« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の7件の記事

2017年2月27日 (月)

Jリーグの判定、試合後に正誤を検証へ 審判とチーム側

Www_asahi_com_articles_photo_2017_2Jリーグの判定、試合後に正誤を検証へ 審判とチーム側

Asahi_digital_2朝日新聞デジタル 潮智史 20172170953

 サッカーのJリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証することになった。勝敗を分けたPKや退場を巡る判定の正誤など、踏み込んだ議論をする。審判側はこれまで、個別の判定への見解を示してこなかっただけに、世界的にも極めて珍しい試みだ。23日のJリーグ理事会で正式に決まる。
 対象となるのは、J1~J3の全試合。試合全体を管理監督するマッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返る。担当した審判は直接参加しないが、審判を評価する役割で派遣されている審判アセッサーが審判から判定の根拠など話を聞いた上で審判側代表として参加。両クラブからは社長ら代表者が席に着く。
 判定や試合結果が覆ることはないが、PKや警告、退場など、判定の妥当性や正誤についても協議、審判アセッサーがその場で誤審を認めるケースも想定されている。

 今回の試みは審判側とチーム側がコミュニケーションを深めながら、ルールや判定への理解を求め、試合の質を高める狙いがある。審判批判のきっかけになる懸念もあるが、まずは情報をオープンにすることに踏み切った。
 これまで、判定に不服がある場合は、クラブ側が意見書を提出して回答を受ける形式的なやりとりで終わっていた。意見書を廃止する代わりに、その場で直接やり取りすることになった。クラブ側の多くは「変化の一歩だ」と好意的だ。
 このほか、判定基準を示した選手向けの映像の一般公開にも踏み切るなど、判定の「見える化」を進めていく予定だ。( 潮智史)
Copy:「digital_asahi_com_articles_20170223.pdf」をダウンロード 「digital_asahi_com_articles_20170223.jpg」をダウンロード

-----------------------------------------------------------------------

Jleague_referee_4相互理解深めて 

Nikkei_32017/2/24付日本経済新聞 朝刊 アナザービュー 武智幸徳

  今季からJリーグの試合で判定に疑問があるクラブは、試合直後に話し合いの場を持てることになった。といっても審判団と直接議論するわけではない。審判団から判定の根拠などを聴取した審判アセッサーが、クラブ側の代表者の質問に答える形を取るという。
 これまでは不可解な判定があると、クラブは意見書をリーグに提出。問題があれば、当該審判に内々の沙汰が下っていた。今後は問題から湯気が出ている段階で間接的ではあるが、審判団の考えを知れることになる。
 アセッサーとクラブ側の代表者がどんな議論をし、その内容がどの程度オープンになってしまうのか、よく分からない面はある。審判の評定以外に、重い仕事が増えるアセッサーは大変だろう。そして誤審うんぬんの結論はどうでもいいが、問題のジャッジに至る審判の思考の過程はその場で私も知りたいと思う。
 というのも、試合中に判定を巡るトラブルが生じても、現状では審判団の見解を知る機会はほとんどないからだ。審判団が「黙して語らず」の立場を取るために、メディアには被害に遭ったと主張する選手の言い分だけが露出する。その度に欠席裁判に加担しているようで、非常に気持ちがめいるのである。

 心配なのは、アセッサーとの議論の中で言質を取った気になったクラブ側が「審判は誤審を認めた」と、そこだけをクローズアップすることだ。日本サッカー協会の審判委員会がいわば「判定は熱いうちに打て」と方針を変えたのは、審判をムチ打つ口実を与えるためではないだろう。本来の趣旨は審判の仕事や判定の難しさへの理解、ひいてはサッカーへの理解を練って練って腰を強くするためのはずである。
 南アフリカ、ブラジルと2度ワールドカップで笛を吹いた西村雄一主審は「英国では草の根レベルでも試合後に審判を交えて議論する習慣がある」という。そんな話を聞かされると、この新しい試みをうまく運ぶには根本のところで「ノーサイドの精神」が必要に思えてくる。
 あの判定でどちらが得をしたとか、損をしたとか、勝った負けたと騒ぐのもいい。しかし、何のためのレビューかといえば、さまざまな角度からサッカーを見て、考え、相互理解を深めるため。それしかないだろう。
Copy: 「www_nikkei_com_article_20170224.pdf」をダウンロード 「www_nikkei_com_article_20170224_2.jpg」をダウンロード

