カテゴリー「Learn the RRS」の151件の記事

(RRSを学ぶ)

2020年9月15日 (火)

続編:読者からの質問と回答 「同一修正時間のタイ」』

読者からの質問:
>2020-09-05の記事『再:読者からの質問と回答 「同一修正時間のタイ」』
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-c22c.html
>においてハンディキャップ・システムにおける「修正時間タイ」の解説がありました。
>さて、帆走指示書上に修正時間算出手順の記載がない場合、どのように処理されるのでしょうか?(S.M)

Qa2018003jpg_20200915234601 編集者による回答:
World Sailing Racing Rules Question and Answer Service
Q&A 2018.003 10 February 2018
Corrected times in handicap racing 
「そのものずばり」の回答が示されています。(右記全文)
 
クラス規則
IRC RULE 2020
12 UNITS OF MEASUREMENT AND CORRECTED TIMES
12.2 The IRC rating is calculated as a Time Corrector (TCC) to three places of decimals.
Corrected time for each boat is calculated by multiplying its elapsed time by its TCC. Corrected times shall be rounded to the nearest second with 0.5 seconds rounding up.

12 計測単位および修正時間
12.2 IRC レーティングは、修正時間係数(TCC)として小数点以下3桁まで算出されている。各艇の修正時間はTCCを艇の所要時間に掛けることにより計算される。
修正時間は、0.5秒で四捨五入し、秒単位で表さなければならない。
----------
ORC Rating Systems 2020
4.SCORING
401.2 Corrected time shall be displayed in days:hours:minutes:seconds.
When calculating corrected time, the boat's elapsed time shall be translated to seconds, calculations shall be made and results shall be then rounded to the nearest second (for example: 12345.5 = 12346 seconds).
This time in seconds shall be
then put back in days:hours:minutes:seconds format.

401.2 修正時間は、日数:時間:分:秒で表示されなければならない。
修正時間を算出する場合、艇の所要時間は秒に変換し、計算がされ、次に結果を四捨五入し、秒単位にされなければならない (例えば: 12345.5 = 12346 秒)。次にこの秒時間を日数:時間:分:秒 形式に戻さなければならない。

Q&A 2018.003 Copy:
ダウンロード - qa2018.003f0015b237015d.pdf   ダウンロード - q26a2018.00320jpn.pdf
IRC Rule 2020 Copy:
ダウンロード - irce8a68fe5898728e697a5e69cace8aa9ee7bfbbe8a8b3e78988efbc89.pdf

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

再:読者からの質問と回答 「同一修正時間のタイ」

Oaks_result読者からの質問: 初稿 2017-07-09
>お世話になります。
>出場するキールボート・レガッタの帆走指示書に下記の記載があります。
>SI 12.順位の決定
> IRCクラス:各艇の所要時間にTCCを乗じた修正時間により順位を決定する。修正時間は秒単位(四捨五入)とする。所要時間×TCC = 修正時間

>これについて下記2点ご教授願います。 
>・修正時間が同タイムになった場合、例えば3位の艇が2艇ある場合にポイントは2艇ともに3点とするのか、2艇ともに3.5点とするのか?
>・1レースのみの完了で、そのレースが同一修正時間になった場合、大会としての、すなわちシリーズとしてのタイの解消はどうするのでしょうか? (K.T)

編集者による回答:
(1) 初めに、関連する規則を列挙します。
RRS 定義:規則
Img_1497次のものを規則という。
(d) クラス規則(ハンディキャップ・システムまたはレーティング・ システムでレースを行う艇にとっては、そのシステムの規則が 「クラス規則」である。)

RRS 87:
レース公示または帆走指示書では、クラス規則にて変更が許されている場合、または、その変更に対するクラス協会の書面による許可が公式掲示板に掲示された場合にのみ、クラス規則を変更することができる。

RRS A7 レースでのタイ:
複数の艇がフィニッシュ・ラインにおいてタイとなった場合、またはハンディキャップ・システムもしくはレーティング・システムが用いられていて、複数の艇の修正時間が等しくなった場合には、複数の艇がタイとなった順位の得点とすぐ下の順位(複数もある)の得点を加え、艇数で割らなければならない。レースの賞でタイとなった艇には、その賞を分けるか、または同じ賞を与えなければならない。

