告規定 20.2.4の追加として、タバコまたはアルコール製品の促進またはあからさまなセックスに類する広告は禁止される。

<写真上から> Dragon, 470, RS:X, Nacra 17, 49er, Optimist, Extreme Series (Istanbul 2014), America's Cup (Naples 2013)

個人的にはDragonのように何もなしか、Extremeのような走る広告塔が好きですね・・・・・やるならやる、やらないならやらない、はっきりしたいものです・・・・・。

|

« DRAGON INTERPORT REGATTA 2014 – 写真集 | トップページ | 島精機カップ2014 (SHIMA SEIKI CUP) »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DRAGON INTERPORT REGATTA 2014 – 写真集 | トップページ | 島精機カップ2014 (SHIMA SEIKI CUP) »