<注> レフリー(Referee)、アンパイア(Umpire)、ジャッジ(Judge)はどう違うの?
動きながら競技に介入していくのがレフェリー。あまり動かずに競技に介入するのがアンパイア。競技に(直接)「介入しない」のがジャッジ。
ただし各競技の歴史的な成り立ちや変遷に関与し、それぞれ独自の呼称が浸透していった結果であり、例外が多く、確立した見解は存在しません。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

JSAF外洋内海主催 B級ジャッジ更新・新規講習会

B_kyu_seminarJSAF外洋内海主催 B級ジャッジ更新・新規講習会

ご承知のとおり、RRS(セーリング競技規則)は昨年末に改定が行われ、本年より新RRS2017-2020が発効しています。JSAFジャッジおよびレースオフィサーにおかれましては更新手続きをされておられると拝察します。
今般JSAF外洋内海より、講習未修了者および新規資格希望者を対象としたセミナーの案内がありました。 

JSAF外洋内海主催セミナーのご案内>
B級ジャッジ「更新」講習会 49日(日)9:30から
  ARO/CRO更新講習会と共同開催
   
下記がすでにJSAFウエブサイト・ルール委員会に掲載されています。
   
主催 JSAF外洋内海
   
201749日 受付 930分~ セミナー10時~17
   
西宮浜公民館 西宮市西宮浜4丁目13-1 079834-2002
  
申込期限 201742日 
   
JSAF外洋内海Eメール yff62765@nifty.com 電話 090-7487-1472

B級ジャッジ「新規」講習会 514日(日)
   
まだJSAFウエブサイト・ルール委員会には近日中に掲載されます。上記「更新講習会」と同じ要領で開催予定です。

   会場は新西宮ヨットハーバー。

 申込書等
   
JSAFルール委員会 http://www.jsaf.or.jp/hp/about/committee/rule
      更新申込書
excel:「njbrenewregistrationform_b.xlsx」をダウンロード
     
新規申込書excel:njbnewregistrationform_b.xlsx」をダウンロード
   公示
:「bnbnotice.pdf」をダウンロード  日程:「bnbchedule.pdf」をダウンロード
問い合わせ先 
   
 JSAF外洋内海ルール委員会 http://jsaf-naikai.jp/ email: yff62765@nifty.com

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

「第42回 舵杯ヨットレース2017」のご案内

Kazicup_com_20170220_2Kazirogo_3第42 舵杯ヨットレース
2017422日~23和歌山マリーナシティ

レース公示(NoR) <抜粋>
共同主催 JSAF加盟団体外洋内海・和歌山県セーリング連盟

1.適用規則
1-1 「セーリング競技規則2017-2020(RRS)」に定義された規則および「セーリング装備規則2017-2020(ERS)」を適用する。
1-2 IRC クラスについては以下も適用する。
1-2-1 IRC Rule 2017 Part A,B,C(但し、以下を変更する)
 ・ IRC Rule21.1.5(d)は適用しない。したがって艇に搭載したセールを積み替えることができる。
 ・ IRC Rule22.4.2 は適用しない。したがってクルーの数もしくは体重の制限はない。
1-2-2 JSAF 外洋特別規定(JSAF-OSR2016-2017 附則B インショアレース特別規定
1-3 X-35 ワンデザインクラスに関しては「X-35 ワンデザインクラス日本国内規定」を適用し、許可されている範囲においてX-35 クラスルールの制限が解除され、IRC Rule 2017 を適用する。

