« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の9件の記事

2018年3月29日 (木)

Accident details released from Scallywag - Volvo Ocean Race

Www_sailingscuttlebutt_com_2018_0_3Accident details released from Scallywag

Published on March 28th, 2018
These have been difficult days for the Volvo Ocean Race fleet as they deal with the death of one of their own. To shed light on the accident, this report comes from Team Sun Hung Kai / Scallywag.
-----

• On Monday, 26 March 2018, SHK/Scallywag was racing in Leg 7 of the Volvo Ocean Race from Auckland, New Zealand to Itajai, Brazil, approximately 1,400 nautical miles west of Cape Horn.
• Weather conditions were 35-45 knots with 4 to 5 metre seas with showers reducing visibility. It was 15 minutes before sunrise.
• The team was sailing with a single reef in the mainsail and the J2 jib. The Fractional 0 (FR0) sail was hoisted but furled.
• At roughly 1300 UTC SHK/Scallywag surfed down a large wave leading to an accidental crash gybe.
• John Fisher was on deck, in the cockpit. At the time, he was moving forward to tidy up the FR0 sheet and had therefore unclipped his tether.
• As the mainsail swung across the boat in the gybe, the mainsheet system caught John and knocked him off the boat. The crew on board believe John was unconscious from the blow before he hit the water.
• He was wearing a survival suit with a wetsuit hood and gloves and a lifejacket.
• The JON buoy and the horseshoe buoy were thrown off the back of the boat to mark the position.
• It took some time to get the boat under control and motor sail back to a position near where the man overboard occurred.
• At 1342 (UTC), the team informed Race Control, by email, that there was a man overboard and they were returning to the MOB position to start a search pattern.
• With input from the Maritime Rescue Coordination Centre and Race Control in Alicante, a search and rescue operation was carried out for several hours but there was no sign of John, the horseshoe buoy, or the JON buoy.
• With weather conditions deteriorating, a difficult decision was taken to abandon the search and preserve the safety of the remaining crew.

Full story:「www_sailingscuttlebutt_com_2018_03_28_accident-details-released-scallywag.jpg」をダウンロード 「www_sailingscuttlebutt_com_2018_03_28_accident-details-released-scallywag.pdf」をダウンロード

Web:http://www.sailingscuttlebutt.com/2018/03/28/accident-details-released-scallywag/

*

https://youtu.be/MWNIcY9A9vQ
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/MWNIcY9A9vQ" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

Related article: 2018-03-29"Man overboard in Volvo Ocean Race" http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/man-overboard-i.html

| | コメント (0)

Man overboard in Volvo Ocean Race

Www_sailingscuttlebutt_com_2018_03_Man overboard in Volvo Ocean Race

Published on March 26th, 2018
(March 26, 2018; Day 9) – On a day when the Volvo Ocean Race teams were facing snow squalls and westerly winds above 40 knots in the deep south of the Pacific Ocean, Team Sun Hung Kai/Scallywag reports that crew member John Fisher (UK) has fallen overboard today at approximately 13:42 UTC.
----- omit -----
“The young dogs help to make the boat go fast, but they have never been bitten badly in the butt and we don’t want them to experience that,” said Bekking before learning of the MOB incident. “Down here things can quickly snowball in the wrong direction. In a blink, 30 knots can turn into 40-plus and then it is crash and burn.”
True words…

Full story:「www_sailingscuttlebutt_com_2018_03_26_man-overboard-volvo-ocean-race-2.jpg」をダウンロード 「www_sailingscuttlebutt_com_2018_03_26_man-overboard-volvo-ocean-race-2.pdf」をダウンロード

WEB: http://www.sailingscuttlebutt.com/2018/03/26/man-overboard-volvo-ocean-race-2/
Mob_20180326_125428_2
*

https://youtu.be/u7PqI67mSJc
<iframe width="620" height="349" src="https://www.youtube.com/embed/u7PqI67mSJc" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

*

https://youtu.be/Og9-jq-DZd0
<iframe width="620" height="349" src="https://www.youtube.com/embed/Og9-jq-DZd0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

「第43回 舵杯ヨットレース2018」締切迫る 3月26日

舵杯参加艇一覧325日現在
Sites_google_com_view_kazicup43___2Sites_google_com_view_kazicup43_2_3

関連記事
:2018-02-05『「第43 舵杯ヨットレース2018」のご案内』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/43-2018-c334.html

