« Rounding and passing "Gate Marks" at Volvo Ocean Race 2014-2015, Leg 4 | トップページ | 関空一周ヨットレース2015 - Around Kansai Intl. Airport Yacht Race »

2015年2月13日 (金)

Japan O'pen BIC Cup 2015 年度シリーズ

Open_bic_aus_open_2015_2Japan O'pen BIC CUP 2015年度シリーズ」の案内が日本オープンビッククラス協会(JOBCA)から送付されたので紹介します。

オープン・ビック(O'pen BIC)は、ボールペンで有名なフランスの筆記具メーカーであるBIC社が2006年に開発した新しい一人乗りハイ・パーフォーマンス・ボートで、ヨーロッパを中心に5,000隻以上が活動している。日本においても2012年に日本オープンビッククラス協会(JOBCA)がJSAF加盟団体となり全国的な展開が進んでいる。

世界大会であるWORLD O’pen CUP (WOC)は昨年で7回を数え、日本からは2009年の第2回から代表選手を派遣している。日本選手は参加した6大会すべてで連続メダル獲得の輝かしい成績を挙げてきており、いまや世界の強豪国の一つとなっている。
昨年大会では日本勢として初めての金メダルを抜井理紗さんがGirls部門で獲得している。

WORLD CUP
日本代表の戦績
:
2 2009 Medemblik(オランダ) 藤井純也君 U15 3
3 2010 Martinique (フランス領西インド諸島) 不参加
4 2011 Ascona (スイス) 木内宏治君 U15 2位(準優勝)、豊島以知朗君 U15 9位、花田義弘君 U13 3、岩田七海さん Open 5
5 2012 Miami USA) 木内宏治君 U15 3、松尾海里さん U13 Girls 7
6 2013 Garda (イタリア) 抜井理紗さん U13 Girls 2U13 7位 、木内宏治君 U16 7、石川航君、池田健人君、仲美南さん U16 Girls 9
7 2014 Travemunde (ドイツ) 抜井理紗さん Girls 1位(優勝) U13 2位(準優勝)、大石駿水君 U13 10位、木内宏治君 U19 5位 ほか池田、蔵田、松尾

Sbsclogo開催地はいずれも世界でセーリングのメッカと呼ばれている場所が選択されており、本年は2015年1227日から2016年1月3日まで、オーストラリア南部のメルボルンに近いSafety Beach Sailing Clubがその会場となる。
メルボルンの推定人口は、約408万人でシドニーに次いで同国第2位である。近代的で忙しい大都市のイメージが強いシドニーと比べると、歴史的な建物や文化が残り、のんびりして住みやすいという印象を持たれている。市内各所には、未だにイギリス風の建造物が多く、アフタヌーン・ティーをたしなむ習慣もある。


本年年末の開催ということでレース公示等がまだ公表されていないが、昨年のWORLD O’pen CUP同様に
- U19 Boys and Girls, 1999年から1996年生まれ 
- U16 Boys and Girls, 2002年から2000年生まれ 
- U13 Boys and Girls, 2006年から2003年生まれ
と門戸が広げられる予定である。ジュニア・セーラーにはもったいない程のシュチュエーションである。貴重な体験とよい思い出ができるのは必定であろう。
代表選考会であるJAPAN O'pen BIC CUPは下記。


WORLD O'pen CUP, Notice: TBC 
WOC Official Website: TBC,   Venue Website: http://safetybeachsailingclub.com.au/
O'pen BIC Class Association: http://class.openbic.com/
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Obca_japan_logo「JAPAN O'pen BIC CUP 2015」WORLD O’pen CUPの日本代表選手の選考会を兼ね、春休み末の327日から29日までの3日間でシリーズが開催される。『代表選考基準』が改定(緩和)され、最低1回の参加で代表に選出されるチャンスが得られる(詳しくはレース公示を参照)。
艇および宿泊も主催団体から提供される。この機会にぜひ参加し代表を勝ちとってほしい。
上記ロゴは国際O'pen BICクラス協会(OBCA)制定ロゴ。


Team_racing_3_on_3_3annoyチームレース戦 〈新〉
本年度のWORLD O’pen CUPから新しく『チームレース』が採用されることが決定している。国内においてもその機会を増やすため、今大会から Open戦としてチームレースを実施する(1チーム/3艇)。詳しくは帆走指示書で指示される。

WORLD CUP代表選考基準(レース公示より抜粋) 
10 World Cup日本代表認定基準
10.1
1戦シリーズの内、OPENディビジョンを除いた上位7名を日本代表候補として認定する。
10.2 2戦シリーズの内、OPENディビジョンを除いた上位7名を日本代表候補として認定する。ただし第1戦において既に資格を得た者は除いて繰り上げる。
10.3 1戦から第2戦において日本代表候補として認定された14名(最大)は、各候補者のWorld Cup参加の意思表明をもって、本2015World O'pen Cupの日本代表として推薦する。
11. Japan O’pen BIC Cupウイナー決定
11.1 シリーズ第1戦から第2の各順位の合計得点とし、最少得点をJapan O’pen BIC Cupウイナーとする、他はそれに応じて順位を決定する。
11.2 いずれかのシリーズに参加しなかった艇の順位は、2シリーズの1シリーズでも参加した艇の合計艇数+1点を付与する。
12. World Cup招待派遣選手選考基準
12.1 シリーズに参加したU16またはU131名を、World Cup招待派遣選手とし、渡航費を協会が負担する。

レース公示 NoR pdf:「20150122penbiccup.pdf」をダウンロード
JOBCA Website: http://jobca.net/

関連記事:

2014-07-30「O'pen BIC World Cup 2014 - Travemunde, GER, Japanese Sailors」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/open-bic-world.html
2013-08-30
O'pen BIC World Cup 2013 - Part II (Japanese Sailors)http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/open-bic-worl-1.html
2012-12-13O'pen BIC World Cup 2012 - 105 kids in Miami http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/world-open-cup.html
2011-08-02O'pen BIC World Cup 2011 - Silver & Bronze Medalshttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/open-bic-world-.html
2010-11-22O’pen BIC World Cup & JAPAN O'pen BIC CUP 2010http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/japan-open-bic-.html
O'Pen BIC World Cup VIDEO 2013, 2012, 2011: http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/open-bic-world-.html

|

« Rounding and passing "Gate Marks" at Volvo Ocean Race 2014-2015, Leg 4 | トップページ | 関空一周ヨットレース2015 - Around Kansai Intl. Airport Yacht Race »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Rounding and passing "Gate Marks" at Volvo Ocean Race 2014-2015, Leg 4 | トップページ | 関空一周ヨットレース2015 - Around Kansai Intl. Airport Yacht Race »