« 判例集#5 - RRS障害物 その2 | トップページ | 再々: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

2020年5月 3日 (日)

再:RRS14 接触の回避 - チャート : RRS14 N-S CHART

AVOID CONTACT ! (接触の回避)

AniboatsContactrrs14jpn2017jpg 1. USセーリング・ジャッジであるドン・ベッカー氏は、かってISAFに提案した“ルール十戒”<Ten Racing Rule Commandments>の第5項で、
「衝突を避けること。競技規則は衝突を避けるための防禦的なものであって、攻撃的なレース用の戦術ではない」<Avoid collisions. Racing Rules are defensive to prevent collisions not offensive racing tactics.>
と述べている。
 またUnderstanding the Racing Rules of Sailingの著者であるデイブ・ペリー氏もその巻頭 BASIC RULES 10の8項で、
「可能なかぎり、すべての衝突を回避しなければならない」<You must avoid all collisions if possible.>
と述べている。

2.しかしながら、複数の艇が接近すれば接触の危険性はあり、その中には不可避なものもある。不運にして衝突があった場合は、関与したいずれの艇も、接触に関わる規則の違反が問われることになり、航路権の有無に関わらずペナルティーを課せられることがある。

3.艇間に、第2章-艇が出会った場合-の規則違反があった場合、いずれか一方の艇に非があり、その相手艇には非がないのが通常である。(それ以外の複雑な例もある)。しかしながら、規則14-接触の回避-は、第2章に属する規則でありながら、他の2章規則とは趣を異にし、たとえ他の規則違反がなかったとしても、規則14の違反となることがある。

Contactrrs14eng2017jpg 要は『規則14は他の規則と同列に扱われるものではない』ということを理解しておかなければならず、一つの独立した規則と解釈するのがよい。

4.接触に関わる規則は、RRS中に3箇所ある。
        規則14、規則44.1(b)〈ペナルティーの履行〉、規則60.3(a)(1)〈抗議〉

5.接触に対するペナルティー判定の手順(要約)
 ① まず、2章の規則違反の有無を判定する
 ② 次に、規則14違反の有無を判定する
 ③ 最後に、ペナルティーを課すか否かの判定をする

6.関連規則が輻輳するため、早見表としてチャートを作成している、参考にされたい。
内容的には同一であるので、使い易いものを使用されたい。


Reaching a Rule14 Conclusion:
ダウンロード - rule14flowchartrev3johnporter.pdf

RRS14 FLOW CHART AVOIDING CONTACT:ダウンロード - rrs14jospdf.pdf

RRS14 N-S CHART
(英語訳)Dloadnowbutton_2
:ダウンロード - contactrrs14eng2017pdf.pdf 

(日本語)Dloadnowbutton_2:ダウンロード - contactrrs14jpn2017pdf.pdf
解説:
ダウンロード - avoidcontactrrs14jpn_contactrrs14jpn2017pdf.pdf

Rule14flowchartrev3johnporterjpg            Rrs14josjpg_20200504001201

関連記事:2009-04-25「RRS14 接触の回避 - チャート : RRS14 N-S CHART」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/14---dab8.html

|

« 判例集#5 - RRS障害物 その2 | トップページ | 再々: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »

Racing Rules of Sailing (RRS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 判例集#5 - RRS障害物 その2 | トップページ | 再々: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」 »