« Hempel World Cup Series Miami 2020 | トップページ | 判例集#1 - RRS15 »

2020年1月31日 (金)

Sorry, but this is a bridge too far

Sorry-but-this-is-a-bridge-too-far-jpeg Sorry, but this is a bridge too far
Scuttlebutt Sailing News
Published on January 27th, 2020 
by Craig Leweck

<an extract>
...
However, the sailors and Class Rules are losing my love.

But really… 8 knots?

Offwind sailing is now a rock-fest, with full rolling of the boat back and forth to increase propulsion. Yes, they still gybe on shifts, but boat speed is king, and the activity in the boat is manic.

I understand this to be a recent class development, and as simple as it sounds to rock like mad, it’s hard to do well, which was well illustrated in the Medal Race of 2020 World Cup Series Miami.

Japan rounded the final upwind mark in the lead, ahead of the Spanish team by seven seconds, with one remaining downwind leg to the finish. No other team was close, allowing the Spaniards to show the world they are the rocking kings.

The Japanese could only watch as the Spanish flew by, winning by 15 seconds in a display of athleticism and skill that I hope never occurs elsewhere in recreational sailing.
...
Judge for yourself… here’s video coverage of the Miami Medal Race downwind leg.
...

風下レグの帆走はまさにロック・フェスチバルである・・・・

日本(土居・木村組 JPN11)
は、最終風上マークを首位で回航し、
あとはフィニッシュに向かう風下レグを残すのみであった、2位のスペイン・チーム(ESP44)には7秒の差をつけていた

他のチームは近くにはおらず、スペインがロッキング・キングであることを世界に見せつけるままにしていた。

スペイン・チームが飛ぶように走り、楽しみのセーリングではどんな場所でもあってほしくないと願う競技の技量と技術を見せつけて、15秒の差をつけて勝利するのを、日本チームはただただ見つめるだけであった。

-----------------------------------------------------------------
470 Men Medal Race | Hempel World Cup Series Miami 2020 
World Sailing TV (25m18s)
**
https://youtu.be/bvZzXJqrjwc  <iframe width="854" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/bvZzXJqrjwc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
----------------------------------------------------------------
Full story:ダウンロード - sorry2cbutthisisabridgetoofarjpeg.jpg  ダウンロード - sorry2cbutthisisabridgetoofarpdf.pdf   ダウンロード - sorry2cbutthisisabridgetoofarhtml.mht

470 Class Rules
C.1.1 RULES
(a) The following RRS 2017-2020 rules shall apply as amended below:
(1) If the average wind speed is clearly over 8 knots across the course the race committee may signal in accordance with RRS Appendix P5 that pumping, rocking and ooching are permitted. This changes rules RRS 42.2(a), RRS42.2(b), RRS42.2(c).

参考記事
:
2011-02-06「Rule 42 Most Common Breaches 470 - 規則42もっともよくある違反470クラス」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/isaf-rule-42-mo.html

2011-03-12「Rule 42 Most Common Breaches Optimist - 規則42もっともよくある違反オプティミストクラス」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/rule-42-most-co.html
2014-06-03『読者からの質問と回答 「規則42の解説」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/42-7d5c.html

Bridge-too-far 2020-02-17updated:
当記事のタイトルである ”this is a bridge too far”の意味が解りませんでした。

ジャッジ仲間のChris Loewが教えてくれました。Thanks.
Dear Mr. Yamaoka,
"A bridge too far" means it is "too much." In World War II, the Allies tried to take several bridges including one over the Rhine River, to attack Germany. They succeeded in taking several bridges, but could not take the one over the Rhine.
There is a Wikipedia page about it: https://en.wikipedia.org/wiki/A_Bridge_Too_Far_(film)
The author means that all of that rocking and pumping is just too much for him to accept.

Regards,
Chris

A Bridge Too Far - 遠すぎた橋
WikipediA あらすじ
ノルマンディー上陸作戦から3ヶ月後の1944年9月、潰走するドイツ軍を追撃していた連合国軍の補給線は、600キロにも伸びきってしまった。連合国軍は戦力を二分し、ジョージ・S・パットン中将率いるアメリカ第3軍は南方ルートで、バーナード・モントゴメリー元帥率いるイギリス第21軍は北方ルートで進軍していたため、どちらの補給を優先するかの問題も浮上していた。シチリア上陸作戦以来、パットンに強いライバル心を抱いていたモントゴメリーは、後の歴史家に彼最大の汚点と言われた「マーケット・ガーデン作戦」を立案、連合国軍最高司令官アイゼンハワー大将を説得する。彼は政治的配慮から、結局この無謀な作戦を承認する事となる。

この作戦は、3個空挺師団(英第1、米82、米101)と1個空挺旅団(ポーランド第1)が敵中深く降下し(マーケット作戦)、ベルギー・オランダ間の5つの橋(Oversteek、Waalbrug、その他に移動式Bailey bridge)を占領、橋頭堡を築くことで機甲軍団(英第30)が駆け抜けて(ガーデン作戦)、一気にライン河を渡りオランダを解放。ドイツの喉元にクサビを打ち込んでベルリンに侵攻し、クリスマスまでには戦争を終らせるという思惑だった。 連合軍は、天候や情報の錯綜に苦しめられながらも、第3の橋の占領まで成功する。しかし、第4の橋の攻略の頃から、作戦の無謀さが露呈し始め、戦闘は悲惨さを増していく。

|

« Hempel World Cup Series Miami 2020 | トップページ | 判例集#1 - RRS15 »

Sailing Events & Topics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hempel World Cup Series Miami 2020 | トップページ | 判例集#1 - RRS15 »