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

Magnetic model boats

Sailingmedia_com_shop_modellboote_2ボート・モデル・キット
Magnetic model boats for protest negotiations, trainings, sailors and coaches.
コーチ・セーラー・ミーティング、ルール・セミナー、プロテスト・ヒアリング等に有効

 
Modeliboote
Sailing Media社の通信販売。通常の国内販売よりは安価。
セール可動式・マグネット付き、プラスチックバッグ。 69ユーロ (約8,970円)
セット内容:
ボート12艇: 3×4(黄色・赤色・緑色・青色) マーク4個  矢印2個(風向 1個、潮流 1個) ジュリー2艇  レースコミッティー1
sailing-media.com
https://sailing-media.com/shop/modellboote/
69,00 euro

RYA Magnetic Boat Pack
セール可動式・マグネット付き、ハンディ・ZIPロック $95.0010,070円)
セット内容:
ボート 12艇:3艇×4(青色・オレンジ色・赤色・黄色) マーク 4個  風向 1個、潮流 2
Marine Direct Australia
RYA - Magnetic Boat Pack
http://www.marinedirect.com.au/catalogue/c2328/c3785/p533340
$95.00

Optiparts_images_949West Coast Sailing
セット内容:
ボート 12艇:3×4(赤色・緑色・黄色・黒色)
マーク 4個  風向 1個、潮流 1

Magnetic Boat Protest Kit
https://www.westcoastsailing.net/default/ex2650.html
$63.30

Pkit_multihull
optistuff.com
Magnetic Protest Boat Kit
http://optistuff.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=109&products_id=922
$63.30

optimistonline.com
Magnetic Protest Boat Kit
http://optimistonline.com/acatalog/Magnetic-Protest-Boat-Kit-2650.html
29.99 pound

Xtremity.com
Magnetic Protest Boat Kit
http://xtremity.net/acatalog/Magnetic-Protest-Boat-Kit-2650.html
29.99 pound

関連記事:2010-10-03「ジャッジ・コーチ用便利TOOL その2」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/tool-0ae1.html

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

Melbourne Osaka Cup 2013 - フィニッシュ直後のインタビュー

Plantronicsduopro_22018-03-15Melbourne Osaka Cup 2018」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/melbourne-osaka.html
 に掲載したように、現地メルボルンでは先週末に第一グループのスタートが切られ、いよいよ長丁場のレースが始まった。約1カ月先になる大阪でのフィニッシュまで、どうか全艇無事の帆走を祈るだけである。編集者も運営の一員になっているようなので、ニュースがあれば伝えていきたい。
さて、既報のようにバブル最盛期の1887年に始まった当大会では、大会終了後に豪華な記念冊子が発行されていた(前回はなし)。手元にある冊子を久方振りに開いて懐かしんでいる。

回お伝えしたいのは、2003年大会において、編集者が担当した
フィニッシュ直後のインタビュー』の記録である。
これは、レース艇が大阪北港にフィニッシュ直後、できるなら、艇が紀伊水道を通過し、大阪湾に入った関西空港の沖合でのフィニッシュ直前に、インタビューし、まさに「大阪到着の第一声」をレポートする企画で、大会公式ウエブサイトに刻々とアップデイトされた。

編集者はインタビュアーの一翼を担ったが、「フィニッシュ直後」という緊張と安堵の端境の中で、想定外の場でのレーサーたちの発言には、美辞麗句を連ねる余地のない生々さがあった、また悲痛な話も例外ではなかった。
楽しい筈のインタビューでありながら、辛い気持ちになったことを思い出す・・・・・。

●「ブーツ」にインタビュー 
「レース中最も苦しかったことは?」
ロビン
ジョージと一緒で、ずーと辛抱していたこと。(笑い・・)
ジョージ
ソロモン海ですごい雷雨に見舞われた時、ちょうどロビンがワッチしていて、半泣きになってキャビンに降りてきて“ジョージなんとかしてよ”と泣きつかれたこと。

●「ファイン・トレランス」に関空沖でインタビュー 
「また次回のレースにも参加されますか?」
エリザベスさん
あまりでたくない。
フィリップさん
しぶしぶながら YES !