3.参加資格
3-1 共通事項
全長20 フィート以上のモノハルキャビン付きクルーザーで、日本小型船舶検査機構の有効な船舶検査証を有し、大会期間中(回航中、事前事後の係留期間を含む)の有効なヨット保険(賠償責任保険、搭乗者障害保険、遭難捜索費用保険)に加入している艇
3-2 先着順に受け付ける。
3-3 艇の参加申込が多く、係留施設能力を超えることが予想される場合には、JSAF 登録艇の受付を優先する。また、参加申込をお断りする場合もある。
尚、和歌山マリーナシティの近隣の艇には、同艇の現係留港への係留を依頼する場合がある。
IRC」クラス
3-4 有効な2017 IRC 証書(ノーマルまたはエンドース)を有する艇
3-5 乗員は2 名以上とする。
3-6 乗員の2/3 以上がJSAF 会員であること。ただし外国籍の乗員は当該各国協会の有効な会員証を提示することで可とする。
Course2_2「オープン」クラス
3-7 本実行委員会が決定したレーティングを承認する艇、またクラス分けについても本実行委員会の決定を承認する艇。
3-8 乗員は2 名以上とする。

4.申込み手続
申込締切日 49日(日) レイトエントリー
415日(土)

6.クラス分け
6-1 全参加艇をABCまたはABのクラスに区分し、レース委員会の定める独自のTCFにより順位を決定する。
6-2 IRC」クラスは、上記クラスとのダブルエントリーによるクラスとし、TCC により別途順位を決定する。


7.日程
422 日(土)
 14:30-16:00 大会受付(公式パーティ受付含む)、出艇申告・乗員登録受付
 16:30- 艇長会議 17:30- 開会式・前夜祭(和歌山マリーナシティ「黒潮市場」内バーベキューテラス)
423 日(日)
 07:30-08:00 大会受付、出艇申告・乗員登録受付(当日受付分に限る)
 09:15 予告信号 レース終了後表彰式
レース公示pdf:「kc2017-race.pdf」をダウンロード

大会
website:http://kazicup.com/

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

The Queen of Post-War yachting photography dies at the age of 101

9Eight Bells: Eileen Ramsay 
Scuttlebuttlogo2Scuttlebutt Sailing News, Published on February 10th, 2017
Source: Barry Pickthall, PPL Photo Agency

Eileen Ramsay, the Queen of British yachting photography during the post war years, died on February 8 at the age of 101.

Ramsay recorded the explosion in small boat sailing during the 1950s and 60s, capturing not only the boats but sailing pioneers like Francis Chichester (*left photo), Alec Rose, Col Blondie Hasler and French legend Eric Tabarly, then pressing the frontiers of solo passage making across the Atlantic and around the world.

7 Her famous archive includes images of Olympic sailors Keith Musto and Tony Morgan, Silver medallists at the 1964 Games at Tokyo in the Flying Dutchman Class (*lower left photo), and Rodney Pattisson and Iain MacDonald-Smith who won Gold for Britain in the same Flying Dutchman class at the Mexico Games in 1968 in the Flying Dutchman two-man trapeze dinghy (*lower right photo). She also recorded the career of Charles Currey, who won Silver at the Helsinki Games in 1952, and Robin Aisher, who represented Britain in the 5.5m keelboat class at the 1960 and ’64 Games before finally winning Bronze at the Acapulco regatta in ’68.


 Other noted sailors to have fallen within Eileen Ramsay’s focus have been Stewart Morris, Gold Medal sailor at the 1948 Games in Torquay, fellow International 14 champion and Olympic representative Bruce Banks, and Sir John Oakeley, the son of wrestling champion Sir Atholl Oakeley, who became one of Britain’s most successful dinghy champions in the 60s and 70s, winning the Merlin Rocket Class championship three times in succession before going on to win the Flying Dutchman world championship.

8
1----- The rest is omitted.

2_2 3 4 5 6 

Copy:
Sailing Scuttlebutt:「www_sailingscuttlebutt_com_2017_02_10_eight-bells-eileen-ramsay.pdf」をダウンロード 「www_sailingscuttlebutt_com_2017_02_10_eight-bells-eileen-ramsay.jpg」をダウンロード
sail-world.com: The-Queen-of-Post-War-yachting-photography-dies-at-the-age-of-101:「www_sailworld_com_australia_thequeenofpostwary achtingphotographydiesattheageof101_55.jpg」をダウンロード
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
'Queen of yachting' captures sailing's golden era on film

