カテゴリー「Learn the RRS」の130件の記事

(RRSを学ぶ)

2020年4月 1日 (水)

"disorganised" sailing, anyone? - 組織なしのセーリング 

Wwwsailworlddisorganised_-sailing_anyone "disorganised" sailing, anyone?
Sail‐World Asia:
31/03/2020
Sail‐World Asia: "組織なしの" セーリング, だれもなし?

Wwwsailworlddisorganised_sailing_anyonee    

右上Photo:The gate start on day 4 of the SAP 505 Worlds at Weymouth - photo © Mark Jardine

対訳版pdf:ダウンロード - www.sailworlddisorganised_sailing_anyoneengjpn.pdf

原文Copy:ダウンロード - www.sailworlddisorganised_sailing_anyone.jpg
ダウンロード - www.sailworlddisorganised_sailing_anyone.pdf

関連記事:
2019-08-03「VIDEO: How to Gate Starthttp://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-120fbc.html

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

判例集#3 - RRS15

2020-03-23 Updated: 読者からの質問と回答
判例集#3 - RRS15

PROTEST FORM- Island Cup 2019
*
Protestformislandcup2019page1  Protestformislandcup2019page2 
Protest-form-island-cup-2019-page3jpeg Click⇒ Protestformislandcup2019gifsmall
見取図 Animation:ダウンロード - protestformislandcup2019gif.gif

PROTEST FORM Copy:ダウンロード - protestformislandcup2019.pdf

関連記事:
2020-02-01「判例集#1 - RRS15」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-b44b1c.html
2020-02-03「判例集#2 - RRS15」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-86d409.html

------------------------------------------------------------------------------------
2020-03-12: 読者からの質問:
LAUGHが4でベアすることによってオーバーラップしているように見えます。
STELLEはそこですぐラフすることは可能なはず。接触の原因はSTELLEの回避が遅れたことにあると見えます。
LAUGHから航路権を主張される前
に回避しなければならなかったと思います。解説お願いします。

2020-03-23: 編集者による回答:
質問のLAUGHとSTELLEが逆のようですが・・・
1.両艇の変遷はつぎのとおり:         (下線は航路権艇)
Pos2: Yellow(LAUGH) Port-tack, Blue(STELLE) Starboard-tack
Pos3: Yellow(LAUGH) Clear Ahead, Blue(STELLE) Clear Astern
Pos4: Yellow(LAUGH) Clear Ahead, Blue(STELLE) Clear Astern
Pos5: Yellow(LAUGH) Windward, Blue(STELLE) Leeward
Pos6(collision): Yellow(LAUGH) Windward, Blue(STELLE) Leeward

2.>LAUGHが4でベアすることによってオーバーラップしているように見えます。
●見取図が紛らわしいですが、Pos4では両艇は未だオーバーラップしていません、Yellow(LAUGH)が Clear Aheadの状態です。

3.>接触の原因はSTELLEの回避が遅れたことにあると見えます。
● Pos5で両艇がオーバーラップした直後、Yellow(LAUGH)は「声に応じて直ちに」回避を始めています。(証言)

4.>LAUGHから航路権を主張される前に回避しなければならなかったと思います。
● LAUGHはRRS15に基づき「避けているためのルーム」を与えられている。よってRRS14の適用は下記に従う。
● RRS14 接触の回避
艇は、常識的に可能な場合には、他艇との接触を回避しなければならない。ただし、航路権艇、またはルームもしくはマークルームを得る資格がある艇は、
(a) 相手艇が避けていないか、またはルームもしくはマークルームを与えないことが明らかになるまで、接触を回避する行動をとる必要はない。

PS: 『結論と適用規則』の1項と2項の間に、下記を追加したらベターでしょう。
1-1. LAUGHはRRS11に違反した。しかしながら、RRS15に基づいて得る資格があるルーム内を帆走しているので
RRS21(a)に基づき免罪される。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

<後編>Membership of National Authority

Is-this-how-to-grow-the-sport-20200206-j Is this how to grow the sport?
Scuttlebutt Sailing News
Published on February 5th, 2020 

Within the Racing Rules of Sailing, the requirements to enter a race (Rule 75.1) state that the boat must be entered by:
(a) a member of a club or other organization affiliated to a World Sailing member national authority,
(b) such a club or organization, or
(c) a member of a World Sailing member national authority.