RRS A8 シリーズでのタイ:
A8.1:  2艇以上の間でシリーズ得点でタイがある場合には、それぞれの艇のレース得点を、最もよいものから最も悪いものの順に並べて、最初に違いのある点で、最も良い得点の艇を上位としてタイを解かなければならない。除外した得点は用いてはならない。
Img_1498A8.2: それでも2艇以上の間でタイが残る場合には、最後のレースの得点で順位を付けなければならない。さらに残っているタイは、最後から1つ前のレースでの得点を用いて解かなければならず、すべてのタイが解けるまで同様に行う。その中に除外された得点があったとしても、それを用いなければならない。

IRC Rule 12.2
IRC レーティングは、修正時間係数(TCC)として小数点以下3桁まで算出されている。修正時間はTCCを艇の所要時間に掛けることにより計算され、四捨五入して秒単位で表す。

(2) 回答その1
> ・修正時間が同タイムになった場合、例えば3位の艇が2艇ある場合にポイントは2艇ともに3点とするのか、2艇ともに3.5点とするのか?


Mbn-2016-result まず「
レースでのタイ」であることから、RRS A7を適用します。
RRS A7に基づいて:
3位の艇が2艇ある場合
33点、44----------合計7点 同位の2艇で割る = 各艇3.5点 となる。

3位の艇が3艇ある場合
33点、44点、55----------合計12点 同位の3艇で割る = 各艇4点 となる。


(3)
回答その2

>1レースのみの完了で、そのレースが同一修正時間になった場合、大会としての、すなわちシリーズとしてのタイの解消はどうするのでしょうか?

大会すなわち「シリーズでのタイ」であることから、RRS A8を適用します。

RRS A8に基づいて「タイ」を解こうとしますが、 1レースしか完了していないため、この規則で「タイを解くことは不可能」です。
例えば2艇の修正時間が同一で、1位だった場合は、
2艇優勝」しかありません

ディンギ・レース:
こうした事態を防ぐためにも、特にディンギのレース等の帆走指示書では、例えば、「
SI 16 得点 本大会の成立のためには、4レースを完了することが必要である。」の文面を入れ、1レースしか完了しないのにシリーズが成立してしまうことを防いでいます。

1レースのみで優勝ということは、大会の権威に疑問符がつき兼ねませんし、フェアな大会とは言えません。

オフショア・レース:
しかしながら、ディスタンス
1本だけのレース(キールボート・レガッタでは珍しくない)では、ご指摘の事態が発生しないとは限りません。
RRSに従わないわけではないが、諸般の事情から優勝艇は1艇だけ(例えば、優勝カップが一つしかないとか)にせざるを得ない大会もままあることです。

こういった事態を想定しているのか定かではありませんが、『シリーズの得点のタイが、付則A8(シリーズでのタイ)を用いても解けない場合、TCC値またはレーティング値の小さい艇を上位とする。』とした帆走指示書を時々見かけます。
しかし下記理由から推奨されるものではありません。

① クラス規則の変更に関わるものであり、RRS 87に基づくクラス協会の許可が必要なこと。
② そもそも「TCC値の低い艇をなぜ上位にするのか」の根拠が定かでないこと。

それでも敢えてシリーズのタイを解消したい場合は帆走指示書(SIs)において”クラス規則の変更にならないように”、
RRS付則A(得点)の変更としてシリーズの得点のタイが、付則A8(シリーズでのタイ)を用いても解けない場合、TCC値またはレーティング値の小さい艇を上位とする。これはRRSA8を変更している』の指示を入れることになる。ただし、繰り返しになるが奨められるものではない。


よって、RRS A7. A8およびIRC規則に基づき『レースでもタイ、シリーズでもタイ』の措置をとるのが本来のルールである。

因みに、世界的に著名なレースである Sydney Hobart Yacht RaceVendee GlobeNewport Bermuda Race、Transpacific Yacht Raceのようなオフショア1本だけのレースの帆走指示書を調べてみたが、特別な記述はなく、そうであればRRSIRC規則に基づくしかありません。
でも世界一周レースでまさか同一修正時間(同着)が起きるとは、誰も想定しないですよね????


関連記事:2009-09-16『抗議書シリーズ2 「フィニッシュと正常な位置にある装備」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-0914.html

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

東京湾帆走会(タイムトライアル)

Social Distance Race
新型コロナウイルスに関して、当Blogにおいても海外からの情報を中心にレポートしてきた。
特に、新しい試みである”Social Distance Race"について、具体的な手法を紹介した。
「追跡レース(Pursuit Race)/追跡スタート」、「乗員数制限」、「艇間距離50feet」、「ゲイト・スタート(Gate Start)/ラビット・スタート」、「徹底したオンライン化」、「ロボットMarkSetBot (モーター付きGPS マーク)」、「Audible-Signal Racing System:音響信号レースシステム」等である。
併せて国内レースにおける実践例の調査を続けると共に、試行についても提案をしてきたが、残念なことに紹介できる事例は未だ見つかっていない。
事あるごとに保守的と非難されるスポーツ界、新しいことにチャレンジしようとしない姿勢は、わがセーリング世界にも深く根をおろしているのかと、失望せざるを得ない。

こうした中で『暗夜の一灯』ではないが、東京ヨットクラブのイベントレポートに、「タイムトライアル・レース」の記事が掲載されている。Social Distance Raceの一つの形ではないかと紹介させていただく。
レース公示、帆走指示書は公開されていないが、 レース仕様はレポートと成績表から概ね理解できるだろう。
何はともあれこうした”初めての試み”は見習いたいものである。

Tokyoyc-logo Tokyoyachtclubrace2020jpg_20200904223801 東京湾帆走会(タイムトライアル)レポート
2020.08.23
https://www.tyc.gr.jp/archives/2222

8月22日(土) 初の試みとなる東京湾帆走会(タイムトライアル)が11艇の参加で開催されました。
決められた時間の中で、若洲沖の本部船を180°にスタート、浦安沖灯標を回って帰ってくるタイムトライアルという初めての試みでした。。
自分のタイミングでスタートできるということからか、参加11艇中、普段レースに参加されていない艇が4艇と嬉しい帆走会でした。
10kt前後の向い風、10:30:38に最初のForecastleがフルセールでスタート。その後10:45:24にZephyrosが最後にスタート。どうやら各艇、風が落ちることを想定してか、早めのスタートを選んだようです。
その後浦安沖灯標を回航する頃には風が落ちはじめ、2艇がDNFになりましたが、9艇が風を拾ってフィニッシュ!
最終は、最初にスタートしていったForecastleが本部艇から大きな声で声援の中、微風を拾ってフィニッシュ。
レースのスタートのマニューバリングこそありませんが、風だけでどうやって艇の性能を引き出すかは、やってみるとそれなりに楽しいものです。今回の帆走会を機会に、セーリング自体を楽しむ艇が増えることを祈っています。

その後のBBQ懇親会では副賞に大きなお肉や、バッグを贈られ、みなさん夏の一日を楽しんでいたようです。
炎天下、本部艇を務めてくれたForteの皆さん、ありがとうございました。また今回も、船橋からLAHINAが参加してくれ、サッポロビールを2ケース、マリーナからも飲物の差入れを頂きました。(ビールは会場との関係で、次回以降の催しの際に皆さんと楽しむ予定です)この場を借りて御礼申し上げます。
タイムトライアル結果は下記からダウンロード - tokyoyachtclubrace2020.pdf
COPY:
ダウンロード - e69db1e4baace6b9bee5b886e8b5b0e4bc9ae382bfe382a4e383a0e38388e383a9e382a4e382a2e383abe383ace3839de383bce38388.pdf

関連記事:2020-08-27「COVID-19 regulations at events 大会におけるCOVID-19規制)」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-8fdea8.html

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

判例集#6 - RRS18.3

抗議艇から提出されたビデオ:

👓 全46秒、右下「全画面表示」をクリックすると見やすい。

抗議書:
1.大会名:12月ポイントレース 主催団体:KSYC 日付:12月20日 レース番号:#2 
2.審問の種類 艇から艇への抗議
3.抗議艇 Charlie
4.被抗議艇 Lima
5.インシデント インシデントの時刻と場所:13:12頃、風上マーク手前 
  違反があったと申し立てる規則:規則11(カミシモ)
6.被抗議艇への通告 声をかけることにより、接触の直後、用いた言葉”プロテスト”