●「ファンネル・ウェブ」にインタビュー
「完走直後、まず感じたことは?」
アイヴァン・リチャード・マクファーデン (スキッパー)
大阪湾の近くの海峡(注:由良瀬戸)でロックして浸水し、ライフ・ジャッケットを着て、一時は船を捨てようかと思ったが、また走りだしたのでフィニッシュできた。 

●「Kontrol」に関空沖でインタビュー
「レース中、苦しかったことは?」
ピーター(父親)
赤道付近の無風地帯で長く風待ちをしたことが一回目で、二回目は最後の23日前から風がなくなったことぐらい。

●「ルル」に関空沖でインタビュー
「つらかったことは?」
鈴木
ないですねぇ
森本
特にないんですが、海の上で何も考えないでいることが、幸せなような寂しいような、辛いというわけではないんですが、そんな気持ちでした。

●「プラントロニクス・ドュオ・プロ」にインタビュー
「完走直後、まず感じたことは?」
ビル・フィオレ (スキッパー)
いつかはこのレースに出たいと思って5年前から準備をしていた。35日間は想像していたよりハードだった。毎日毎日プレッシャーが懸かり大変だった。 でもまたやってみたい。 ともかく Fantastic だった。 また、以前から大阪の皆さんの受け入れが素晴らしいとは聞いていたが、こうして自分で来てみて感激している。
キム・ガードラー (クルー)
今は「もうやりやくない」の一言。 でもこの機会を与えてくれたBillには感謝している。 

●「クラブマリン ウィザード」に関空沖でインタビュー
「レース期間中、もっともハードだった局面は?」
デビット・タイト
4. Fast(速く)かつEffectively(効果的に)船を走らせることをAll Time(常に)考えていなければならなかった。All Time には特に下線を引いておいてほしい

●「LOUISE」にインタビュー
「もう一度出場したいですか?」
<コリン>
今日はもうやめておくよ。

●「Maverick II」にインタビュー
「レース中、最悪だったことは?」
ブライアン
どの最悪のことを言ってるの?(笑い) 三つの最悪なことがありました。 一つは、ずっと体を洗っていないこと。 二つは家族に会えなかったこと。 そして三つ目はレース中に姉が亡くなったこと。
キム・ガードラー また30日近く走ってきたが、その間、ドックフード、スープ、パスタなどを嫌というほど食べてきた。大阪に着いて、おいしいものを食べられるのを楽しみにしています。

フィニッシュ直後のインタビュー                                                                                                                   

 

  チーム名    国  フィニッシュ時間  クラス順位  総合順位

フィニッシュ直後のインタビュー

  所要時間
レーサーグループ B          
 MAVERICK II  ニュージーランド   2003/4/15   5:57   1   1 「maverick.pdf」をダウンロード
  29d 20h 57m 59s
 KONTROL  オーストラリア    2003/4/16   16:49   2    2 「kontrol.jpg」をダウンロード
  31d 07h 49m 48s
 FUNNEL WEB  オーストラリア   2003/4/20   8:54   3   10 「funnel_web.jpg」をダウンロード
  34d 23h 54m 45s
レーサーグループ B          
 LULU  日本   2003/4/18   17:39   1   5 「lulu.jpg」をダウンロード
  33d 08h 39m 54s
 T.M.Q. MARINE  オーストラリア   2003/4/20   17:40    2   11  
  35d 08h 40m 50s
 MAD MAX  オーストラリア   DNF   DNF   DNF  
 WILD O  フランス   DNC   DNC   DNC  
レーサーグループ C          
 TEAM FGI  ニュージーランド   2003/4/17   17:15    1   3  
  32d 08h 15m 35s
 X-DREAM  デンマーク    2003/4/19   19:00   2   6  
  34d 10h 00m 49s
 PLANTRONICS   DUO PRO  オーストラリア   2003/4/20   3:31   3   7 「plantronicsduopro.jpg」をダウンロード
  34d 18h 31m 24s
 MATRIX  オーストラリア   2003/4/20   8:36   4   8  
  34d 23h 36m 15s
BEYOND OUTRAGEOUS  オーストラリア   2003/4/20   8:46   5   9  
  34d 23h 46m 52s
 NO FEARR  オーストラリア   DNF   DNF   DNF  
 AUSIGN  オーストラリア   DNF   DNF   DNF  
SPIRIT OF DOWN UNDER  オーストラリア   DNC   DNC   DNC  
クルーザーグループ B          
 THE CLUB MARINE WIZARD  オーストラリア   2003/4/18   14:37   1   4 「the_wizard.jpg」をダウンロード
  33d 05h 37m 35s
 浪速  日本   2003/4/29   20:29   2   15  
  44d 11h 29h 33s
 FINE TOLERANCE  オーストラリア   2003/5/2   19:40   3   16  
  47d 10h 40m 54
クルーザーグループ C          
 LOUISE  オーストラリア   2003/4/26   9:23   1   12  
  41d 0h 23m 55s
 SALAKU  日本   2003/4/27   7:38   2   13  
  41d 22h 38m 19s
 BOOTS  オーストラリア   2003/4/28   19:00   3   14 「boots.jpg」をダウンロード
  43d 10h 00m 23s