RRSでは、レースに参加するための要件として(Rule 75.1) 、艇は次のいずれかにより参加申し込みをしなければならない、と述べている。
(a) World Sailing 加盟の各国連盟に加盟するクラブまたはその他の団体のメンバー。 <JSAF加盟団体・特別加盟団体の会員>
(b)上記のクラブまたは団体。 <JSAF加盟団体・特別加盟団体>
(c) World Sailing 加盟の各国連盟の会員。 <JSAFの会員>

However, Australian Sailing, the national authority for sailing in that country, plans to change the rule to require all crew be members of an affiliated club and registered with Australian Sailing.

しかしながら、オーストラリアン・セーリング<連盟>、彼の国
のセーリング統括団体、はすべての乗組員は所属クラブのメンバーであり、オーストラリアン・セーリングに登録する必要があるよう、ルールを変更するつもりである。

This announcement** set off a blistering attack on Facebook toward the organization… here are some of the comments:

Copy:
ダウンロード - is20this20how20to20grow20the20sport2020200206.jpg
ダウンロード - is20this20how20to20grow20the20sport.pdf
ダウンロード - is20this20how20to20grow20the20sporthtml.mht

<前編>Membership of National Authority
**2020-02-04「Membership of National Authority」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-77ca01.html

JSAF加盟団体・特別加盟団体: https://www.jsaf.or.jp/hp/dantai

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

<前編>Membership of National Authority

Membership-required-in-australia-__-scut<前編>Membership of National Authority
 

1. Australian Sailing
Membership required in Australia
Scuttlebutt Sailing News
Published on February 4th, 2020

... <an extract>
From 1 January 2021 the Australian Sailing prescription to the rule will require that all crew are members of an affiliated club and registered with Australian Sailing- regardless of the number of races they have competed in.
2021年1月1日から、オーストラリアン・セーリングの規則規程では、すべての乗組員は所属クラブのメンバーであり、-参加するレースの数に関係なく、オーストラリアン・セーリングに登録する必要がある。

Copy:ダウンロード - membershiprequiredinaustralia.jpg 

ダウンロード - membershiprequiredinaustralia.pdf  
ダウンロード - membershiprequiredinaustraliahtml.mht

◆ Announcement dated February 3, 2020.
Changes to Rule 46 and Crew Membership
https://www.sailing.org.au/news/changes-to-rule-46-and-crew-membership/
copy:ダウンロード - changes20to20rule204620and20crew20membership.jpg

ダウンロード - changes20to20rule204620and20crew20membership.pdf

◆ Rule46 PERSON IN CHARGE (AUS Prescription)
 A boat shall have on board a person in charge designated by the member or organisation that entered the boat. See rule 75.
 Australian Sailing prescribes that the person in charge shall be a member of a Club affiliated to Australian Sailing and an Australian Sailing card holder (SIN), or, if an international competitor, a member of club affiliated to a World Sailing recognised Member National Authority.
Furthermore, except in an international event, any crew member who sails in more than 3 races in a season shall be a member of a Club affiliated to Australian Sailing and an Australian Sailing card holder (SIN).

2. US Sailing
US SAILING Withdraws Mandatory Membership Proposal
Sailing World
2008/06/17
By The Editors (More articles by this author)

After much debate, US SAILING has decided to scrap plans to require all helmsman to be members.

According to a release from US SAILING, the Board of Directors has decided to withdraw a controversial proposal that would require US SAILING membership of racing sailors. The proposal, which was to be inserted into the next edition of the Racing Rules of Sailing, effective Jan. 1, 2009, was to require that anyone who takes the helm in a race must be a member of the national governing body of the sport.

"We have heard from our members and we thank everyone for their input," said US SAILING President Jim Capron in the memo. "Many sailors and sailing organizations have told us that racing sailors should be members, but that their membership should be voluntary. We also appreciate that many of these sailing organizations have indicated their willingness to help grow our membership. We look forward to working with all of you to strengthen both our organization and our sport."

1-us-sailing-membership-withdraw-jpeg US Sailingは会員資格を強制する提案をとり下げる
2008/06/17
By編集者

多くの討論がされた後に、US SAILINGは、「すべてのヘルムスマン(乗員)に会員であることを要求する計画」を断念すると決めた。

US SAILINGからのリリースによると、理事会は、レースセーラーにUS SAILING会員資格を要求する議論のある提案をとり下げると決定した。2009年1月1日に有効となる、Racing Rules of Sailingの次の版に挿入されることになっていたこの提案は、レースでヘルムをとるだれもがこのスポーツの国内統括団体の会員でなければならないことを、要求するものであった。

「私たちは会員から意見を聴きました、そして彼らの考えに対し皆さんに感謝している。」とUS SAILING会長ジム・キャプロンは文書で述べた。
「多くのセーラーとセーリング団体は、レーシング・セーラーは会員であるべきだが、その会員資格は自発的なものであるべきである、と伝えてきた。私たちはまた、これらのセーリング団体の多くが、私たちの会員資格を拡大する意欲を示してくれたことに感謝している。私たちは、私たちの組織とのスポーツの両者を強化するため、あなた方すべてと共に働くことを期待している。」

対訳版pdf:ダウンロード - e697a5e38080us20sailing20membership.pdf

Copy:ダウンロード - 120us20sailing20withdraws20mandatory20membership20proposal.jpeg
ダウンロード - 120us20sailing20withdraws20mandatory20membership20proposal.pdf
ダウンロード - 120us20sailing20withdraws20mandatory20membership20proposal2020html.mht

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

判例集#2 - RRS15

Www_sailingscuttlebutt_com_2020_01_29_ru 懐かしのバラトン

もう17年も前、2003年5月ハンガリーの西部にあるバラトン湖(Lake Balaton)で開催されたソリング級世界選手権にジュリーの一員として参加した。1週間まえのプレ・ワールド・レガッタと併せて3週間もの長き滞在となり、間の空き日には隣国オーストリアの首都ウイーンへの小旅行まで組み込み、思い出深い遠征となった。

さて、本日紹介するScuttlebutt Sailing Newsの記事「Rules Guru: Gaining right-of-way(航路権の取得)」は、英国RYAのルール委員会の重鎮であるChris Simon氏から寄稿されたものである。

Chris Simon氏は、この選手権でジャッジ・チェアを務められた方で、偶然この記事を見つけた時は、懐かしいやら、嬉しいやら、当時を思い出しまさに感無量であった。

彼は英国では勿論のこと、世界的にも著名なジャッジで、あのアメリカス・カップのアンパイアを務められた方である。滞在中は、へなちょこジャッジの私に諸々のご指導をいただいたが、その中で一番印象に残った話をここに披露しておきたい。

「アメリカス・カップのアンパイアを引き受けるに当たって悩んだことがある。」「それは、引き受けると自分の仕事を辞めなければならないからだ。」
〈当時のアメリカス・カップは、その予選であるルイヴィトン・カップと本戦カップを合わせ半年近くも続く。主要なスタッフ、レースオフィサー、アンパイアは現地マンション住まいとなり、中には奥様同行まで。〉
「私は現役の公認会計士であり、事務所の閉鎖は躊躇せざるをえない。」「しかし熟考の末、私はアメリカス・カップを選んだ。」
「なぜなら、アメリカス・カップは一度断わると二度と声は掛からないだろうから。」
「仕事は自力本願で。」彼のセーリングにかける想いの一端を伺うことができ、折に触れ思い出す。(何よりもご健勝であられることが一番の喜び)

*編集者訳
Rulesgurugainingrightofway-jpeg

1060645_img
対訳版pdf
:
ダウンロード - rulesgurugainingrightofefbd97ay20pdf.pdf  
原文Copy:
ダウンロード - www_sailingscuttlebutt_com_2020_01_29_rulesgurugainingrightofway.jpg   

ダウンロード - www_sailingscuttlebutt_com_2020_01_29_rulesgurugainingrightofway.pdf  

ダウンロード - www_sailingscuttlebutt_com_2020_01_29_rulesgurugainingrightofway20html.mht

 右写真:左から4番目Cris Simon氏、右端編集者(バラトン・ワインセラーにて)

関連記事:
2012-06-06「膨張式ライフジャケット(Inflatable Life-Jacket)を携えての海外渡航」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/inflatable-life.html

2017-10-16「Common breaches of Rule 42 - Finn」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/common-breaches.html
2020-02-01「判例集#1 - RRS15」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-b44b1c.html

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

判例集#1 - RRS15

12questionansweda-jpeg 1.Video
YouTubeシマセイキカップ フェスティバルレース リュウセイ6
 (6m32s) 

* 
https://youtu.be/23CTd4WVbl0   <iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/23CTd4WVbl0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

2.判例
DAVE PERRY’S 100 BEST RACING RULES QUIZZES

QUIZ12.pdf(対訳版):ダウンロード - 12questionanswer.pdf

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

抗議における「トラッキング・システムの証拠」

K161抗議における「トラッキング・システムの証拠」
今回のテーマは、レースの抗議審問における「トラッキング・システムの証拠」をとりあげてみる。

そもそも「トラッキング・システム」とは次のように定義されている。
スポーツにおける移動物体の追跡技術の一つ。おもに球技において、選手個別の動作やボールの軌跡を追跡・記録・分析するためのシステムである。画像センサーやコンピュータ技術の進歩により、緻密(ちみつ)な追跡結果が競技データとして収集されるため、審判の判定を支援したり、選手の身体能力や技術的特徴を見極めたりすることができ、ひいては監督の采配や選手のコーティング、ゲームの解説などにも広く役だてることが可能である。<コトバンク>

セーリングの世界においては、①ゲームの目視化、②選手のコーティング用等に活用され、加えてオフショアのレースでは、③安全対策のためのツール(極めてコストパフォーマンスが高い)、となっている。
国内においては、キールボートを皮切りに、近年では国民体育大会、インカレ、インターハイといったディンギ・レースでも、ゲームの映像提供サービスを目的に「システム装置の搭載義務化」まで急速に普及が進んでいる。

さて、本稿のテーマである『トラッキング・システムを抗議審問の証拠として使用することの可否』についてである。
RRS上、帆走指示書等で制約しない限り、これら媒体物を抗議審問の証拠とすることは禁じられていない。従前から写真・ヴィデオについては、編集者も、スタートOCS判定時の証左、マークとの接触、コースの帆走、マーク設定の位置等のケースの審問の場で提示された経験がある。「トラッキング・システム」についても同様で、今後頻度が増えるのは必至であろう。

媒体物の取扱いで留意しなければならない点について、RRS2017-2020 Appendix M 付則M(プロテスト委員会に対する提言)に、下記の記載がある。
「写真とヴィデオは時として役に立つ証拠を与えてくれるが、プロテスト委員会はこれらの限界を認識し、次の点に注意するとよい。」(M7 Photographic Evidence 写真等の証拠)

2017-08-31『抗議における「写真の証拠」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-35dc.html

2011-06-30『抗議における「ヴィデオの証拠」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-e563.html

K162 「トラッキング・システム」についてRRSには特に記述はないが、2018年6月にJSAFから発行された「Judges Manual 2017(ジャッジ・マニュアル)」には、『K.16 審問でのトラッキング・システムの使用』として新しく掲載されている。ぜひ購入購読されたい!(¥1,500)

要は写真・ヴィデオ等と同様留意すべきポイントは「ジャッジはどれくらい情報の確実性があるのかを知るために、トラッキング・システムの限界を理解する必要がある。」ということである。

World Sailing Judges Manual(抜粋):ダウンロード - judgesmanualaugust201925b253205d_2in1.pdf

-----------------------------------------------------
 
<トラッキング・システム実例>

Headerlogo_20191105120401_20191209012301 https://moments.tractrac.com/go/4322  (by Google Chrome) 
https://www.tractrac.com/event-page/event_20181103/1740

https://live.tractrac.com/viewer/index.html?target=https%3A%2F%2Fem.event.tractrac.com%2Fevents%2Fe09cf8f0-d22a-0137-637f-60a44ce903c3%2Fraces%2F97032a20-dc52-0137-9f7d-60a44ce903c3.json&moment_id=4322
*Please note that Internet Explorer is NOT supported.(IEではダメ)
Chrome, Firefox, Safari and Edge are supported.
 (ChromeはOK)

Shimaseiki-cup-2019-1
Shimaseiki-cup-2019-2
K163 

 

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

VIDEO: How to Gate Start

Gatestart VIDEO: How to Gate Start
Scuttlebuttlogo2_20190803002601 Scuttlebutt Sailing News

Published on July 29th, 2019

A starting technique for very large fleet sizes is the Gate Start. In this video, the pathfinder is assisted by a Gate Boat and Guard Boat, and after continuing for two minutes, tacks to starboard while the committee boats continue on until everyone has started.

非常に大きなフリート・サイズのレースための「スタート技法」にGate Start*(ゲート・スタート)がある。
このヴィデオでは、pathfinder(パス・ファインダー:誘導艇)は Gate Boat(ゲート・ボート)とGuard Boat(ガード・ボート) によって防禦され、2分間移動の後、各艇がスタートするまで、コミッティー・ボートと移動しながら、スターボードにタックする。
 *Gate Start:Rabbit Startとも言う

*
https://youtu.be/KyCC_h-iF9U <iframe width="620" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/KyCC_h-iF9U" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

RS 200 Nationals 2014 - Race 9. Gate Start
https://youtu.be/oOVLpqBLt5s <iframe width="649" height="365" src="https://www.youtube.com/embed/oOVLpqBLt5s" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
Gate Starts in GP14 Worlds 2014
https://youtu.be/oF078p4UVJI <iframe width="615" height="346" src="https://www.youtube.com/embed/oF078p4UVJI" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

参考資料:
GATE STARTS (RYA GUIDANCE):ダウンロード - ryaguidancegatestarts.pdf
The Gate Start (The Rules in practice 2017-2020 by Bryan Willis):ダウンロード - bryanwillisgatestart.pdf
-
Sailing Instructions
<2019 International 505 North American Championship, August 21st to August 25th, 2019, Kingston Yacht Club and Canadian 505 Class Association, Kingston, Ontario, Canada>:ダウンロード - 2019kyc505sailinginstructionsgateboat.pdf

Sailing Instructions <CORK Olympic Classes Regatta: 49er, 49er FX, i14, 505, August 16-20, 2019, Kingston, Ontario, Canada>:ダウンロード - appssupptocr49er49erfxi14505rabbitboat.pdf

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

Perfect Start / Perfect Finish 《再再掲載》

The Perfect Start (スタートの実施)- Powerpoint: 改訂!
Starting-race-ppt20190722-digest Starting-race-ppt20190722-jpeg_20190724131501  
ppt:
ダウンロード - startingraceppt20190819.ppt
pdf:ダウンロード - startingraceppt20190819pdf.pdf


The Perfect Finish - PowerPoint:
Perfectfinishjpeg  
ppt : ダウンロード - theperfectfinish20by20smallpdf20ppt.ppt

pptx: ダウンロード - theperfectfinish20by20smallpdf20pptx.pptx
ppsx: ダウンロード - theperfectfinish20by20smallpdf20ppsx.ppsx
pdf : ダウンロード - theperfectfinish20by20smallpdf20pptx20pdf.pdf


関連記事:
2019-05-13「Perfect Start / Perfect Finish 《再掲載》」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-ab2382.html
2017-05-17「読者からの質問と回答 『U旗規則 スタート』 - PowerPointプレゼンテーション」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/--u-16b6.html

2016-11-05「The Perfect Finish - PowerPointプレゼンテーション」
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/the-perfect-fin.html