7.インシデントの説明
①上マークに向かってLima(XP33)はスターボードタック、Charlie(J/24)はポートタックで帆走していた。そのまま直進すると衝突する位置であった。
②Charlieは、Limaの前方下側でポートからスターボードへタックし(タックした場所がゾーン内かどうかは不明)、この時点で両艇はオーバーラップし、Charlieは風下になり、航路権艇となった。
③Charlieはこのまま直進しては上マークを回るにはかなり厳しい位置と思われたが、Charlieのスキッパーは無理をしながら回れると判断していた。(両艇間は2艇身は開いていなかったと思う)
④Charlieは上マークを回るため風上側にディップした。ただし、風軸は越えていない。
⑤Charlieは上マークを回れる位置でクロースホールドへ戻したが、Limaとかなり接近したためLimaは衝突を回避するために舵を少し右へ切った。そのためLimaの中央後部が風下へスライドし、Charlieと接触した。
⑥その後、Lima, Charlieともマークに接触することなく、上マークを回った。
⑦上マーク近くにいた運営艇が、このインシデントをビデオ撮影していたので、証拠として提出したい。
-------------------------------------------------------------------------------------------
認定した事実:
1.インシデント発生時の風速はほぼ4mであった。潮流、波浪とも穏やかで特記すべき状況はなかった。
2.Limaは、スターボードタックのクロースホールドで、風上マークに接近しており、マークをフェッチングできるコースをとっていた。
3.Charlieは、ポートタックのクロースホールドで、風上マークに接近していた。マークから自艇の2から3艇身の間で、すなわちゾーン内で、タックを変更し、スターボードタックとなり、直後にLimaの風下にオーバーラップした。
4.その時の両艇間の距離は1m未満であったため、Limaは接触を回避するため、舵を右に切りラフしたが、Limaの左舷ミジップとCharlieの右舷前方部が接触した。
5.両艇ともマークとの接触はなく、そのまま帆走を続けた。

結論と適用規則:

1.ゾーン内で、ポートタックからスターボードタックに風位を越えたCharlieは、ゾーンに入ったときからスターボードタックであったLimaに、接触を回避するためクロースホールドより風上に帆走させてRRS18.3に違反した。
2.両艇間の接触は軽微であった。Limaは接触の回避が常識的に可能ではなかったのでRRS14に違反していない。Charlieは航路権艇であり、接触によって損傷または傷害が起きなかったため、免罪とされる。

判決:

12月ポイントレースにおいて、艇Charlieを失格とする

--------------------------------------------------------
RRS2017-2020
RRS18.3
ゾーン内でタックする場合

ポートに見て通過するマークのゾーン内で、艇がポートタックからスターボードタックに風位を越え、それによりマークをフェッチングする場合には、その艇は、
・ ゾーンに入った時からスターボードタックであった艇に、接触を回避するためクロースホールドより風上を帆走させてはならない。
・ ゾーンに入った時からスターボードタックであった艇が、自艇の内側にオーバーラップした場合には、マークルームを与えなければならない。

RRS14 接触の回避
艇は、常識的に可能な場合には、他艇との接触を回避しなければならない。ただし、航路権艇、またはルームもしくはマークルームを得る資格がある艇は、
(a) 相手艇が避けていないか、またはルームもしくはマークルームを与えないことが明らかになるまで、接触を回避する行動をとる必要はない。
(b) この規則に違反したとしても、接触によって損傷または傷害が起きなかった場合には、免罪されなければならない。
------------------------------------------------------------------
動画リンク
https://youtu.be/lZF7mjBIMZ0


関連記事:

2013-02-24「規則18.3 ゾーン内でのタッキング - Tacking in the Zone」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/--tacking-in-th.html
Tacking in the Zone (PowerPoint 31pages):
ダウンロード - 20tacking20in20the20zone2028rrs201320162920ppt2031page.ppt

 

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

Social Distance Race - 意図的な出場を提供する計画

20200527ss00001-2 Social Distance Race

新型コロナウイルスの影響はセーリングの世界においても例外でなく、当blogでも折に触れ関連記事をとりあげてきた。

1.2020年5月19日の記事『Social Distance Race』は、競技者からの視点によるものである。
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-2f91d7.html

2.2020年4月1日の記事『"disorganised" sailing, anyone? - 組織不要のセーリング』は、運営者側からの視点による。
http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-eb0c66.html

前者では「追跡レース(Pursuit Race)/ 追跡スタート」を主題にして、「艇間距離50feet」にフォーカスを当てている。競技者の「密集」「密着」の回避、併せて運営者側の「密着」対策を講じるものである。
後者では「ゲイト・スタート(Gate Start)/ ラビット・スタート」の適用により、運営者側の「密集」「密着」を回避しようとする提言であった。

追跡レースおよびゲイト・スタートについては、国内レースでは勿論のこと、海外でも広く用いられているものではないが、今般のコロナウイルス対策である「3密」回避とは別の観点から、すなわちレース運営の省力化・省人化、それに由来するポイント・レースの活性化、ひいてはレース振興の一環として、試行してはいかがだろうか?

なお追跡レースはキール・ボートの長距離レース向けの、ゲイト・スタートはディンギのショートコースに適したシステムであるが、希少といってよいこれらの方式をこの機会に採用することで、
レースのマンネリ化を解消する効果も期待できるのではないだろうか?(まさにHave fun! Enjoy sailing!)

3.さて、今回第3弾として紹介する記事『意図的な出場を提供する計画』「徹底したオンライン化」と運営ハイテク・ツールである「ロボットMarkSetBot (モーター付きGPS マーク)」、「Audible-Signal Racing System: 音響信号レースシステム」の使用によって、レース運営の省力化・省人化を図り、ひいては競技者の「密集」「密着」および運営者側の「密着」を回避しようとするものである。

---------------------------------------------------------------
A plan to offer a purposeful outing

(意図的な出場を提供する計画)
Scuttlebutt Sailing News
Published on May 20th, 2020

完全な封鎖(lockdown)を行った最初の米国の州として、カリフォルニア州民は3月17日以来のコロナウイルスのパンデミックの間、短い束縛のなかで生活していた。サン・ディエゴ(CA)のセーラーにとって、それは4月の3週間のボート禁止も含まれていた。
しかし、湾は4月27日に再開し、地域がそのビジネス・コミュニティの活性化を開始するように、コルテス・レーシング・アソシエーション(CRA)が主催する「Race Your Household」が、主催レースとして、 5月23日に最初の試みとなる。

Copy:
ダウンロード - 20200527ss00001202.jpg  
ダウンロード - aplantoofferapurposefulouting_20scuttlebuttsailingnews.pdf

Race Your Household, Notice of Race and Sailing Instructions:
Raceyourhousehold1norsiengjpnjpg1  Raceyourhousehold1norsiengjpnjpg2
NoR&SIs(対訳版):ダウンロード - raceyourhousehold1.norsiengjpn.pdf
US Sailing Appendix U(Audible-Signal Racing System: 音響信号レースシステム):ダウンロード - us_prescriptions__apendix_u.pdf

MarkSetBot (robotic MarkSetBot, motorized GPS)
https://www.marksetbot.com/
Copy:ダウンロード - 120marksetbot20200531.jpg

1-marksetbot12yymar20page00111080x675 2-20200531ss000023-img_09411080x675 4-dsc_00801080x675  5-img_0342e15822287381991080x675
Robo-Mark記事:2017-08-24「Robo-Mark」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/robo-mark.html
Marksetbot Video: Marksetbot made its debut this weekend at https://youtu.be/UipGAg3E_WQ
Marksetbot Video: Checkout the new topside to the MarkSetBot https://youtu.be/C6stoY04F_8

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

Social Distance Race

Waitingfornormalisnotanoption__scuttlebu Social Distance Race

Waiting for normal is not an option
(通常の待機は選択肢ではない )

Scuttlebutt Sailing News
2020年5月14日 公開

各地域でコロナウイルスの流行が進むにつれて、レクリエーションに対する政府の制限が緩和され、ボートがより許容されるようになる。しかし、健康ガイドライン内の制限が長引くため、組織化された活動のための新しい大会の開発が焦点となる。

この時点では、正常な待機に戻る以外に悪いアイデアはないので、どんな努力も価値がある。それは選択肢ではなく、真似てみるためのいくつかの取り組みをここに示す:

SORC –フロリダ州マイアミ:
セーリングカレンダーが、今春また更には初夏に入ってからも予定していたほとんどすべての大会を延期していることを、私たちは認識している。SORC*は、安全で社会に配慮した方法で、あなた方が艇で乗り出す方法を見つけたところである。
*SORC: Southern Ocean Racing Conference

サザン・オーシャン・レーシング・カンファレンスは、5月24日のソーシャル・ディスタンス・レース(Social
Distance Race)の主催団体であり、レースはセーリング競技規則(RRS)と「オン・ウオーター・アクティビティに関するマイアミーデイド郡ガイダンス」が適用される。

21 フィート以上の艇を対象として、追跡スタート(Pursuit Start)<編集者訳: 時差スタート>で、ビスケー
ン湾の20 nm のコースをスタートする。乗員数の制限を含め、艇間の距離を50 フィート以上に保たなければならない特別なルールがある。

Scuttlebutt Sailing News記事(対訳版):ダウンロード - waitingfornormalisnotanoptionengjpn.pdf
Social Distance Raceレース公示(対訳版 下記):ダウンロード - sorcnorengjpn.pdf
Miami-Dade county guidance on On-Water Activity:ダウンロード - 04.27.20emergencyorder2120.pdf
ダウンロード - onwateractivityextract.jpg
Sorcnoreng   Sorcnorjpn_20200519165401
Scuttlebutt Sailing News COPY:ダウンロード - waitingfornormalisnotanoption__scuttlebuttsailingnews.jpg

ダウンロード - waitingfornormalisnotanoption__scuttlebuttsailingnews.pdf
関連記事:2020-05-10「Now THIS is social distancing」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e08f5b.html


2020-05-23 updated, 読者から提供がありました。
SOCIAL DISTANCE RACE Starting Order list:ダウンロード - socialdistanceracestartingorderlist20120onehour.xlsx

Socialdistanceracestartingorderlistoneho 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

<後編その3>Membership of National Authority - Yachting New Zealand

Yachting New Zealand member card and app
20200520ss00001-jpg

Copy:ダウンロード - 20200520ss00001.jpg 
ダウンロード - www.yachtingnz.org20member20card20and20app.pdf

関連記事:
2020-02-04「<前編>Membership of National Authority - Australian Sailing, US Sailing」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-77ca01.html
2020-02-05「<後編>Membership of National Authority - Australian Sailing 」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-e5a512.html 
2020-05-17「<後編その2>Membership of National Authority - Sail Canada」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-a90400.html

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

<後編その2>Membership of National Authority - Sail Canada

Application of RRS 46 & 75 to Sailor Eligibility at Sail Canada Events and Sailing Competitions in Canada
(カナダにおけるSail Canadaイベントおよびセーリング競技会でのセーラー資格へのRRS 46および75の適用)

先般来、World Sailing加盟各国連盟における会員制度をとりあげてきた。今回はSAIL CANADA(カナダセーリング連盟)のWebsiteからの引用である。
Membership_at_sail_canadaeng_20200517142801  Membership_at_sail_canadajpn 
対訳版 pdf:ダウンロード - membership_at_sail_canada.pdf

関連記事:
2020-02-04「<前編>Membership of National Authority - Australian Sailing, US Sailing」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-77ca01.html
2020-02-05「<後編>Membership of National Authority - Australian Sailing 」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-e5a512.html 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

再々: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」

Rrs14casebook20172020exceljpeg先般2020-05-03「RRS14 接触の回避 - チャート: RRS14 N-S CHART」において、規則14の適用について解説した。http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-121fdf.html
RRS14 N-S CHART pdf: 「contact_14_jpn_page2.pdf」をダウンロード

RRSの正式な解釈および説明として「World Sailing CASE BOOK」があるが、この中には多くの接触・衝突の事例があり、規則14の理解をさらに深めるために絶好の教材であろう。
編集者の調査では全ケース数146件中、約40件(凡そ30%)が「接触を伴うケース」であり、分析してみたのが『CASE BOOK の解析』である。
CASE BOOK 2017-2020の解析pdf:ダウンロード - rrs14casebook20172020excel.pdf

CASE BOOK の解析:
(1) 接触の回避が常識的に可能ではなかったので(Not reasonably possible)、 艇(航路権艇,ルームあるいはマークルームを得る資格のある艇,以外の艇)は、 規則14に違反していない。

・航路権艇,ルームあるいはマークルームを得る資格のある艇
 Case 2, 23, 87, 91, 99
・以外の艇 
 Case 11, 27, 30, 77, 93

Case70jpnjpeg_20200510003601 Case12-jpn-2017jpeg_20200510003001 (2) 接触の回避が常識的に可能だったので(reasonably possible)、規則14に違反したが、 航路権艇またはルームあるいはマークルームを得る資格のある艇は、接触によって損傷または傷害が起きなかったので、規則14(b)に基づき免罪とされる。
非航路権艇、ルームあるいはマークルームを得る資格のない艇は、規則14に違反した(ペナルティーを課せられる)。
   
   Case 7, 13, 14 他 ..... 多数

 航路権艇と「非航路権艇であるがマークルームを得る資格のある艇」とが接触したが「両艇とも規則14違反については規則14(b)に基づき免罪とされる」希少なケースである。
 ただし、両ケースとも、非航路権艇は規則11違反によるペナルティーが課せられDSQ
となっている。
 Case 12, Case 70 ..... 2件のみ 
 
 
Q&A 2010-009 
 Case12, Case70と同様、航路権艇と「非航路権艇であるがマークルームを得る資格のある艇」とが接触した場合、「両艇ともペナルティーを課せられない(免罪とされる)」例である。(このQ&Aでは、両艇とも他の規則違反がなかったため、ペナルティーを課せられない)

  (Case12 対訳版):ダウンロード - case12engjpn2017.pdf
  (Case70 対訳版):ダウンロード - case70engjpn.pdf
  (Q&A2010-009 対訳版):「qa_2010009.pdf」をダウンロード

(3) 接触の回避が常識的に可能だったので(reasonably possible)、 接触によって損傷または傷害が起きたので、規則14に違反した。
Case26-jpn-jpeg_20200510002501 Qa-2010009-jpeg_20200510002701     
 
航路権艇および非航路権艇の両艇とも、接触の回避が常識的に可能だったので、両艇を失格とする例である。
   3件しか見当たらなかった
   Case 26, 107, 123 ..... 3件のみ
 
(Case26 対訳版):
ダウンロード - case26engjpn.pdf



関連記事:

2010-05-29『再: 読者からの質問と回答 「RRS14 接触の回避- ISAF CASE BOOKから」』http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/3333.html 
2009-11-10『読者からの質問「RRS14-接触の回避- ISAF CASE BOOKから」』 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-0201.html 

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

判例集#5 - RRS障害物 その2

2-www_sailingscuttlebutt_com_2020_04_22_Rules Guru: Avoiding an obstruction (障害物を回避)
Scuttlebutt Sailing News April 22nd, 2020

英国RYAルール委員会の重鎮である Chris Simon*氏の寄稿によるRules Guru シリーズの第3弾である。(*Simon氏は元アメリカスカップ・アンパイア、編集者が師匠と仰ぐジャッジの一人) 

Approaching Shore, Tack immediately
Rule19-image204small
Approaching Shore, You Tack
Rule19-image205small
Overlap from Astern? 
Rule19situation5noroomwhenestablishedsma
Which room wins?
Rule19-image191small_20200429135301
Passing on the Hail
Rule19-image206small

参考資料 RRS19-20 QUIZ:ダウンロード - 20172020ilyarulesquizpdf.pdf

原文Copy:ダウンロード - www_sailingscuttlebutt_com_2020_04_22_rulesguruavoidinganobstruction.jpg
ダウンロード - ruleguru_avoidinganobstruction__scuttlebuttsailingnews.pdf

関連記事:
2020-04-07「判例集#4 - RRS障害物」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-62cedd.html
2020-02-03「判例集#2 - RRS15」http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-86d409.html 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