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

Melbourne Osaka Cup 2018

M2oM2o_course_2メルボルン大阪カップ(正式名称: Melbourne to Osaka Double Handed Yacht Race: 略称: Melbourne Osaka Cup: M2O)は、日本で定期的に開催されている唯一のオーシャン・レースである(約4,000マイル)。3月下旬にオーストラリアのメルボルンを出港し、赤道を越えて4月末に大阪港に到着する「地球縦回り」という珍しいコースを取る。

M2O1987年に、大阪港開港120年を記念して、大阪市と大阪港並びにメルボルン港のイニシアティブのもと開始された。当初は一度きりの予定であったが、1991年に第2回が、1995年以降はメルボルン市が大阪市との姉妹都市提携によりイベントに参加することになり、以降ほぼ4年おきに開催されてきた。前回は2013年で、これまで7回開催されている。(2013, 2007, 2003, 1999, 1995, 1991, 1987年)

バブル最盛期であった1887年の第1回大会では、64艇の参加を誇ったが、公的機関からの資金援助が徐々に絶たれ、前回2013年はわずか12艇の参加ではあった。しかしながら、草の根運動によりイベントは継続され、見事な成功を収めている。偏に関係者の熱意によるものである。

本年5年ぶりにMelbourne Osaka Cup 2018が開催され、下記スケデュールでいよいよのスタートを迎えているところである。
Race start 1 (低速艇スタート) 318日 
Main Race start (大半の艇スタート) 3
25日  
Race start 3 (高速艇スタート) 41
日 
Approx 1st finisher arrives Osaka (先頭艇フィニッシュ予想) 4
25日 
Approx last finisher arrives Osaka (最終艇フィニッシュ予想) 5
1日
Weeklycatchup_feature700x405*
Melbourneosaka_com_ja_abouttherac_6

大会公式ウエブサイトにはすでに情報満載である。海外のオーシャン・レースと較べれば身近な情報で、楽しいものに違いない。是非閲覧していただき、応援エールを贈っていただきたい。
尚編集者は、当レースにはこれまで三度(2003年レポーター、2007年ジュリー、2013年ジュリーとして) 関わっており、各々の大会で印象深いシーンを思い出す。

Official website:
http://melbourneosaka.com/ja/home-ja/
レース公示: 「2018_osaka_notice_of_race_v2.00 Final).pdf」をダウンロード
レース公示(和文):「m2onor2018jpnv1.00).pdf」をダウンロード
帆走指示書:「2018-Osaka-Sailing-Instructions-V1.00-Final.pdf」をダウンロード

関連記事:2016-06-08「メルボルン大阪ダブルハンドヨットレース 20183月開催決定!」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/20183-58cc.html

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

読者からの質問と回答 「ISAFクイックテスト - フィニッシュ」

読者からの質問; 初稿 2012-11-09,  Updated 2018-03-10
>貴ブログの貴重な情報をいつも興味深く読ませていただいております。ご多忙中恐れ入りますが、下記についてご教示頂けたら幸いです。
>掲載のクイックテスト質問33のインシデントです。

http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/rule-quize-2-qu.html (ISAF QUICK TEST Part1,Part2 (クイック・テスト))

http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/isaf-quick-te-1.html (ISAF QUICK TEST Part1 - PowerPoint)

Quicktest_33_3A
艇はフィニッシュした(回答1はい、ただし、正しいコースの帆走をしていない!)となっていますが?
Q1) 「正しいコース」とは、この設問でどのように理解するか?
Q2) 正しいコースの帆走していないならば規則28.1の最初の文により、まだフィニッシュしていないのでは?
Q3) このフィニッシュ後に正しいコースを帆走すれば、誤りを正したことになるのか?
Q4) このフィニッシュ後の正しいコースを帆走中、A艇はレース中か?
あるいは、フィニッシュ後のため、他のレース中の艇を避けていなければならないか?
Q5) 正しいコースの帆走をしていないこのフィニッシュで順位は確定か?
確定でない場合は、どの時点で、どの順位で確定となるか?
Q6) 戦術的なコース取りのために、このようなフィニッシュは許されるか?
Q7) 上記の各々に対し、規則のどこからそのような判断がされるか?

