« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の5件の記事

2017年5月27日 (土)

読者からの質問と回答 「ウインドサーフィン競技規則におけるRRS 17」

Rrs17_20172020_jpeg読者からの質問;
>ウインドサーフィンのレースでの質問です
>RRS17 同一タックでのプロパー・コースについて
>例えば上マークからサイドマーク(下りのレグ)に2艇がオーバーラップしてプロパー・コースを並走している。通常では風下艇に権利があるように思うのですが、RRS17ではラフしてはならないようになっています。
>ウインドサーフィンのレースでは風下艇がマーク手前で一旦ラフして水をあけさせてからジャイブする作戦があります。この場合はどのような権利になるのでしょうか?
>時間がある時で結構ですので、アドバイスお願いします。 (K.T)

編集者による回答;
>例えば上マークからサイドマーク(下りのレグ)に2艇がオーバーラップしてプロパー・コースを並走している。通常では風下艇に権利があるように思うのですが、RRS17ではラフしてはならないようになっています。

●まRRS付則Bウインドサーフィン競技規則のB2.17を理解してください。
[B2.17: 同一タックでのプロパー・コース] 規則17を次のとおり変更する。 
予告信号時、最初のマークへのコースが真の風向からおよそ90度である場合、スタート信号前の30秒間に同一タックの他のボードの風下にオーバーラップしたボードは、そのオーバーラップが継続している間は、結果として相手のボードが接触を回避する行動をとらなければならなくなる場合には、自らのプロパー・コースより風上を帆走してはならない。<以下割愛>

Windsurfin_rrs17_updated_jpeg●ここにある、「最初のマークへのコースが真の風向からおよそ90度である場合」のスタートとは、通常の風上に向ってのスタートとは異なり、ウインドサーフィン・レースの『スラローム・ダウンウインド・レース』等で主に用いられている、いわば特別なスタート方式である。

●ウインドサーフィン
RRS B2.17は、本来のRRS17を変更し、このようなアビーム・スタートをするレースに限定し、30秒前オーバーラップ等の条件の中で、プロパー・コースより風上を帆走してはならない制限をしたものである。
反面、RRS B2.17により、ウインドサーフィンでは上記以外のスタート、すなわち『コース・レース』等では、
RRS17一切適用されないことになる。


●まとめると、ウインドサーフィン競技においては、『RRS B2.17以外の場面では、風下艇がRRS17による「制限」を受けることはない』。すなわち、風下艇は「自由」であり、希望すれば「風位まで立つ」ことができる。

>ウインドサーフィンのレースでは風下艇がマーク手前で一旦ラフして水をあけさせてからジャイブする作戦があります。この場合はどのような権利になるのでしょうか?

RRS B2.17「・・・・・他のボードの風下にオーバーラップしたボードは、そのオーバーラップが継続している間は・・・・・自らのプロパー・コースより風上を帆走してはならない。」ため、オーバーラップを解除するために、一旦ラフして水をあけ、すなわちオーバーラップを切り、再びオーバーラップし、追い上げるのは、まさに攻撃のためやるべき戦術です。
追い上げラフは風下艇としての当然の権利で、単なる風上/風下 RRS11 です。
●ただし、「ジャイブ」「ダブル・ジャイブ」が必要なのはウインドサーフィン以外のRRS17であって、ウインドサーフィンではオーバーラップが一旦切れたあとは、再びどのようなプロセスでオーバーラップしようとも、RRS17の制約は一切受けません。

左上図:「ウインドサーフィン競技規則における
RRS 17」pdf:「windsurfin_rrs17_updated.pdf」をダウンロード
右上図:「規則
17についての質問と回答」 pdf:「rrs17_20172020.pdf」をダウンロードも参考ください。
いよいよシーズンですね、ご活躍をお祈りします。
関連記事
:
2014-05-02「読者からの質問と回答 「ジャイビング」」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-0cdd.html
2009-03-27「RRS 17とダブル・ジャイブ Presentazione del nuovo Regolamento di Regata」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/presentazione-1.html

2009-02-23「読者からの質問と回答 「RRS 17とダブル・ジャイブ」」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/17-1be2.html

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

A highlight video of Chinese gybes & Getting dismasted ... enjoy!

Scuttlebuttlogo2A highlight video of Chinese gybes & Getting dismasted ... enjoy!
Scuttlebutt Sailing News


PHOTOS: This Does Not End Well
Scuttlebutt Sailing News, Published on April 30th, 2017 
Sharon Green caught a Santa Cruz 27 getting dismasted during Santa Barbara Yacht Club’s beercan racing on April 26.
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13


VIDEO: Chinese Gybes are never tasty

Scuttlebutt Sailing News, Published on May 23rd, 2017
The round down is always a bummer. Video below published on May 23, 2017.
*
<iframe width="620" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/fz4VxnUmJlw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


*Chinese gybe  From Wikipedia, the free encyclopedia
A Chinese gybe on a sailing vessel is a type of gybe where the upper section of the main sail moves across the boat, filling from the opposite side, whilst the lower section and boom remain on the original side of the vessel. It contrasts with a normal gybe, where the whole sail moves across the boat as the boat turns its stern through the wind. A Chinese gybe is usually induced by too little tension on the vang or kicking strap, allowing the boom to rise up and the leech of the sail to twist excessively.
The term can be used in a different sense, in which a Chinese gybe is a gybe caused when a boat rolls excessively to windward (usually when running downwind), causing an unexpected and/or uncontrolled change in course (specifically bearing off dangerously). This sense of the term is similar to death roll.

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

2017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内

Logo01_head_3Middleboatkansai_com_2017spr_cmp__22017春の関西ミドルボート選手権大会のご案内
6月3日~4日:新西宮ヨットハーバー)

2017年春の関西ミドルボート選手権」が新西宮ヨットハーバーで開催される。
関西ミドルボートクラブでは、「淡路島サントピアマリーナ」おいて、2007年から2009年、また2012年から2015年の各々3年連続で関西選手権を、また20147月には『全日本ミドルボート選手権』を開催してきた。
昨年から久方振りに新西宮ヨットハーバーに舞台を移し、関西選手権が528日~29日に、全日本選手権が716日~18日に開催された。
本年も引き続き新西宮ヨットハーバーを会場とし、
運営は関西ヨットクラブが当たる。
エントリー数もすでに16艇と、昨年の12艇を大幅に上回っており、関西ミドルの人気は上々と云える。

レース公示pdf:「Notice_of_Race2017ver2.pdf」をダウンロード 帆走指示書pdf:「SailingInstructions2017.pdf」をダウンロード
大会ウエブサイト: http://middleboat-kansai.com/index.php/2017spr_cmp/

2017-06-08追加:成績:「result2017_middleboatchamp2017.pdf」をダウンロード
Result2017_middleboatchamp2017_jp_2

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

読者からの質問と回答 「レースのスタート - U旗規則」

UuuuRrs_start_1_3読者からの質問:
>RRS2017-2020においてRRS30.3 「U旗規則」が新設されました。
>
このU旗規則を含め、レースのスタート時の「準備信号」に何を用いればいいのか? その根拠となるのはなにか? ヒントがあれば教えてください。(K.O)

編集者による回答:
(1) 新規則「U旗規則」は、別名Soft BlackKinder gentler Black と呼ばれるように、従来からある「黒色旗規則」のペナルティー部分を緩和したものです。
黒色旗規則適用があまりにもきつ過ぎると思われる大会への対応(例えばジュニアのレガッタ)、また「リコール艇の掲示」を含む運営側の負担軽減を目的に、追補されたものである。(従前より帆走指示書で指示する方法は採られていた) 

 RRS30.3 「U旗規則」
 U旗が掲揚された場合には、スタート信号前の1分間に、艇体、乗員または装備の一部でもスタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形の中にあってはならない。艇がこの規則に違反して、特定された場合には、その艇は審問なしに失格とされなければならない。ただしレースが再スタートまたは再レースとなった場合は、失格としてはならない。


Rrs_start_2(2) RRS26レースのスタートによると準備信号には下記6種がある。
 P旗- ペナルティー無し
 I旗- 規則30.1を適用
 Z旗- 規則30.2を適用
 I旗とZ 規則30.1と30.2を適用
 U旗ー 規則30.3を適用
 黒色旗- 規則30.4を適用

 ・ P旗だけのスタートに越したことはない。
 ・ より厳しいスタート・ペナルティーへと進めていく。(条項番順に)
 
・ P旗---(ゼネラル・リコール)---> I旗---(ゼネラル・リコール)---> 黒色旗の順番で適用されるケースがよく見かけられる。
 ・ レース日程の進捗との拘わりも一つの要素。
 ・ クラスが定める「チャンピオンシップ・ルール」とか「標準帆走指示書」等にガイド・ラインが示されている場合もある。(スナイプ級、J/24クラス)

(3) レースのスタートについての助言
運営上の制約を含め「レースのスタートについての助言」をまとめてみた。

Rrs_start_3
1. スタート・ラインの設定と準備信号
①  レース委員会信号艇(通称本部船)とピンエンド・マークの場合
  ・ Z旗、Uおよび黒色旗規則は、スタート信号前の1分間に、スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形に艇があるか」の判定が必須で、1艇の信号艇だけでは三角形の判定はできない。 (RRS30.2, 30.3, 30.4)
  ・ 次に、P旗スタートをはじめとし、個別リコール(OCS)判定のためには、艇が「スタート・ラインのコース・サイドか、それともどちらかの延長線のコース・サイドにあるか」を見極めることが必須で、ピンエンドにも信号艇が必要となる。Z旗・U旗および黒色旗スタート時も同様。 RRS29)
・ 結論として、消去法により I規則」しか適用できない。RRS30.1)

 運営上(運営艇、運営要員)の制約からよく見かける方式であるが、極めて窮屈なスタートしができないことになる !

②  スタート・ラインの両端が、レース委員会信号艇の場合
  ・ 6種すべての準備信号P旗、I旗、Z旗、Uおよび黒色旗)が適用できる。

Start_of_race_2Santandel_world_cup_2017_7z7a37862. ロングディスタンス・レースをはじめ、風上風下コースであっても、スタート・ラインから最初のマークが目視できない場合
   ・ Z旗、Uおよび黒色旗規則は適用できない。
   ・ なぜなら、「スタート・ラインの両端と最初のマークとで作られる三角形」の判定ができないはずのため。

RRS「レースのスタート」
PowerPoint:「rrs_starting_race.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

America's Cup Endeavour O'pen - Half-time Show

Ac35endeavouropen_com_news_201705_2Ac_village_and_ob_course_1From: "C W" ccc@www.co.uk
To: "S Y" sss@nifty.com
Subject: Half-time show
Date: Thu, 11 May 2017 06:40:45 +0100

Half-time show: All thirty-two O’pen BIC entrants have been selected for the America’s Cup Finals and the AC Endeavour O’pen, in Bermuda on June 15-18. The final six spots were earned at the 38-boat O’pen BIC Bermuda Nationals on May 6-7. Representing Bermuda will be Sebastian Kempe, Gabrielle Brackstone, Aiden Lopes, Gen Lau, Christopher Raymond, and Jessie DeBrag.

The thirty-two sailors will be competing directly in front of the America’s Cup Grand Stands, June 15 and 16, and then will be the America’s Cup Half Time Show on the first day of the AC Finals, June 17. On Sunday, June 18, the O’pen BICs will also be putting on an exhibition of O’pen BIC foiling and freestyle, show casing a new age in junior sailing.

and .....
Everybody is doing it: Kind of like when we added sails to skateboards to mess around, now everyone is seeing what they can add foils to. As shown in this video, the O’pen BIC has proven to be a good enough platform to elevate. See video.

Official website: http://ac35endeavouropen.com/news/o-pen-bic-sailors-now-confirmed-for-the-america-s-cup-finals

**
<iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/qqk5OnHvdu8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

関連記事:
2017-04-08
Youth America's Cup - Team BDA (Bermuda) http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/youth-americas.html
2017-03-03Three (3) regattas in America's Cup http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/3-regattas-in-a.html

Scuttlebutt Sailing News
Published on May 10th, 2017
America’s Cup: Rumors, Capsizes, and Youthful fun: http://www.sailingscuttlebutt.com/2017/05/10/marching-toward-americas-cup/
「www_sailingscuttlebutt_com_2017_05_10_marching-toward-americas-cup.jpg」をダウンロード  「www.sailingscuttlebutt 2017_05_10_marching-toward-americas-cup.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »