« B級ジャッジ認定講習・試験 - 2015.02.15 | トップページ | 関西ヨットクラブ「KYC 2015 レース日程」 - KYC Race Schedule 2015 »

2015年1月19日 (月)

読者からの質問と回答 「RRSを適用しないヨットレース?」

3_situations読者からの質問;
>ヨットレースをするためのルールが「セーリング競技規則(RRS)」であることは承知していますが、RRSを適用せず、他の規則、特に「海上衝突予防法」に従ってヨットレースはできるのでしょうか?

編集者による回答;
(結論)
所謂レースはできない。
なぜなら、「海上衝突予防法」は海上における船舶の衝突を予防し、船舶交通の安全を図ることを目的としたものであり、レースを目的とするものではないからである。

(解説)
1. 海上衝突予防法の原名は、International Regulations for Preventing Collision at Sea (IRPCAS)である。
その目的とするものは、第1条に『この法律は、「1972年の海上における衝突の予防のための国際規則に関する条約」に添付されている1972年の海上における衝突の予防のための国際規則の規定」に準拠して、船舶の遵守すべき航法、表示すべき灯火及び形象物並びに行うべき信号に関し必要な事項を定めることにより、海上における船舶の衝突を予防し、もつて船舶交通の安全を図ることを目的とする。』とある。
Vs1適用される船舶は、第2条に『この法律は、海洋及びこれに接続する航洋船が航行することができる水域の水上にある次条第一項に規定する船舶について適用する。』とあり、船舶とは、第3条『この法律において「船舶」とは、水上輸送の用に供する船舟類(水上航空機を含む。)をいう。 』とある
すなわち、「動力船」「帆船」「漁ろうに従事している船舶」「水上航空機」等々航行できる水上にある船舶すべてを統制する規則である。当然、レース中の艇にも適用される規則である。

2. セーリング競技規則の原名はRacing Rules of Sailingである。
その目的とする
ものは、文字通り「セーリングのレースルール」、「レースをするための規則」である。
言い換えれば、レースのため、レース期間中に、レース中の艇に限定して統制をする規則である。

3. 海上衝突予防法とRRSの違い(航路権)
海上衝突予防法については全文を添付しているので参照されたい。
その内、海上衝突予防法第二節「互いに他の船舶の視野の内にある船舶の航法」と「RRSにおける航路権」について比較表を作成してみた。
各条項ごとに、○同一、ほぼ同一、一部相違、×相違を記している。

Vs24.
セーリングのレースで海上衝突予防法が適用されるケース
レースにおける規則は、レース公示および帆走指示書の文頭に必ず記載されるように、
「セーリング競技規則(RRS)」である。レースに参加している艇間(同志)に対しては、RRS(のみ)が適用されることになる。
それでは、レース中にレースをしている艇とレースと関係のない艇(例えば漁船)が出会った場合、どの規則が適用されるのか?

その答えは、上述にあるように「海上衝突予防法が適用される」ことは理解できるが、RRS上にも敢えてその扱いが明記されている。
『第2章 前文後段
2章の規則に従って帆走中の艇とそれ以外の船舶とが出会った場合、「海上における衝突の予防のための国際規則(IRPCAS)」または航路権に関する国内法規を適用する。
帆走指示書に記載した場合には、
2章の規則は、IRPCASの航路権規則または航路権に関する国内法規に代わる。』

すなわち、レース艇対漁船には法制上、またRRSでも海上衝突予防法が適用されることになる。
同時に、レース艇が漁船に対し衝突法違反を犯したのを目撃した場合、それを目撃した他艇はRRSに則り違反したレース艇を抗議することができる。

Vs35. それではRRSを適用せず、「海上衝突予防法」のみに従うヨットレースはできるのか?
回答: できない。

なぜならば、RRSが「海上衝突予防法」との関係を述べているのは、あくまでも第2章(航路権)に関わる条項だけである。
レースを実施するには、第2章だけではなく、他の章すべて、すなわち第1章(基本規則)第3章(レースの実施)第4章(レース中のその他の要件)5章(抗議等)第6章(参加と資格)第7章(レースの主催)に統制されなければならない。
故にこれら
RRSを適用しない場合は、レースとしては成り立たないことになるからである。
第6章(参加と資格)、第7章(レースの主催)に述べられている主催団体などは顕著な例である。

6. RRS第2章を海上衝突予防法に置き換える場合
その1: 日没から夜明け(夜間)に限定して「海上衝突予防法」に置き換える。
このケースには妥当性のある理由がある。

その2: レース全体を(と云っても勿論第2章に限定し)たとえば終日「海上衝突予防法」に置き換える。
規則上では、できないことはない。
Vs4_2なぜなら第
2章前文後段に『帆走指示書に記載した場合には、第2章の規則は、IRPCASの航路権規則または航路権に関する国内法規に代わる』ともある。
しかしながら“邪道”であることは否めない。代えなければならない妥当性のある理由がない限り、やるべきではない。


7. 限定してRRS第2章を海上衝突予防法に置き換える具体例
レース全体を(終日)海上衝突予防法に置き換えている例は見当たらない。

〈「RRS」を海上衝突法に倣った形に変更しているケース: 衝突法を適用している訳ではない〉
U.S. Offshore Championship 2013
SAILING INSTRUCTIONS
1. Rules
1.1 This regatta will be governed by the Racing Rules of Sailing (RRS), the prescriptions of US Sailing and the current Championship Conditions, except as these are changed by the Notice of Race (NoR) and the Sailing Instructions(SI).
----
1.4 After sunset, when two boats on the same tack are within three boat lengths of each other, the boat clear ahead may not sail above her proper course, and the boat clear astern, if she elects to pass to windward, must do so at least two of those boat lengths from the leeward boat.

2013 Transpacific Yacht Race
NOTICE OF RACE
1 RULES
1.1 The race will be governed by the Racing Rules of Sailing (RRS) 2009-2012 including US SAILING prescriptions and the 2012-2013 ISAF Offshore Special Regulations (OSR) for Category 1 including US SAILING prescriptions (except as any of these are changed by the Notice of Race or the Sailing Instructions.)
1.2 For determination of the right of way between contestants, Part 2 of the racing rules shall govern, except between sunset and sunrise, the following shall be substituted for Rule 17: “When two yachts are on the same tack and within three overall lengths of the larger yacht, the yacht being overtaken shall maintain her proper course. The overtaking yacht shall keep clear and neither yacht shall bear away toward or luff the other.”

〈エンジン使用時のみ「海上衝突予防法」に置き換えるケース〉
Rolex Sydney Hobart Yacht Race 2013

Notice of Race
2.2 International Regulations
Whilst a boat in the Cruising Division is operating under its engine the relevant parts of the International Regulations for Preventing Collisions at Sea will replace the rules of RRS, Part 2 in their application to that boat.

〈夜間に限定し「海上衝突予防法」に置き換えるケース〉
Newport Bermuda Race 2012

Notice of Race
2 Rules

The Newport Bermuda Race will be governed by the following:
2.1 The rules as defined in (RRS), except as modified below:
a) RRS Part 2 will be replaced by Part B, the Steering and Sailing Rules, of the International Regulations for Preventing Collision at Sea (COLREgs) between the hours of local sunset and local sunrise.

JAPAN CUP 2014
29 全日本外洋ヨット選手権大会 2014
レース公示
1. 適用規則
1-1 The Racing Rule of Sailing 2013-2016 (RRS)に定義された規則を適用する。
1-1-1 RRS 2 章の規則は日没から夜明けの間は海上衝突予防法に置き換える。このシリーズにおいてレース日の午後18 32 分から 翌朝の5 時までとする。

8. 要点
航行できる水域の水上にある船舶すべてには「海上衝突予防法」が常に適用されていること、レースをしている艇には“その上に”RRSが適用されること。
とくに外洋(OffShore)レースの参加するに当たっては、「海上衝突予防法」の理解が必須となること。
限定して海上衝突予防法を適用するレースにおいては、両規則の切り換え指示に留意すること。

海上衝突予防法とセーリング競技規則の比較(航路権)pdf: 「iprcas_vs_rrs.pdf」をダウンロード
海上衝突予防法全文pdf: 「colregs.pdf」をダウンロード
RYA/RORC Guidance Racing under The IRPCAS:「ryarorc_guidance_racing_under_the_irpcas.pdf」をダウンロード ISAF Case109:「isaf_case109.pdf」をダウンロード

|

« B級ジャッジ認定講習・試験 - 2015.02.15 | トップページ | 関西ヨットクラブ「KYC 2015 レース日程」 - KYC Race Schedule 2015 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« B級ジャッジ認定講習・試験 - 2015.02.15 | トップページ | 関西ヨットクラブ「KYC 2015 レース日程」 - KYC Race Schedule 2015 »