失礼を顧みず、突然このような質問をさせていただき、誠に申し訳ありません。宜しくお願い申し上げます。

編集者による解答;
Q1) 「正しいコース」とは、この設問でどのように理解するか?
正しいコースとは、RRS では規則28(コースの帆走)に従うこと“だけ”である。
すなわち、艇の航跡を示す糸(a string representing a boat's track)ぴんと張った場合、規則28.2 (a)それぞれのマークを定められた側および正しい順序で通過し、 規則28.2(b)それぞれの回航マークに触れる、ようになっていなければならない。
当例の場合、糸ぴんと張ってみると(A艇のバウに糸を付け引っ張る)、ピンエンドのフィニッシュ・マークが糸の右側になってしまう。上記規則28.2(a)に従うためにはピンエンドのフィニッシュ・マークが糸の左側にならなければならないため規則28に従っていない、すなわち正しいコースの帆走していないことになる。

Q2) 正しいコースの帆走していないならば規則28.1の最初の文により、まだフィニッシュしていないのでは?
フィニッシュとは、RRSでは定義:フィニッシュに従うこと“だけ”で、規則28とは切り離して解釈しなければならない。(反対に、規則28には定義:フィニッシュが含まれている)
すなわち、艇体または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部がコース・サイドからフィニッシュ・ラインを横切るとき、どのようなコースを帆走しようとも(極端な例ではほとんどのマークを回航しなくとも)、艇はフィニッシュしたことになる。
当例の場合、A艇は位置4コース・サイドから、『最初の(for the first time)』フィニッシュをし、フィニッシュ・ラインを横切った後、定義:フィニッシュにある(a)(b)(c)のいずれも行っていないとみなせば、定義フィニッシュに従っている。

Q3) このフィニッシュ後に正しいコースを帆走すれば、誤りを正したことになるのか?
そして“最初”のフィニッシュ後、正しいコースを帆走し直す、具体的にはこのままピンエンドもしくはスターボードにあるフィニッシュ・マークのいずれかを回ることによって定義:フィニッシュ(b) 『規則28.2に基づき、フィニッシュ・ラインで行った誤りを正す(corrects an error under rule 28.2 made at the line』を履行し、その後フィニッシュラインを横切ったならば、二度目のフィニッシュをしたことになる。

Q4) このフィニッシュ後の正しいコースを帆走中、A艇はレース中か?
あるいは、フィニッシュ後のため、他のレース中の艇を避けていなければならないか?

厳しい質問です・・・・・・・・。
レース中とは、定義:レース中に従うことで、艇がその準備信号から、フィニッシュしてフィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを離れるまで、その艇はレース中である。 
A艇は『最初の』フィニッシュをして、フィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを“離れて”しまうとレース中でなくなるのは、定義のとおりである。
しかしながら、定義:フィニッシュ(b)に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正そうとして帆走している場合は、定義:フィニッシュの二番目の文によりフィニッシュしていないため、レース中と解釈しなければならない。この場合、その艇には規則22.2(ペナルティーの履行)とか規則24.1(レース中でない艇の他艇に対する妨害)は適用されず、通常の航路権が保証される。

Q5) 正しいコースの帆走をしていないこのフィニッシュで順位は確定か?
確定でない場合は、どの時点で、どの順位で確定となるか?

レース委員会は、
(1) 艇が①最初にフィニッシュ・ラインを横切った時(位置4「最初のフィニッシュ順位」を記録し、
(2) 次に、もしその艇が②規則28.1に基づいてフィニッシュ・ラインで行った誤りを正し、再度フィニッシュ・ラインを横切った時、「二度目のフィニッシュ順位」を記録し、その順位を「最終的なフィニッシュ順位」としなければならない。
しかしながら、
(1) フィニッシュ・ラインで行った誤りを正さない場合は、艇Aに対し規則28.1違反として抗議をしなければならない。
(2) 『抗議をしなかった』または『抗議が無効となった』場合には、レース委員会としては“不本意であろうが・・・”その艇の最初にフィニッシュ・ラインを横切った時の順位を「最終的なフィニッシュ順位」として記録しなければならない。
《関連記事に詳細を記載》

Q6) 戦術的なコース取りのために、このようなフィニッシュは許されるか?
このようなコースを帆走するのが戦術的と自らが考えるなら、例えばA艇の風上にライバル艇がいてその艇を風上に追い上げて大きく順位を落させたい場合、その艇の「任意」である。
ただしこのようなコースを帆走した場合、前述のようにピンエンドもしくはスターボードにあるフィニッシュ・マークのいずれかを回り、その後フィニッシュ・ラインを再度横切らなければならない時間ロス(または順位ロス)のリスクは覚悟しなければならない。

Q7) 上記の各々に対し、規則のどこからそのような判断がされるか?

定義:フィニッシュおよび規則28(コースの帆走)に従うことだけである。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
String_2RRS2009-2012 2017-2020
定義:フィニッシュ  艇体、または正常な位置にある乗員もしくは装備の一部が、次のいずれかの場合で最終マークからのコースの方向でコース・サイドからフィニッシュ・ラインを横切るとき、艇はフィニッシュするという。ただし、フィニッシュ・ラインを横切った後に、次のいずれかを行う場合には、艇はフィニッシュしていない。
  ① 最初のとき。

  ② 規則44.2に基づきペナルティーを履行した後。
  ③ 規則28.1
に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正した後
  (a)
 規則44.2に基づきペナルティーを履行する場合、または
  (b) 規則28.2に基づきフィニッシュ・ラインで行った誤りを正す場合、または
  (c) コースの帆走を続ける場合

規則28 コースの帆走
28.1 
艇は、スタートし、それぞれのマークを正しい順序で定められた側で通過し、帆走指示書で定められたコースを帆走し、フィニッシュしなければならない。その間、艇がいるレグの起点、境界または終点でないマークをどちらの側で通過してもよい。フィニッシュ後は、艇はフィニッシュ・ラインを完全に横切る必要はない。

28.2 プレスタート・サイドからスタートするためにスタート・ラインに近づき始めた時から、フィニッシュするまでの艇の航跡を示す糸をぴんと張った場合、次のようになっていなければならない。
  (a) それぞれのマークを定められた側
および正しい順序
通過し、
  (b) それぞれの回航マークに触れ
、そして
  (c) ゲート・マークならば、その前のマークの方向からゲート・マークの間を、通過する。

フィニッシュしていない場合に限り、この規則に従うために誤りを正すことができる。
フィニッシュ後は、艇はフィニッシュ・ラインを完全に横切る必要はない。

28.2 艇は、その艇がいるレグの起点、境界または末端でないマークをどちらの側で通過してもよい。ただし、艇は、スタートするためにプレスタート・サイドからスタート・ラインに近づいている場合、スタート・マークを定められた側で通過しなければならない。


定義:レース中  艇がその準備信号から、フィニッシュしてフィニッシュ・ラインとフィニッシュ・マークを離れるまで、もしくはリタイアするまで、またはレース委員会がゼネラル・リコール、延期、もしくは中止の信号を発するまで、その艇はレース中であるという。 

関連記事:
2014-01-09「読者からの質問と回答『Finish From the Course Side(コースサイドからのフィニッシュ)』」 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/2013.html  (旧規則)最終マークからのコースの方向で---->(新規則)コース・サイドから
Rules2_2 

2011-02-18「
読者からの質問と回答 『ペナルティー回転とコースの帆走』」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/9988.html
図表pdf(2 pages): 「penalty_finish_ww_lw.pdf」をダウンロード


Penalty_finish_ww_lw_page1_8

2009-10-20「抗議書シリーズ
6 『フィニッシュ・マークとの接触とペナルティー履行』」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/6-bcc0.html
図表pdf(1 page): 「protest_6_Finish.pdf」をダウンロード English version pdf(2 pages):「protest_6_finish_english_version.pdf」をダウンロード

Protest_6_finish_2 Protest_6_finish_english_page1_9

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

Japan O’pen BIC Cup 2018 - Press Release

Openbicjapancup_20180308_4日本オープンビッククラス協会からの連絡です。
今後順次協会およびクラブから「レース公示」等が公表されます。
      協会ウエブサイト: http://jobca.net/
        チョットヨット・ジュニアクラブ:
http://www.chotto-yacht.com/

2018年度のトピックス

(1) チャンピオンシップ・レガッタ
O'pen BIC Japan Cup  331日~41日(予備日2日) 会場:西宮マリーナ
・レース公示:「nor_20180302.pdf」をダウンロード


O'pen BIC 全日本選手権 910 会場:西宮マリーナ

Openbic_world_2018_poster_800_2(2) 海外・レガッタ
    
O'pen BIC World Championships 2018
      
729日~84日 会場:スペイン・バルセロナ
  ARENYS DE MAR, BARCELONA
http://worlds2018.openbicclass.org/
 ・
レース公示:「NOR_WOC_2018.pdf」をダウンロード 「prenoticeofrace2018.pdf」をダウンロード

 ・O’pen BIC Worlds 2019 in New Zealand 
  28th December 2018 to 5th January 2019,
  Polkinghornes Bay, Manly on the Whangaparaoa Peninsula,
  25km North of Auckland and part of the Hibiscus Coast.
       http://class.openbic.com/page0005v01news38.htm

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

ライフジャケット 「OSR国内規定」

201821日から施行された個人用浮揚用具(ライフジャケット)の法改正に関連し、今般日本セーリング連盟から追加措置として「OSR国内規定の新設」がアナウンスされた。
併せてこれに凖拠した「レース公示/帆走指示書例」を紹介する。

OSR国内規定>-------------------------------------------------------------------------------------------
JOSC_doc_004, 2018
2 19 ,日本セーリング連盟外洋安全委員会
外洋特別規定「付則B 5.01.1個人用浮揚用具の要求仕様
OSR
国内規定新設に関してOsr_4
<レース公示(NoR)/帆走指示書(SIs)例> ---------------------------------------------------------
第●回 ○○ヨットレース
レース公示(NoR)/帆走指示書(SIs

1.
規則
1.1  本レガッタは「セーリング競技規則(RRS
)」に定義された規則を適用する。
1.2  外洋特別規定(OSR2018-2019「附則Bインショアレース用特別規定」および
OSR国内規定を適用する。
-------

19 [DP][NP] 個人用浮揚用具
19.1 参加艇は、OSR 付則B インショアレース用特別規定 5.01.1およびOSR国内規定5.01.1
に規定された個人用浮揚用具(ライフジャケット)を装備しなければならない。
19.2 JSAF登録艇に装備する個人用浮揚用具は、国土交通省型式承認TYPE Aか同等品(認証・桜マーク付き)またはISO12402-2(Level 275)3(Level 150)4(Level 100)5(Level 50)いずれかの適合品でなければならない。
19.3 JSAF非登録艇に装備する個人用浮揚用具は、国土交通省型式承認 TYPE A か同等品(認証・桜マーク付き)の「小型船舶安全規則に規定する小型船舶用救命胴衣)」)でなければならない。 

 


JSAF
登録艇

 
 

国土交通省型式承認TYPE   Aか同等品(認証・桜マーク付き)、
または
ISO12402-2(Level   275)3(Level 150)4(Level 100)5(Level 50) いずれかの適合品

 

JSAF非登録艇

 
 

国土交通省型式承認TYPE   Aか同等品(認証・桜マーク付き)

19.4 競技者は水上にいる間は常に個人用浮揚用具を着用していなければならない。この項はRRS4章前文を変更している。<任意>
19.5 膨張式個人用浮揚用具の場合は、全ての着衣の上に装着しなければならない。<任意>
19.6 レース委員会、テクニカル委員会またはプロテスト委員会は、これらに違反している艇を目撃した場合、声をかけ警告を発する場合がある。<任意>

参考資料:JSAF公示
1. 外洋特別規定「付則 B5.01.1個人用浮揚用具の要求仕様 OSR 国内規定新設に関して 「josc17_doc_004_0219.pdf」をダウンロード
2. 外洋特別規定「付則 B5.01.1個人用浮揚用具 要求仕様の訂正およびOSR
国内規定の新設 「josc17_no_004_0219.pdf」をダウンロード
3. 外洋特別規定2018-2019「付則Bインショアレース用特別規定 Version 0.52018219
日) 「OSR2018_aB_v05_0219.pdf」をダウンロード

関連記事:
2018-01-18『読者からの質問と回答 「ライフジャケット着用義務化 - PowerPoint」』
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-1c78.html

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »