« 2017 RS:X Windsurfing World Championships, Enoshima, JAPAN | トップページ | 2017 全日本団体対抗テクノクラスウインドサーフィン選手権 »

2017年10月 2日 (月)

島精機カップ2017 (SHIMA SEIKI CUP)

Shima_seiki_06__942017 15 SHIMA SEIKI CUP  2017.11.04-05

大会組織
共同主催: JSAF加盟団体外洋内海、和歌山県セーリング連盟、関西ミドルボートクラブ
運営: SHIMA SEIKI CUP実行委員会、,NPO法人和歌山セーリングクラブ
後援: 和歌山県、和歌山県教育委員会、社団法人和歌山県体育協会、和歌山市、和歌山市教育委員会、和歌山市体育協会
協力: 和歌山オーシャンヨットクラブ、和歌山マリーナシティヨット倶楽部、和歌山マリーナ
特別協賛: 
株式会社島精機製作所

大会日程 IRCクラス 114日(土)115日(日) 和歌浦セーリングフェスティバル 115日(日) 

レース日程
IRC」クラス
期間中、4レースを予定する。
Shima_seiki__043_3114日(土)
07:308:45 会受付、出艇申告・乗員登録の受付(全レース) 08:45 艇長会議 
10:25 インショアレース 予告信号 引き続きレースを行う。なお、インショアレースは最大3レースとする。 インショアレース終了後90分間、乗員変更の受付
115日(日)
09:55 ディスタンスレース 予告信号 和歌浦湾沖に設置するマークを回航する約15 マイルのレースを予定する。

「和歌浦セーリングフェスティバル」
期間中、2レースを予定する。
114日(土)
16:0017:00 大会受付(公式パーティ受付含む)、出艇申告・乗員登録受付
115日(日)
07:3007:50 大会受付、出艇申告・乗員登録受付 08:45 艇長会議 
Shima_seiki_06__36209:55 ディスタンスレース 予告信号 和歌沖に設置するマークを回航する約15 マイルのレースを予定する。なお1マークはゲートマークとし、ゲートマークでフィニッシュとする第1レースと、引き続き第2マークを回航し和歌山マリーナシティ沖に戻る第2レースを行う。

公式パーティ・表彰式
ウエルカムパーティ 114日(土)18:00和歌山マリーナシティホテル(2宴会場)
表彰式 115日(日)17:00和歌山マリーナシティヨット倶楽部(2レセプションホール)

大会事務局、レース本部 
和歌山セーリングセンター内「SHIMA SEIKI CUP大会事務局」 〒641-0014 和歌山県和歌山市毛見1514 TEL. 073-448-0251 FAX. 073-494-3252
大会ウエブサイト: http://www.wakayama-sailing.org/newsailingclub/newshimaseikicup/index.html
レース公示
pdf:「2017SHIMA-SEIKI-CUP-NOR.pdf」をダウンロード
帆走指示書pdf: 「2017SHIMA_SEIKI_CUP_IRC_SI.pdf」をダウンロード 「2017SHIMA_SEIKI_CUP_FES_SI.pdf」をダウンロード
<右写真:2016年大会website, 山崎武敏氏撮影>

2017-10-22 Updated: Enrty list
Shimaseiki_cup_2017_entry_irc_2 Shimaseiki_cup_2017_entry_fest_2

2017-11-05 updated:
成績,   2017-11-08 18:00 updated: IRC Class
IRC, Kansai Middle boat, Festival:「2017_shima_seiki_cup_result_ver.2.pdf」をダウンロード

2017_results_irc_ver2_3 2017_results_middle_ver2
2017_results_festival

|

« 2017 RS:X Windsurfing World Championships, Enoshima, JAPAN | トップページ | 2017 全日本団体対抗テクノクラスウインドサーフィン選手権 »

Regatta Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017 RS:X Windsurfing World Championships, Enoshima, JAPAN | トップページ | 2017 全日本団体対抗テクノクラスウインドサーフィン選手権 »