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

読者からの質問と回答 「トラペゾイド・コースとゲート・マークの帆走」- PowerPointプレゼンテーション

読者からの質問と回答 「トラペゾイド・コースとゲート・マークの帆走」

Scira-courses 読者からの質問:
>いまだにオリンピック・コースと称するコース名に固執する(オールド)セーラーがおられるのはもっての外と思いますが、はてさて、最近のディンギレースの主流であるトラペゾイド・コースについて解説されている資料はありませんか?
>併せて「ゲート・マーク」と「オフセット・マーク」についても何かありませんでしょうか?(S.T)

編集者による回答:
①確かに、三角形コースをオリンピック・コースと呼称するのは、これからは止めたほうがよいでしょう。
三角形コースは、現行のRRSでは「A Triangle-Windward-Leeward Course: 三角形―風上―風下・コース」と規定されています。
なぜなら、最近のオリンピックにおいて、この三角形コースを採用している艇種(クラス)はないためです。
②三角形コースは、オリンピックではなくなりましたが、クラス別レガッタでは採用されている例は多々あります。
RRS上でも「付則 L:帆走指示書ガイド」および「付則 S:標準帆走指示書」に堂々と掲載されています。

③因みに、日本における代表的な艇であるスナイプ級では、クラスルールであるOfficial SCIRA RuleBook 2018-2020のSCIRA Course Selection(スナイプ・コース・選択)の条項に、標準コースとして「三角形コース」と「風上―風下・コース」の2つが規定されています。反面「トラペゾイド・コース」の記述はありません。
④横道に逸れますが、国内レガッタでの参加艇の多さで一二を争う「学連レガッタ」において、スナイプ級のレースがクラス標準にはない「トラペゾイド・コース」で実施されているのは”七不思議”としか言いようがありません。勿論同一海面、略同一時間帯でやらざるを得ない470級との絡みでありますが・・・・

Olympic1⑤折角のご質問ですので、今までにblog等で記述したものを『トラペゾイド・コースとゲート・マークの帆走』と題して纏めてみました。
「戦術的なマーク回航」をはじめ、編集者の私見を”相当”交えた内容となっています。その辺りを “忖度”賜り、参考にしていただければと思います。

Trapezoidgate-cover  トラペゾイド・コースとゲート・マークの帆走 -
  Powerpointプレゼンテーション:
  PTX (2.6MB):ダウンロード - trapezoidgatepptx.pptx
    PDF (2.1MB):ダウンロード - trapezoidgatepdf.pdf

  Print:ダウンロード - trapezoidgatepptxprint.pdf



⑥「ゲート・マーク」と「オフセット・マーク」については、下記も参照してください。



関連記事:
2014-10-27「読者からの質問と回答 『オフセット・マークとゲート』」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-3865.html
COPY:ダウンロード - ventoorientale_cocolognifty_com_blog_2014_10_post3865.jpg

2014-06-30「読者からの質問と回答 『風上マークで先頭艇がジャイブした場合』」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-9c52.html
COPY:ダウンロード - ventoorientale_cocolognifty_com_blog_2014_06_post9c52.jpg

2010-02-15「STRANGE CASE Num.04 - Mark-Room Rules not apply even with boats overlapping in the zone」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/strange-case-04.html
COPY:ダウンロード - ventoorientale_cocolognifty_com_blog_2010_02_strangecase04.jpg

Olympic3 2015-01-15「Handling Leeward Gates(風下ゲートの操船)」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/handling-leewar.html
COPY:ダウンロード - ventoorientale_cocolognifty_com_blog_2015_01_handlingleewar.jpg

2014-07-26「読者からの質問と回答 『戦術的マーク回航』」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/f-71b4.html
COPY:ダウンロード - ventoorientale_cocolognifty_com_blog_2014_07_f71b4.jpg

● SCIRA Course:ダウンロード - scira20courses.jpg <上段>
● Rio Olympic Course:ダウンロード - olympic1.jpg ダウンロード - olympic2.jpg  ダウンロード - olympic3.jpg <下段>

| | コメント (0)

より以前の記事一覧