« Scuttlebutt Sailing News: Tokyo 2020 | トップページ | 2021-2024 Racing Rules of Sailing available now »

2020年7月 7日 (火)

判例集#6 - RRS18.3

抗議艇から提出されたビデオ:

👓 全46秒、右下「全画面表示」をクリックすると見やすい。

抗議書:
1.大会名:12月ポイントレース 主催団体:KSYC 日付:12月20日 レース番号:#2 
2.審問の種類 艇から艇への抗議
3.抗議艇 Charlie
4.被抗議艇 Lima
5.インシデント インシデントの時刻と場所:13:12頃、風上マーク手前 
  違反があったと申し立てる規則:規則11(カミシモ)
6.被抗議艇への通告 声をかけることにより、接触の直後、用いた言葉”プロテスト”

7.インシデントの説明
①上マークに向かってLima(XP33)はスターボードタック、Charlie(J/24)はポートタックで帆走していた。そのまま直進すると衝突する位置であった。
②Charlieは、Limaの前方下側でポートからスターボードへタックし(タックした場所がゾーン内かどうかは不明)、この時点で両艇はオーバーラップし、Charlieは風下になり、航路権艇となった。
③Charlieはこのまま直進しては上マークを回るにはかなり厳しい位置と思われたが、Charlieのスキッパーは無理をしながら回れると判断していた。(両艇間は2艇身は開いていなかったと思う)
④Charlieは上マークを回るため風上側にディップした。ただし、風軸は越えていない。
⑤Charlieは上マークを回れる位置でクロースホールドへ戻したが、Limaとかなり接近したためLimaは衝突を回避するために舵を少し右へ切った。そのためLimaの中央後部が風下へスライドし、Charlieと接触した。
⑥その後、Lima, Charlieともマークに接触することなく、上マークを回った。
⑦上マーク近くにいた運営艇が、このインシデントをビデオ撮影していたので、証拠として提出したい。
-------------------------------------------------------------------------------------------
認定した事実:
1.インシデント発生時の風速はほぼ4mであった。潮流、波浪とも穏やかで特記すべき状況はなかった。
2.Limaは、スターボードタックのクロースホールドで、風上マークに接近しており、マークをフェッチングできるコースをとっていた。
3.Charlieは、ポートタックのクロースホールドで、風上マークに接近していた。マークから自艇の2から3艇身の間で、すなわちゾーン内で、タックを変更し、スターボードタックとなり、直後にLimaの風下にオーバーラップした。
4.その時の両艇間の距離は1m未満であったため、Limaは接触を回避するため、舵を右に切りラフしたが、Limaの左舷ミジップとCharlieの右舷前方部が接触した。
5.両艇ともマークとの接触はなく、そのまま帆走を続けた。

結論と適用規則:

1.ゾーン内で、ポートタックからスターボードタックに風位を越えたCharlieは、ゾーンに入ったときからスターボードタックであったLimaに、接触を回避するためクロースホールドより風上に帆走させてRRS18.3に違反した。
2.両艇間の接触は軽微であった。Limaは接触の回避が常識的に可能ではなかったのでRRS14に違反していない。Charlieは航路権艇であり、接触によって損傷または傷害が起きなかったため、免罪とされる。

判決:

12月ポイントレースにおいて、艇Charlieを失格とする

--------------------------------------------------------
RRS2017-2020
RRS18.3
ゾーン内でタックする場合

ポートに見て通過するマークのゾーン内で、艇がポートタックからスターボードタックに風位を越え、それによりマークをフェッチングする場合には、その艇は、
・ ゾーンに入った時からスターボードタックであった艇に、接触を回避するためクロースホールドより風上を帆走させてはならない。
・ ゾーンに入った時からスターボードタックであった艇が、自艇の内側にオーバーラップした場合には、マークルームを与えなければならない。

RRS14 接触の回避
艇は、常識的に可能な場合には、他艇との接触を回避しなければならない。ただし、航路権艇、またはルームもしくはマークルームを得る資格がある艇は、
(a) 相手艇が避けていないか、またはルームもしくはマークルームを与えないことが明らかになるまで、接触を回避する行動をとる必要はない。
(b) この規則に違反したとしても、接触によって損傷または傷害が起きなかった場合には、免罪されなければならない。
------------------------------------------------------------------
動画リンク
https://youtu.be/lZF7mjBIMZ0


関連記事:

2013-02-24「規則18.3 ゾーン内でのタッキング - Tacking in the Zone」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/--tacking-in-th.html
Tacking in the Zone (PowerPoint 31pages):
ダウンロード - 20tacking20in20the20zone2028rrs201320162920ppt2031page.ppt

 

|

« Scuttlebutt Sailing News: Tokyo 2020 | トップページ | 2021-2024 Racing Rules of Sailing available now »

Learn the RRS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Scuttlebutt Sailing News: Tokyo 2020 | トップページ | 2021-2024 Racing Rules of Sailing available now »