Logo_cnn_espaniol_2By Stina Backer for CNN
Updated 1353 GMT (2153 HKT) May 28, 2012

Story highlights
Eileeen Ramsey began her professional career as a 22-year-old in 1937
She pioneered the water-level photography angle, now an industry standard
Her career took off in the 1950s and 1960s when sailing enjoyed a post-war explosion in Britain

1_120521030249eileenramsay1
The water-level shot - Eileen Ramsay pioneered the water-level photography angle - shooting images of sail boats from as close to the water as possible. (Photo1)


2_120521033630eileenramsay7_2
Composition - According to Ramsay, a real photographer doesn't just takes a photograph, they "make" one by working hard to get the best angle. This beautifully-composed image was shot at the 1962 Cowes Week Regatta. (Photo2)



3_120521033357eileenramsay6
Eileen Ramsay - Ramsay's career took off in the 1950s and 1960s, when the sport of sailing enjoyed a post-war explosion in Britain. Here she is with her trusted Rolleiflex camera in the summer of 1963. (photo3)


4_120521041701eileenramsay9
Racing past Parliament - Ramsay made sure she was present for the first dinghy race in central London, was held on the river Thames in 1956. (Photo4)



5_120521043712eileenramsay10
'Black Sails' - This award-winning photograph from 1945 is one of the first nautical-themed images that Ramsay took and is entitled "Black Sails." It remains one of her personal favorites. (Photo5)


6_120521033057eileenramsay5
'Flying Dutchman' - Sailing legend and clothing company founder Keith Musto is seen here fighting for second place against a French rival during the 1964 "Flying Dutchman" European championships. He and his sailing partner went on to win a silver medal at that year's Olympic Games in Tokyo. (Phhoto6)


7_120521043856eileenramsay11
Collision caught on camera - Ramsay would always make sure she placed herself where the action was. Here she manages to catch the collision beween a competing yacht and a spectator boat at the 1969 Cowes Week Regatta in England. (photo7)



8_120521031536eileenramsay3
True colors - Ramsay began taking color pictures in 1962 and set up her own color developing process two years later -- but it took several more years before magazines and newspapers could actually print in color. (Photo8)

9_120521044138eileenramsay12
In perfect balance - This 1968 shot is of British Olympic hopefuls Rodney Pattisson and Ian MacDonald-Smith on board a "Flying Dutchman." Ramsay recalls that she wasn't allowed to photograph the inside of the boat: "They were much faster than everyone else and didn't want to give any ideas away to the competition," she said. (Photo9)



10_120521041448eileenramsay8
Dragons in action - Ramsay, who spent her early career doing portrait photography, says she somehow always knew how to successfully compose photograps. Here she lines up a number of "International Dragon" boats, racing during the 1966 Cowes Week Regatta in England. (photo10)

Copy jpeg:「edition_cnn_com_2012_05_28_travel_eileenramsayyachthingphotography_20170218_77.jpg」をダウンロード

PhotoLimited edition copies of her biography ‘Eileen Ramsay – Queen of Yachting Photography',
signed by the photographer are available for £25 + p&p from
www.southatlanticpublishing.com
https://issuu.com/pplmedia/docs/eileen_ramsay_final_low_res


Related articles:「coastalboating_net_News_2017_02-2017_10-02-EileenRamsay.pdf」をダウンロード 「coastalboating_net_News_2017_02-2017_10-02-EileenRamsay.jpg」をダウンロード
「www_yachtsandyachting_com_news_155926_20170218.pdf」をダウンロード 「www_yachtsandyachting_com_news_155926_20170218.jpg」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

第7回関空一周ヨットレース2017 - Around the Kansai International Airport Yacht Race

0127_kanku_yacht_2関空島をぐるっと一周! 大阪湾で島回りのヨットレース!
「第7回関空一周ヨットレース」がゴールデンウイークの5月3日,4日の2日間、大阪府最南端に位置する岬町の淡輪(たんのわ)ヨットハーバーで開催される。昨年から大会初日の『岬町長杯ヨットレース』と2目の『関空一周ヨットレース』のダブル・タイトルを競う充実したレガッタとなっている。

