« America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show | トップページ | 2017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内 »

2017年5月17日 (水)

読者からの質問と回答 「レースのスタート - U旗規則」

UuuuRrs_start_1_3読者からの質問:
>RRS2017-2020においてRRS30.3 「U旗規則」が新設されました。
>
このU旗規則を含め、レースのスタート時の「準備信号」に何を用いればいいのか? その根拠となるのはなにか? ヒントがあれば教えてください。(K.O)

編集者による回答:
(1) 新規則「U旗規則」は、別名Soft BlackKinder gentler Black と呼ばれるように、従来からある「黒色旗規則」のペナルティー部分を緩和したものです。
黒色旗規則適用があまりにもきつ過ぎると思われる大会への対応(例えばジュニアのレガッタ)、また「リコール艇の掲示」を含む運営側の負担軽減を目的に、追補されたものである。(従前より帆走指示書で指示する方法は採られていた)

(2) RRS26レースのスタートによると準備信号には下記6種がある。
 P旗- ペナルティー無し
 I旗- 規則30.1を適用
Rrs_start_2_3 Z旗- 規則30.2を適用
 I旗とZ 規則30.1と30.2を適用
 U旗ー 規則30.3を適用
 黒色旗- 規則30.4を適用

 ・ P旗だけのスタートに越したことはない。
 ・ より厳しいスタート・ペナルティーへと進めていく。(条項番順に)
 
・ P旗---(ゼネラル・リコール)--->I旗---(ゼネラル・リコール)--->黒色旗の順番で適用することがケースが多い。
 ・ レース日程の進捗との拘わりも一つの要素。
 ・ クラスが定める「チャンピオンシップ・ルール」とか「標準帆走指示書」等にガイド・ラインが示されている場合もある。(スナイプ級、J/24クラス)

(3) レースのスタートについての助言
運営上の制約を含め「レースのスタートについての助言」をまとめてみた。


1.スタート・ラインの設定と準備信号
Rrs_start_3_2レース委員会信号艇(通称本部船)とピンエンド・マークの場合

  ・ Z旗・U旗および黒色旗規則は、スタート信号前の1分間に、スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形に艇があるか」の判定が必須で、1艇の信号艇だけでは三角形の判定はできない。 (RRS30.2, 30.3, 30.4)
  ・ 次に、P旗スタートをはじめとし、個別リコール(OCS)判定のためには、艇が「スタート・ラインのコース・サイドか、それともどちらかの延長線のコース・サイドにあるか」を見極めるためには、ピンエンドにも信号艇が必須となる。Z旗・U旗および黒色旗スタート時も同様。 RRS29)
・ 結論として、消去法により、「I旗規則」しか適用できない。RRS30.1) 

スタート・ラインの両端が、レース委員会信号艇の場合
  ・ 6種すべての準備信号(P旗・I旗・Z旗・U旗および黒色旗)が適用できる。


2.ロングディスタンス・レースをはじめ、風上風下コースであっても、スタート・ラインから最初のマークが目視できない場合
   ・ Z旗・U旗および黒色旗規則は適用できない。
   ・ なぜなら、「スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形」の判定ができないはずのため。

RRSレースのスタート
pdf:「rrs_starting_races.pdf」をダウンロード

|

« America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show | トップページ | 2017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内 »

Learn the RRS 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« America’s Cup Endeavour O’pen - Half-time show | トップページ | 2017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内 »