« ヨットマンの集い2015開催のご案内 | トップページ | Have you ever seen someone go 54 knots on a windsurfer? »

2015年11月16日 (月)

読者からの質問と回答 「オフセット・マークの回航」

La_wa_1_2読者からの質問;
>
先般開催されたキールボートレガッタのインショアーレースは風上-風下コースで、風上マークのポート側に「オフセット・マーク(Offset Mark)」が設置され、マーク1(風上マーク)を回航後、オフセット・マーク1aを回航する帆走指示書でした。
>
さて、マーク1とオフセット・マークとの距離が思ったより短く、推定ですが20m前後しかなく、オフセット・マークを回航後、ポートタックで上ってくる艇と交差しそうになったり、ジャイブができにくい場面がありました。尚二つのマークはほぼ平行に位置していました。
>
そこで3つの疑問がありますので、質問いたします。
>質問1 
>ある艇がマーク1に接触し、ばたばたしている間に、マーク1とオフセット・マークとの距離が狭いこともあって、オフセット・マークにも接触していました。
この場合、規則44.1に基づく1回転ペナルティーは二度(マーク1との接触+オフセット・マークとの接触)、すなわち2回転しなければならないのでしょうか? 
二度しなければならない場合、回転する場所はオフセット・マーク1aを回航したあとでよいのでしょうか?

>質問2 
>また別のレースでは、ある艇がマーク1を回航後、オフセット・マークを見逃し、そのまま風下レグへ進んでしまいました。その艇は直後に見逃しに気が付き、マーク1から回り直しをし、オフセット・マークを回航した場面を見ました。
>このケースの場合、マーク1の回り直しは必要ありませんよね? 
>それともマーク1とオフセット・マークは「セット」なので、2つとも回り直さなければならないのでしょうか?

>質問3 
>そもそもマーク間の距離に何mとか何艇身とかの基準はないのでしょうか?
>
以上よろしくお願いいたします。
(T.I)

編集者による回答;
このようなケースが起きたそもそも原因はマーク1とオフセット・マークとの距離が 狭すぎることにあります。
このマークの目的である安全が担保できない設置はナンセンスですし、無駄と云うものでしょう。狭すぎるよりむしろ広すぎる方がオフセット・マークの本来の機能を発揮できることになります。
mと決めるより、クラスの要件に合わせ「何艇身」と考えるべきでしょう。後述の実際例等からすると、10-15艇身がリーズナブルなところでしょうか。

まず回答をします。

Touching_double_marks回答1: (右図参照)
・ マーク1との接触+オフセット・マークとの接触で二度の1回転(あわせて2回転)をしなければなりません。
・ 回転場所は、オフセット・マーク1aを回航したあとでOKです。
 規則44.21回転と2回転ペナルティー)では「艇は、インシデントの後きるだけ早く他艇から十分離れた後、1回のタックと1回のジャイブを含む回転を、・・・・」とあるが、このケースのように二つのマークが(異常に?)近い場合には、マークとマークとの間での回転は不可能とみなし、この図のようにオフセット・マークを回航した位置を「離れた」と見做すことができます。(勿論周りに他艇がいないという条件には従わなければなりません)
・ 二つのマークが十分離れている場合は、マーク1との接触後に他艇から離れて1回転し、その後にオフセット・マークを回航し、もし接触すれば更に1回転をしなければなりません。(規則どおり)


Mark_rounding_mistakes回答2: (右図参照)
・ マーク1とオフセット・マークが「セット(一対一組)」という観念はありません。各々が独立したマークと考えてください。
・ 見逃したオフセット・マークのみを回ればOKです。

・ 質問の艇(黄色艇)のマーク1の回り直しは必要ありません。規則違反ではありませんが、"無駄な" 帆走です。
・ 青色艇の航跡が正解です。

 オフセットとはそもそも「水平に隔離する」との意味です。あるクラスの帆走指示書では Spreader Mark(横に広げたマーク)と呼称しているように、横並びに設置される状態を表すものです。

回答3
・ オフセット・マークの基準的なものは、RRSには何の記述もありません。唯一「附則L:帆走指示書ガイド」のコースの図示(4)に「風上マークでオフセット・マークを用いる」との記述があるだけです。
・ またISAF Race Management Manualにも1箇所しか記述がありません。(下記)
 詳しくは
2014-10-27『読者からの質問と回答 「オフセット・マークとゲート」』を参照ください。http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-3865.html

Rmm_offset_markISAF Race Management Manual
オフセット・マーク 
このマークは、風下レグを始めて、スピネーカーをホイストしている艇と、風上レグを第1マークにアプローチしている艇を、引き離すために、種々のクラスで使用される。設置されるマークの、第1マークからの角度と距離は、クラスごとに特有である。大会準備の早い段階において、レース・オフィサーとクラス協会の間での多くの折衝項目の一つである。 
主要な大会では、オフセット・マークは、内角
80°, 距離0.02海里(40mで設置されることになるだろう。
ただし解説の部には、距離50-100 metresとか、内角80°- 90°、距離60mの表現もある。
マーク
このマークは通常は第1マークよりも小さい。ダン・ブイ(Dan buoy: 標識浮標)がこのマークにしばしば使用される。もし、第1マークとオフセット・マークの両方が同じ大きさと形状ならば、片方のマークだけの移動によって、風下レグの素早い調整が可能となる。

***************************************************************************
これだけでは十分な回答になっていない気がするため、少し掘り下げ、各クラス別の帆走指示書を閲覧してみた。まさにクラスの特性を反映している。

オフセット・マークの設置の際、少しでも参考になれば幸甚である。
--------------------------------------------------------------------------

Doragon_diagramOffset Mark / Spreader Markを適用した帆走指示書(4例)
#1
INTERNATIONAL DRAGON CLASS WORLD CHAMPIONSHIP 2015

4 – 12 June 2015, LA ROCHELLE – FRANCE

SAILING INSTRUCTIONS
8. COURSES

See Attachment B.
・ All course marks are to be left to port, except marks 3s.
・ Distance between mark 1 and mark 2: 100m approx.
・ Angle between upwind leg and bearing from mark 1 to mark 2: 100° approx.

8.1 Start – 1 – 2 – Gate 3(s) 3(p) – 1 –2 - Gate 3(s) 3(p) – finish.

9. MARKS
9.1 Marks 1, 2 and 3s/3p will be inflatable tetrahedral orange buoys.
9.2 New marks, as provided in instruction 12.1, will be inflatable tetrahedral black buoys.

<まとめ>
(1) Offsetマークを設置。
(2)風上マーク(マーク1)とOffsetマーク(マーク2)間の距離は約100m。<約11艇身>
(3)風上レグとマーク1からOffsetマークへの方位間の角度は約100度。<やや風上>
理由:スピネーカーあり艇
(4)マーク1Offsetマークは同一形状、代替マークも同一形状。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Snipe_diagram#2
SNIPE CLASS 2014 WESTERN HEMISPHERE & ORIENT CHAMPIONSHIP

SEPTEMBER 6, 2014 through SEPTEMBER 12, 2014,
SAN DIEGO, CALIFORNIA, USA

SAILING INSTRUCTIONS
8 THE COURSES
8.1 The diagrams bellow show the courses, including the approximate angles between legs, the order in which marks are to be passed. All course marks (except gates) shall be left to port.

9 MARKS
9.1 Marks 1, 2, (3 and 3P) will be red inflatable cones, and may have white bands with sponsor logos attached.
9.2 Mark 1A will be an orange ball.
9.3 New marks, as provided in instruction 12.1, will be yellow tetrahedrons.


<まとめ>

(1)風上-風下コースの場合(他にOLYMPICコース、TRIANGLEコースあり)、Offsetマークを設置。
(2)風上マーク(マーク1)Offsetマーク(マーク1A)間の距離については記述なし。
(3)風上レグとマーク1からOffsetマークへの方位間の角度の記述はないが、90度より少ない。<やや風下>
理由:スピネーカーなし艇

(4)マーク1はブイ、Offsetマークはボールで、形状は異なる。代替マークは同一形状。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Melges_diagram_2#3
MELGES 24 CLASS WORLD CHAMPIONSHIP 2014

27 January - 02 February 2014, Royal Geelong Yacht Club Geelong, Victoria, Aistralia

SAILING INSTRUCTIONS
11 COURSES

11.1 The course to be sailed will be windward-leeward.
11.2 Spreader/offset marks and leeward gates will be used, as shown in Addendum A.
--
11.5 Marks 1 and 1a shall be left to port. Mark 1a is an offset mark and will be positioned to port of mark 1.
11.6 If only one gate mark is set, boats shall leave the single mark to port.

12 MARKS

12.1 Description of the Marks:
                           Original Marks      New Marks 

Mark 1               Orange Inflatable   Blue Inflatable
Mark 1A            Orange Inflatable   Blue Inflatable
GATE (2P/2S)   Red Inflatable        White/blue Inflatable
Start/finish         RC boat and Inflatable  RC boats and Inflatable

<まとめ>
(1)Spreader/Offsetマークを設置。マーク1のポート側に設置。
(2)風上マーク(マーク1)Offsetマーク(マーク1A)間の距離について記述はない。
(3)風上レグとマーク1からOffsetマークへの方位間の角度についても記述ないが、ダイアグラムからはほぼ直角。
(4)マーク1Offsetマークは同一形状、代替マークも同一形状。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

J24_diagram#4
2015
J/24 WORLD CHAMPIONSHIP

28th August to 4th September, Boltenhagen/Germany

SAILING INSTRUCTIONS
8. COURSES:

8.1 Courses will be windward/leeward with 5 legs (course 5) or four legs (course 4).
8.2 The diagrams in Attachment 2 show the courses.
---

8.4 An offset mark (designated mark 1a) will be used in conjunction with mark 1. The offset mark will be placed to the left of mark 1 (looking up wind) at approximately a right angle to the weather leg and approximately 10 – 15 boat lengths to port of mark 1.
8.5 Mark 2 will be a gate consisting of two marks (mark 2P and mark 2S). If the gate is not present, mark 2 shall be rounded to port.
---

8.7 No 5-leg course will be shortened to less than four legs in length, and no 4-leg course will be shortened to less than three legs in length.
For purpose of this SI only, the distance between mark 1 and the offset mark will not be regarded as a leg of the course. This changes RRS 33.

9. MARKS:
9.1 Mark 1 will be an orange inflatable mark, mark 1a will be a spare mark with yellow flag, marks 2P and 2S will be orange inflatable marks.
9.2 The following marks are rounding marks: 1, 1a, 2P, 2S
9.3 New marks, when used in accordance with SI 12.1 will be yellow inflatable marks.

<まとめ>
(1)Offsetマークを設置。マーク1の左側(風上に向かい)に設置。
(2)風上マーク(マーク1)とOffsetマーク(マーク1a)間の距離は約10-15艇身。<約70m110m>
(3)風上レグとOffsetマークへの方位間の角度はほぼ直角。
(4)マーク1Offsetマークは形状が異なる。代替マークは同一形状。
(5)特記事項: 帆走指示書8.7において『当条項に限り、マーク1Offsetマーク間の距離は、コースのレグとはみなさない』としている。すなわち "レグ数" としてはカウントしないという意味である。言い換えれば、「当項以外ではマーク1Offsetマークとの間は、他のレグとなんら変わらない"独立した1つのレグ"である。」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Ia_laISAF Race Management Manual 2011 Version
POWERPOINT

An offset mark following Mark 1 is designated Mark 1a set approximately 60 m at 80° – 90°° off the wind.

BOOKLET
J.2.4. Off-set mark
This is the term applied to a mark which is set some 50 to 100 metres on the port side of mark 1. It is designed to take the fleet away from mark 1 before the boats set off on the run and hoist spinnakers, if any .
Its location in terms of distance and angle from mark 1 are very class specific and the advice of the class association should be sought at an early stage of the planning process.

Offset Mark / Spreader Markを適用した帆走指示書まとめpdf:「offset_spreader_mark_sis.pdf」をダウンロード
Dragon SIs:「dragon_world_2015_sis.pdf」をダウンロード

Snipe SIs:「snipe_who_2014_sis.pdf」をダウンロード

Melges SIs:「melges_worlds_2014_sis.pdf」をダウンロード
J/24 SIs:「j24_worlds_2015_sis.pdf」をダウンロード


関連記事:2014-10-27『読者からの質問と回答 「オフセット・マークとゲート」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-3865.html

2016-04-17追加:
オフセットマーク設置時におけるペナルティー履行の特殊例:

ISAF Sailing World Cup 2016
NOTICE OF RACE & SAILING INSTRUCTIONS (NoR/SI)
2.10 In RRS 44.2 insert after the first sentence: However if Mark 1a is set, a boat may delay taking a penalty for an incident in the zone around Mark 1 or on the leg between Mark 1 and Mark 1a, until she has passed Mark 1a.

|

« ヨットマンの集い2015開催のご案内 | トップページ | Have you ever seen someone go 54 knots on a windsurfer? »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨットマンの集い2015開催のご案内 | トップページ | Have you ever seen someone go 54 knots on a windsurfer? »