関空一周ヨットレース・岬町長杯ヨットレース レース公示 《抜粋》
1. 共同主催 大阪ベイ淡輪ヨットクラブ、JSAF外洋内海、大阪府マリーナ協会
2. 参加資格
2-1 共通事項:全長20フィート以上のキャビン付きクルーザーで、有効な船舶検査証を有し、ヨット保険(賠償責任、搭乗者傷害、遭難捜索救助費保険)に加入していること。
関空連絡橋を通過可能な艇 (海面からの高さ制限23m 乗員は2名以上とする。
2-2 「岬町長杯ヨットレース」参加艇は、関空一周ヨットレースへのエントリーをしていること。
2-3 IRCクラス追加事項:有効な2017IRC証書(ノーマルまたはエンドースド)を有する艇。乗員の2/3以上がJSAF会員であること。
ただし外国籍の乗員は当該各国協会の有効な会員証を提示することで可とする。
3.参加申込期限
受付開始日3月15日(水)
締切日4月15日(土) *レイトエントリー申込期限4月21日(金)


Http__kanku_yachtrace_net_2017020_24. 日程
201753日(水・祝日)
08:3009:30 「岬町長杯レース」 受付/出艇申告
09:3009:45 「岬町長杯レース」 艇長会議
10:55 「岬町長杯レース」の予告信号 (風上/風下コース・2レース)
16:0016:30 「関空一周レース」艇長会議 17:00 ウェルカムパーティー
201654日(木・祝日)
07:0007:30 「関空一周レース」 当日受付
08:25 「関空一周レース」の予告信号(島廻りコース・2レース)
16:00 タイムリミット 17:00 表彰式
レース公示pdf:「2017_nor.pdf」をダウンロード

大会ウエブサイト: http://kanku.yacht-race.net/

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

オープンビッククラス 2017年度レース日程

2017_jobca_race_schedule_eng_world_日本オープンビッククラス協会から『2017年度レース日程』が送られてきました。
今後順次協会およびクラブから「レース公示」が公表されます。
      協会ウエブサイト: ttp://jobca.net/
        チョットヨット・ジュニアクラブ:
http://www.chotto-yacht.com/

2017年度のトピックス

(1) チャンピオンシップ・レガッタ
O'pen BIC Japan Cup 331日~42日 会場:西宮マリーナ
・全日本選手権 1028日~29日 会場:江の島ヨットハーバー

(2) 海外・レガッタ
    
America's Cup Endeavour Cup 615日~18日 会場:バーミューダ http://ac35endeavouropen.com/
     ・
O'pen BIC World Championships 731日~85日 会場:イタリア・ガルダ湖 http://class.openbic.com http://worlds2017.openbicclass.org/

Http__worlds2017_openbicclass_org_2M2570_crop169014_1024x576_proport_2
2017年度レース日程pdf:
「2017_jobca_race_schedule_eng_world.pdf」をダウンロード

関連記事:

2016-10-21AMERICA'S CUP ENDEAVOUR O'PENhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/americas-cup-en.html

2016-09-31***** O'pen BIC World Cup – Videoshttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/20160112.html

2016-09-12「第5回オープンビッククラス全日本選手権2016 - 5th O'pen BIC National Championships 2016」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/52016-5b52.html

2015-07-22「O'pen BIC が America's Cup 親睦セーリング・プロジェクト艇に選定」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/16-ju.html

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

RRS定義:支援者(Support Person)

Imagesvi3fvr99Support Person(支援者)
RRS2017-2020において新規則:定義「Support Person(支援者)」が追加された。
従来競技規則の対象ではなかった「競技者を支援する人々」をその管轄権の支配下とするものである。

これまでは大会ごとの帆走指示書(SIs)、サポート・チーム規程(Support Team Regulations)、コーチボート規程(Coach Boat Regulations)等で、該当者を特定し、規則を明記して対象とすることがあったが、今改定により RRS規則のデフォルトとして適用される。関係資料を紹介しておく。

1RRS2017-2020の定義
Definition: Support Person
Any person who

(a) provides, or may provide, physical or advisory support to a competitor, including any coach, trainer, manager, team staff, medic, paramedic or any other person working with, treating or assisting a competitor in or preparing for the competition, or
(b) is the parent or guardian of a competitor.

定義:支援者 
以下に該当する人物を支援者という。
(a) 競技者に物理的または助言的サポートを提供する、または提供することができる人物。コーチ、トレーナー、マネージャー、チーム・スタッフ、医師、医療補助員、または競技中もしくはその準備のために競技者とともに働いたり、治療したり、援助したりするその他の人物、すべてを含む。 
(b) 競技者の親または保護者

Donaldtrumpsupporters2)支援者を管轄する規則
<A Quick Overview of the Significant Rule and Game Changes in the 2017-2020 Racing Rules of Sailing> Dave Perry - 16-Dec-16 13:45

Support Person
This new definition is part of the significant change that has brought people who support competitors under the jurisdiction of the racing rules, and makes them and the competitors they support liable for penalty if they do not comply with the rules or if they act in a way that is considered “misconduct.”
See in particular rule 3 (Acceptance of the Rules), rule 60.3(d) (Right to Protest; Right to Request Redress or Rule 69 Action), rule 64.4 (Decisions Concerning Support Persons) and rule 69.1(a) (Obligation not to Commit Misconduct; Resolution). The definition includes, among others, parents and coaches.


支援者 
この新しい定義は、意味のある変更の一部であり、競技者を支援する人々を競技規則の管轄権の支配下とし、支援者や支援する競技者が規則に従わない場合や、不正行為とみなされるやり方で行動した場合には、彼らをペナルティーの対象とする。
特に参照すべきは、規則3(規則を受け入れること)、規則60.3(d) (抗議の権利;救済要求の権利または規則69の処置)、規則64.4(支援者に対する判決)および規則69.1(a)(不正行為を起こさない義務;解決)。この定義は、なかんずく、両親およびコーチを含む。

Hillary3プロテスト審問をもたらす可能性がある支援者の行動
<RYA, RACING RULES GUIDANCE SUPPORT PERSONS>

Examples of actions of a support person that could lead to a hearing are:
 Abusing or pressurising race officials, volunteers or other competitors or support persons (rule 69 and/or SIs)
 Assisting a competitor (unless ill, injured or in danger) in any way after the preparatory signal (rule 41)
 Failing to follow support boat regulations (SIs)
 Moving a competitor’s boat away from any designated parking areas (SIs)
 Modification or substitution of measured equipment without authorisation (SIs)
 Tampering with or measuring other competitors boats without their permission (rule 69)
 Using social media or any other medium to broadcast material that is unsportsmanlike or likely to bring the sport of sailing into disrepute (rule 69)

プロテスト審問をもたらす可能性がある支援者の行動例;
レース・オフィシャル、ヴォランティアー、他の競技者または支援者を罵倒したり、圧力をかけたりすること(規則69および/または帆走指示書)
準備信号以降いかなる方法であれ競技者を支援すること(病気、傷害または危険にある状態を除く)(規則41 
支援艇規程に従わないこと(帆走指示書)
競技艇を指定された艇置き場から移動させること(帆走指示書)
計測された装備を許可なく改変したり、置き換えたりすること(帆走指示書) 
他の競技者の艇を許可なくいじくったり、計測したりすること(規則69
スポーツマンらしくない、またはセーリング・スポーツの名誉を傷つけるようなデータを広める目的でソーシャル・メディアとか他の媒体物を使用すること(規則69

RYA-Racing Rules Guidance, Support Persons: 「RYA-Guidance-Support-Persons-12.16.pdf」をダウンロード
RRS Changes:「afloat_ie_item_3060420172020isafrulebookchanges_2.pdf」をダウンロード
Compliants Commissioners Decision -America's Cup 2013:「140402_ynz_compliants_commissioners_decision_americas_cup.zip」をダウンロード


関連記事:2016-07-07Racing Rules of Sailing 2017-2020http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/racing-rules-of.html

参考記事:利害関係(Conflict of Interest)
2011-01-29「読者からの質問と回答 「抗議審問の利害関係者」 - Interested Partyhttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-338c.html
2013-02-12『読者からの質問と回答 「プロテスト委員が利害関係者である場合」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-4234.html

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »